« 蓼科の世界遺産を撮る!? | トップページ | デジカメで銀塩カメラのとんでもない姿を激写する!泣 »

2021年2月23日 (火)

場所も肩身も狭くして撮った広角の天の川

三寒四温といいますか。
激寒になったり暖かくなったりする、春へのカウントダウンが始まった感じですね。
そんなある週の中盤で、”グキっ”というか”ビリビリ”というかで腰をやりましてね…
たまにやってくる”いつもの腰痛”ではない痛さが背中に走りました。

人生初レベルの痛さで『これはもう逝ったな』と青色吐息で2日ほど過ごしてました。
待ち時間が異様に長い整形外科になんて行ってる暇もありません。
根性で勤務をこなし3日目で腰もだいぶ癒えてきまして、これなら星撮りもできそうだ。
完全治癒ではないので、”山には登らないで天の川を撮る”というルールを自分に課しました・笑

2/20からは気温が上がるけど、前日の金曜日は寒さが残り良い晴れ空が広がりました。
天気予報は土日も晴れ予報でしたが、気温が上がれば空も霞んでくるだろう。
ならば決戦は金曜日(土曜日早朝)と踏んで出掛けてきました。

最近、頑張ってます!

近場で山に登らないで天の川が楽しめるお気楽な第1候補地へ。
2014年以来ご無沙汰していた、私の代表作(?)である天の川行きロープウェイを撮るぞ!と勇んで到着。
20210220_1_
ダメだこりゃ!
水銀灯(?)の影響で風景が緑です・笑

実はライブ映像で点灯は予め分かっていましたが、淡い期待を胸に到着すると唖然・笑
ゲレンデ側は消灯してましたが、この日は3基の巨大投光機が駐車場を照らしていました。
こちらは星野写真でよく使う場所でもありますが、登山やスキーの早朝組の為に点灯させていたものと予想します。
ただの消し忘れかもしれませんし、防犯上の理由かもしれません。
標高が高いので星はよく見えるのですが、如何せんこれでは星景として成り立たちません。
この風景の明るさはいくらなんでも不自然ですね。
一瞬、この明るさを利用して登山道に入ろうか…と、腰と相談してる自分がいました・笑

上のように試写だけして場所を第2候補地へと移動をしました。
次に向かった先は、この近所にある展望台です。
こちらも私にとっては定番の地ですが、定番過ぎて星景としては飽きがきているので最近は出掛けていませんでした。
また、別荘地帯から外れるので路面状態が心配でしたが、悪路はなく難なく到着。

すると先行者がいましたので『おじゃましま~す』と挨拶すると、『あ、あぁぁぁぁ』
狭い撮影地ですので気持ち良く過ごしたかったですが、1stコンタクトでその人と喋る気は失せます。
帰りの際も『先に帰ります、おじゃましました~』と挨拶すると『あ、あぁぁぁ~~~』
お前は挨拶もロクにできないのか?(と内心怒ってました)
他にもマナー的なところでイラっとすることがあったので、ちょっと面白くなかったです。
帰りにハイビームでもお見舞いしてやればよかったかな?

ただでさえ狭い展望地で、肩身の狭い思いをして撮ってみましょう・笑
今日は北横岳から昇る夏の大三角&天の川を撮るぞ!
20210220_2_
何じゃこりゃ!
肝心の被写体は、伸びた枝によって隠されてしまいました。
これを回避する方法もあるのですが、雪でポジションが確保できないので仕方なくこんなん出ました・笑
悪あがきしてもしょうがないので、ガッツポーズだけやって諦めました・笑(万歳ではないです)
※他人がいたので控えめで。立ち位置は路肩です、念のため。


最後に、こちらも久しぶりにさそり座いて座方向の天の川にも挑戦してみました。
パノラマでアーチ気味を狙ったですが、撮影枚数をケチったのでcamera rawのパノラマ合成に拒否られてしまいました・笑
20210220_4_
蓼科の別荘地が下の方に見えていますが、もう少し暗かったら星空が映えるのにな~って思ってしまいます。
これだと天の川よりも、写真右下の黄緑色に目が行ってしまいますね・笑

オマケ:星撮りドラレコ映像
第一候補地の駐車場へ入場する際に見える3基の照明。
あれがあの日の私の運命を狂わせました・笑
3門のメガ粒子砲のビームを回避しつつアーガマで現着し、デッキから発進した”おっさんみたいな百式”がブリッジ横を通過する…
Zガンダム好き必見のイメージ映像です・笑

|

« 蓼科の世界遺産を撮る!? | トップページ | デジカメで銀塩カメラのとんでもない姿を激写する!泣 »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

八ケ岳山塊の上に夏の銀河が横たわる季節になったのですね。頭では分かっているのですがこうやって実際の画像をみると臨場感があります。3月の新月期には星浴しに行こうっと。

投稿: 北杜の犬 | 2021年2月22日 (月) 23:52

>北杜の犬さん
八ヶ岳は横に長いと思ってますが、それと比較すると天の川ってデカいですね。
写真に撮ってみるとデカさが分かります。
3月頃の冬型の天気になった時が見ごろかもしれませんね。
自分もその頃に星野写真でもやってみたいな。

投稿: ふみふみ | 2021年2月23日 (火) 11:22

地上風景と天の川がどちらも鮮明。すばらしいですね。オマケにセルフポートレート付き(笑)
こちらには葉の落ちた広葉樹とか、針葉樹の山が少ないので新鮮な風景です。
私はシャイなので撮影地で挨拶されるとドキドキしてしまいます。でも精一杯愛想を振りまいて挨拶を返します。
でも自分から話しかけることはまずないかな。すみません・・・今回のふみふみさんのような対応されると悲しいので。

投稿: まるひ | 2021年2月24日 (水) 00:10

>まるひさん
写真は相変わらず追尾1枚撮りです。
ソフトフィルターと追尾で、ホントは風景はぶれてたりするんですけどね・笑
あ、私、何もしてませんよ。
挨拶してそれだけ。
結構隅っこでやってます。
自分も小心者なんで、暗闇にいる人と会話なんて大それたことできませーん。

投稿: ふみふみ | 2021年2月24日 (水) 17:30

おはようございます。
おぉ、夏の天の川かぁ、と思いながら見ています。
ほんと、がんばってますね!! 腰痛をなんとかやり過ごして、それでも行きたい星空、なんと素晴らしいことでしょう。
新しく照明がついたり、あの街が明るいからなあ、っていうの、まるで自分で現場に行ったかのように、よくわかります。もったいないなあって思いますね。

動画の最後に出てくるおじさんはふみふみさんですか?

投稿: ミッチー | 2021年2月27日 (土) 09:42

>ミッチーさん
夏天の川の春物は星景だとタイミングが難しいですね。
昇ってきたかと思うとあっというまに薄明。
今しかなさそうな強迫観念に駆られました。
腰今もダルイです( ノД`)シクシク…
街灯り、画像処理で抑えてますが八ヶ岳の向こうが結構明るくて、ちょっと参りました。
動画の人は私ですね。
車の前を横切って星空の様子を見に行ってるシーンです・笑

投稿: ふみふみ | 2021年2月27日 (土) 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蓼科の世界遺産を撮る!? | トップページ | デジカメで銀塩カメラのとんでもない姿を激写する!泣 »