« 両方ぐるぐるするややこしい星景写真を開発 | トップページ | かなり頑張った割には頑張ってなかった登山星景 »

2020年3月14日 (土)

運だめしで撮影地を決めた

ややこしいぐるぐるの続きです(というか、前段)。
2/24は久しぶりの早朝出動をしました。
昔よくやったこの行為。
いつの頃から怖くなってできなくなりました。

何が怖いって。
そりゃ、朝にやってくるトイレ的な催し物です(大)・笑
何度か危ない目に遭ってからトラウマに。
厳寒地の場合、冬場は公衆トイレが閉鎖されていることが良くあるんです。
トイレがそこにあると思って安心して、使えなかった時は死活問題ですよね・笑
小はアウトドア用の簡易的な物があるので良いのですが、流石に大となると…
(最期は背に腹は代えられませんが・笑)

今回は先日に出掛けたスキー場の近所の展望台へ行ってみました(当然ですがトイレなどありません)。
朝2時頃に起床して、トイレが使える安心安全なスキー場にするかNoトイレの展望台にするか悩んでいました。
つまらない悩みですな。
スキー場はゲレンデ整備ではない何かの灯りが点いているようで、出来れば照明の無い展望台にしたいところです。
寝覚めのコーヒーを飲みながらグダグダしていると、運よく(?)ウ〇コがしたくなりましたよ!
ここで一発、運だめしができたので行き先は決まりました・笑
トイレットペーパーで騒ぐ一週間前の話ですね。

先ずはスキー場目指して標高を稼ぎます。
相変らず道中の路面はドライですが、スキー場を過ぎて別荘地が途切れたところから除雪が粗くなります。
今季初の緊張する運転となりました。
除雪→塩カル→融ける→凍る→ミラーバーンの山道あるあるです。
特に帰りの下り坂が怖かったです。

こちらの展望台もかなり久しぶりの訪問です。
真冬の深夜にこんな場所にいるのは星の人ぐらいと思ってましたら、県外車が1台停車中。
人の気配はせず、近くの登山用駐車場が満車のため溢れた車がここに停めている感じでした。
そういうことはここではよくあるようです。

しかし、これが盲点でした。
その車が鎮座しているのは、山を撮るにはベストビューポイント。
やむを得ず、ちょっと横で天の川タイムを待ちました。

20200224_4
夏天の川を見るのもおそらく2年振りになると思います。
何だか冴えない天の川写真ですが、こんな感じでいいのか?

こちらは観光地と観光地の間で、ビーナスラインの最奥地的な場所。
その為に早朝の通行量は少ないですが、それでもスキーや登山の一般車や軽バンや2tなどの業務車両が通って行きます。
業務用はおそらくその先の宿泊施設等への配送だと思います。
仕事とは言えども、早朝の峠のガリガリ道路を通らなければならないなんて、ご苦労様だなぁと思ったのでした。

そうは言っても、狭い展望台。
星景的にはめぼしい風景がありません。
何をやっても上のような写真になってしまいます。

20200224_31
パノラマ写真でお茶を濁しましょう。
北八ヶ岳~南八ヶ岳、遠くは南アルプスの北端の山となります。
いつも嫌味たらしく言ってますが、街灯りよりもパノラマスキー場の方が明るいです・笑

|

« 両方ぐるぐるするややこしい星景写真を開発 | トップページ | かなり頑張った割には頑張ってなかった登山星景 »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

たぶんこの場所はあそこと思うのですが、ここは眺望が良いですよね。東屋ではなく普通の展望台だと良かったのですが...、とは星屋の勝手な願い(笑)。

投稿: 北杜の犬 | 2020年3月22日 (日) 16:45

>北杜の犬さん
たぶん、そんなに上の方ではないですよ・笑
でも、多分、犬さんと私の”あそこ”は、お互い思ってるあそこが違うかもですね。
東屋とトイレとひらけた空と展望が欲しいです…同じく勝手な願望。

投稿: ふみふみ | 2020年3月22日 (日) 16:58

美しいです!
ふみふみさんの星景って、すごく好きーー。
街が明るすぎても、上手くいかないし。。自分で撮ってみるととても難しいです。
トイレ問題は切実ですよね。。私はトイレのある場所で撮影することが無いので、大抵は短時間勝負しています。

投稿: めりー | 2020年3月25日 (水) 04:08

>めりーさん
特に寒冷地だと使用できるところが限定されてくるので困りものですよね。
星景もいろんなシーンが待ち構えているので、もう数撃つしかないですね。
そんな中からたまたま撮れた自己ベストをじっくりと見て反省して次に生かす。
の繰り返しですよ。
バシバシ撮っていきましょうよ。

投稿: ふみふみ | 2020年3月25日 (水) 07:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 両方ぐるぐるするややこしい星景写真を開発 | トップページ | かなり頑張った割には頑張ってなかった登山星景 »