« 見た目重視で月 ~そして連休終わる~ | トップページ | ネタ切れ第二波到来で再び自粛 »

2020年5月17日 (日)

近所の里山で獲ってきた

近所の里山へ登って撮って獲ってきました!笑
当時(今も?)のことを踏まえると厳密に言ってしまえばダメなのかもしれませんね…

八ヶ岳や南ア山系に囲まれた当地では珍しい、独立峰(に見える)の住宅地の里山です。
そういう山は大体にして古代人のピラミッドが隠れているかもしれませんね・笑

低山登山も事故リスクはありますが、近所の保育園児も遠足するような場所で自粛リミッターを弛めました。
日常の散歩の延長で、違うコースへ行ってみるという感覚です。

20200503_2
いくつかの登り口が用意されていて、私は北側の上古田(地区名)の住宅地から登るコースを選択。
近所の常連ぽい人もそこそこ散歩してます。



20200503_3
コースによって名所(?)がいくつかありそうですので、別の機会に挑戦しようと思います。



20200503_5
保育園児の遠足山と書きましたが、なかなか手ごわい傾斜です。
が、15分程度で稜線のようなところに出てしまいます。


20200503_7
そこからわずかに進むと頂上のような場所に出ました。
看板には『富士山が一番見える場所』とありますが展望が悪かったです・笑
『山頂の割には様子が地味だなぁ』と、ガイドマップで知らべると頂上は少し先のようです。
ゆっくり歩きますが休憩するほどの距離ではないのでさっさと登ります。


20200503_8
頂上手前の坂が更にきつくなりますが、あっという間に登頂成功・笑

山頂も見晴らしが悪い…(想定内)
山は展望が開けていて、ある種それが坂を登るモチベーションに繋がると思ってます。
こちらの山はほぼ樹木に覆われていて、どちらかと言うと木とかを楽しむような山でした。
山全体で自治会(自治体)のアウトドア系な行事などが頻繁に行われていて、特に近隣の人には親しい山のようです。
家の裏山(私がいつもの散歩する山)もそうですが、八ヶ岳が見える街なのにお手軽な里山に登っても展望が悪い…
以前これに関して市に苦情をしたことがありますが、地権者の事情もあってやたらに伐採できないという返事をもらいました。
なるほど…


折角の山ですので、てっぺんは獲っておきましょう・笑
20200503_101
マスクは持って行きましたが着けるのを忘れてましたので、後で描いておきました・笑

家からも直ぐそこに見えるので、逆に山からも家が見えるかな?と挑戦しましたが、やはり枝に阻まれて分かりませんでした。
念のために水分やおやつも持って行きましたが、長居するような場所でもなくモグモグタイムもせずに早々に下山します。
※下山の様子は省略



20200503_111
今度は登ったのとは別ルートで下山します。
こちらのルートは地域の伝統行事の場所があり、小さな祠などが散見できました。
麓の一角ではオオムラサキの飼育場もありました。
そういえば、黒に青い文様が入った蝶が飛んでるのを見ましたが、あれはそれだっただろうか?
赤岳から流れてくる川を渡って駐車場へ到着したのでした。

当然、近所での星撮影のロケハンも目論みました。
急な坂道と展望所があっても空が狭いので『こりゃダメだ』という感想です。
日中の運動できる近所の山として、たまには利用してみようと思います。

|

« 見た目重視で月 ~そして連休終わる~ | トップページ | ネタ切れ第二波到来で再び自粛 »

日常写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見た目重視で月 ~そして連休終わる~ | トップページ | ネタ切れ第二波到来で再び自粛 »