« ネオワイズ彗星(C/2020 F3)が! ~写っただけな話~ | トップページ | 夏休みのオリオン&シリウス撃てー!ってペルセ終わりか? »

2020年8月 1日 (土)

撮影地探しの果てしない旅へ

新コロナだからというよりも、それによる不況で勤務先が4月から一時帰休(輪番制)となってます。
私の場合は火曜日が当番という中途半端さ。
それでも晴れれば飛び石連休も活用もできるのですが、ご存知の通り今年の梅雨は雨雨雨雨雨雨雨…笑
たま~に降り止む貴重な時間帯は、洗濯に没頭する始末です。

この月末の週末はラッキーなことに金曜日の帰休当番が回ってきました。
更にラッキーなことに前日に梅雨が明けました。※梅雨明けは自己宣言(気象庁公式は8/1)。
ただ前日まで大雨だったので山に入るのは止めましたが、ちょっとそこまで旅に出掛けてみます。
ちょっとそこまで…、
ええ、車で45分の近所ですが・笑

旅の目的は星野写真の新しい撮影地の現場確認です。
以前に星景で行ったことがありますが、北極星が見えたかどうかど忘れしまして。
そこで、赤道儀は出せられるのか?傾斜の具合や機材展開できるのか?を確認しておきたかったのです。

私は撮影場所を明かさない主義なのですが、知ってる人は知っている展望台。
いつも撮ってる場所から400メートルほど上に垂直移動です。
天体写真の場合、気象リスク分散化のために撮影地は広域(横移動)の方が良いのかもしれません。
が、私は出不精なので星撮影のために諏訪圏からわざわざ出ることを躊躇う小心者です・笑
そんな私ができるせめてもの行為は、いかにして近所で宇宙に近づくことができるのか?ということで、そうなるわけです。

いつもの撮影地が標高1500(たまに1700)、今度のは1900超となります。
もうちょっと行けば2000の駐車場はありますが、登山口兼主要観光地なので、夜中でも出入りが激しそうなので深入りはしません。

最近では2019年冬に、徒歩でこの近くまで行ったことがあります。
その時の記事はコレ↓
見える星全部がベガやアルタイル? ~天の川挫折~
ここからカーブ2段ほど上に登ったところです。
車なら簡単に行くことが出来ますが、キツメな勾配な冬季閉鎖区間を徒歩で行くにはこの時はここが私の限界・笑

と、前置きが長いのでさっさと出かけましょう・笑
渋滞の市街地を抜けて田舎道を爆走、峠道も先行する車が皆無で順調です。
と思ったら、途中で峠行き路線バスが目の前に。
カーブが多くて視界が悪くて追い抜き出来ないので、諦めて煽り運転もせずにゆっくり行きましょう。

途中で道を空けてくれた諏訪バス(アルピコ諏訪)が通過するタイミングでパチリ。
白駒池に向かうお客さんが1名だけ乗ってました(ということで、場所バレ)。
Img_0025
展望台のくせに展望が利かないのが、茅野市のあちこちにある展望台&展望公園の特徴です・笑


_1_20200801073901
駐車場は東屋の向こう側(東)と車が停まっているこちら側(西)で、両方とも傾斜はありました。
どちらも道路沿いなので夜間はハイビームの影響が出そうですが、一長一短があります。
東側は直線道路なのでビーム攻撃の影響は少なさそうですが、肝心の北極星が見えるかどうか微妙。
西側は、写真の背中側に進行方向に対して右カーブがあって、車が登ってくればこの駐車場が照らされる可能性大ですが北天は開けています。
アスファルトは魅力的ですが、案外に星野写真では厳しそうです。

そこで、先日にポチったΦ40カーボン三脚の機動性が活かされるのです!

三脚の面倒くさっ!を減らしたら別の面倒が出てきた

1枚目のバスの写真に写っている看板。
ここがわずかながら平坦となっています。
駐車場が無理なら、力技でそこまで機材を運搬するという案が浮上します。
階段は不規則な石段で歩行にちょっと不安が残りますが。
ただ、下が土と笹なので夜露的には大変厳しそう、というかダメそうというのは容易に想像できます。
まぁ、一度ぐらいはこういう天空の撮影地的な場所を経験してみたいと思います。


その他としましては、
_3_20200801074901
自撮り・笑

標高800~1200に暮らす我々市民は、近隣の原村中央高原や富士見高原に行ってもクソ暑いです。
ここ1900地点はさすがに涼しく、肌寒いくらいです。
帰りは1500を切ったあたりから車窓からの風が暑く感じました。
空も近くなって、きもちい~~~!


_5_20200801134301
東屋から見渡してみると、八子ヶ峰のひゅってアルビレオが見えました。

あそこでも星景をやったことがありますが、こうしてみるとよくあんな斜面(右側の切れ込んでいるところ)を登ったなぁと。
来春、雪が残っていたらまたやってみたいです。
低空は雲が張り付いていて遠くの山並みは見えませんでした。
ちなみに、先にも触れましたが、あとちょっとで白駒池です。
折角ここまでやって来て白駒池のレポートができないのは、財布に120円しかなくて心細かったからです・笑


オマケとしては、その日の晩にネオワイズ彗星を捜索してました。

|

« ネオワイズ彗星(C/2020 F3)が! ~写っただけな話~ | トップページ | 夏休みのオリオン&シリウス撃てー!ってペルセ終わりか? »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

信州人じゃないけど知っとるで、この展望台(笑)。東屋に屋根がなければいいんですけどねー。写真には幸福の極楽トンボも写ってますね。

たぶん、同日だと思いますがネオワイズ彗星見ました。月明りの中、25mmの双眼鏡でも見える明るい彗星なのでペルセ群には晴れてもらって彗星も一緒に楽しみたいですね。

投稿: 北杜の犬 | 2020年8月 6日 (木) 10:48

>北杜の犬さん
この辺をうろうろしてる人にはお馴染みですね。
トンボは大量にいまして、これが里に下って赤とんぼになるのでしたっけ?
当時にアブ攻撃に遭いましてね。
奴等は追っかけて来るので一目散に退散です。
流星見ながら彗星見て水星も見えるかな?
忙しいですなぁ…

投稿: ふみふみ | 2020年8月 6日 (木) 17:31

800-1200に生息して、通常撮影地が1500ですか。
天空の人ですねえ、それだけで星が近いという有利な条件で羨ましい限りです(こちらは海抜20m程度す)
ひゅってアルビレオ、カッコええです。
120円ってほんとですか?(笑)

投稿: めりー | 2020年8月11日 (火) 05:16

>めりーさん
標高稼がないと条件よくならんのですが土地が狭いから街が近くて。
空気薄いけど光害で相殺されてます。
なにせ隣町に行くだけで高原を通らないといけない地形ってあり得ないし・笑
マジ120円でしてね。
山じゃジュースも買えない始末ですよ。

投稿: ふみふみ | 2020年8月11日 (火) 06:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネオワイズ彗星(C/2020 F3)が! ~写っただけな話~ | トップページ | 夏休みのオリオン&シリウス撃てー!ってペルセ終わりか? »