« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月の記事

2020年9月 1日 (火)

くわばらくわばら…

雷写真、私はマニアではないので積極的に雷を追いかけて撮るほどではありません。
しかし、目の前にその兆候が現れると撮りたくなるのも心情です・笑
ベランダなら楽だし安全だし。

夕立、しかも夜の夕立がなかなかやって来ません。
たまに雷が鳴るので撮っても小さいのばかりです。
キングギドラ級(※)は2015年を最後にお目に掛かっていません。
※そんな稲妻があるわけではなく、キングギドラをイメージしてるので大物を勝手にそう呼ぶ・笑

あの時のは諏訪湖を壊滅させた(ように見えた)極悪な奴でした↓
0901_1

”長野は宇宙県”のキャッチフレーズはご存知でしょうか?
そうかもしれませんが、私からしたら以下の通りなのです。
『長野県は宇宙県だけど、中でも茅野市は星は見えない曇天市
たまにツイッターでネガティブキャンペーンをしています・笑

今年、あることに気が付きました。
「そういえば夕立来ないな」
来ないというのは語弊がありますが、私の住んでる場所で夕立ラインと言うのがありまして。
霧ヶ峰~上諏訪諏訪湖畔
和田峠~高ボッチ~塩嶺峠
高遠~入笠~原村
八ヶ岳~蓼科
これらライン上で夕立が始まって、やがて私たちの住む里にも降って来るという感じなんです。
「お、今、霧ヶ峰で降ってるから30分で降ってくるぞ」なんてのは常識だったかもしれません。

で、今年は”私の居住地区”だけ降ってこない…
オーバーな言い方ではなく、例えば、これから紹介する雷写真。
こんな目の前に雷が来るなんて、さぞかし土砂降りだったことでしょう、とお考えになる方が99%いると思います。

私も今日ばかりは「ようやく雨が降って来る」と思ってました。
御多分に漏れず、爽やか信州も激暑のため、涼を求めて夕立を期待したんですがね。
私の居住地区の隣接地区まで土砂降りが来ているのに、ここ(私の地区)にはびた一文降ってきません。
ケチかっ!
距離にして2㎞くらいです。
そんなパターンが何回かあったように思います。


で、話を戻しまして。
そんなエピソートからネガティブキャンペーンに追加文句ができました。
『長野は宇宙県だけど、中でも茅野市は星は見えない曇天市 なくせに夕立だけは降らない市
毎晩曇って星なんて見えないくせに暑くて肝心な時に降りもしないトンデモ地方都市だ、と悲痛感を倍増させてみました・笑

更に話を戻しまして。
ちょっと前に見たレーダースキャナウトでは、雷の影など映っていません。
あきらめてベランダ蛍族をしていたら、なんかこうそわそわというかわさわさと言うか。
初めてスーパーサイヤ人になった時のような変な感触が身体に纏わりつくのを覚えます・笑
『これはもしかして!?』と思っている端からゴロゴロと鳴り出しましたよ!

準備が甘く、とりあえずコンデジをセット…なんてやっているうちに、ピカピカドッカーンが連発し始めます。
『こんなビックチャンスはイチガンだ!』と慌てて機材準備を始めます。
準備している間にも、向こうでは奥さんがギャーギャー騒いでいます・笑
何発か逃している感じでしたが、ようやくシャッターを押すことが出来ました。

1分露光(一部30秒)で何枚か撮りましたが、幸運にも写野中央部に収まってくれました。
その中から自己満な2枚+1枚をご紹介です。
※写真はリメイクしてツイッター版より見易くなってると思います。

自己満1
_1_20200901164501
地味な1本の稲妻ですが、地上にも目をやって下さい。
地上の光跡はビーナスラインのヘッドライトですが、その先に落雷している感じに見えませんか?
地上と空の光跡が交わった感じが『しめしめ、こんなの撮れてラッキー』と思ったのでした。
(実際のビーナスラインはもっと手前で左に折り曲がって行くのですが、そう見える感じってことです。)


自己満2
_2_20200901165001
露光1分の中で3発の稲妻でしょうか?
それとも太い3本の稲妻が同タイミングでしょうか?
稲妻界の黒い三連星、ジェットストリームアタック的な・笑
何しろ稲光から雷鳴まで1~2秒レベルです。
恐ろしくて恐ろしくて…
カメラは放置させて家の中で座布団で頭を覆って隠れてました。
だから現場で見ていませんでした。

ん?
今、座布団で頭を覆ったって言いましたよね?
私は重大なミスを犯しましたよ!!
頭は覆っていましたが、雷の時に最も重要な身体パーツのガードを忘れていました!!!
気付いたら、雷様にヘソを盗られてましたぁー!!!!
(大物が撮れた時に言う、私の常套表現ですが…)


何枚も撮れたら比較明合成したくなるのもまた心情です。
_3_20200901165501
2020年は茅野市がキングギドラにやられました。

くわばらくわばら…

| | コメント (8)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »