« 星見に行って災害に遭ったらどうしよう… | トップページ | 前世より、ぜぜぜ、ぜんぜん善光寺な新海風な信州 »

2019年6月30日 (日)

冷やし買いま…せん

天体写真界で”冷やし”といえば、冷却CCDカメラですね。
今日はそんな話…ではありません。

部屋の暑さ対策で圧倒的に有効なのはエアコンです。
冷風扇や冷風機、そういうのはデメリットが大きくて絶対ダメです。
なので冷風機を買ってみました・笑

冷風機とはスポットクーラーのことですね。
冷風扇は水を使って気化熱で冷気を作るやつで、冷風機はエアコンと同じ原理で熱交換で冷気を作るやつ。
冷風扇は使ったことないのですが、使ってはダメという想像はできます。
冷風機は会社で使っているので、メリットデメリットは分かっています。
しかし、はやり冷風機を買うくらいならエアコンを買った方がお得なのですけどね。

ではなぜ私は冷風機を買ったのか?
エアコンは部屋を冷やすもので、冷風機は部分的に冷やすもの。
熱風しか供給されない扇風機に代えて、ちょっと冷気が出て容易に運搬できるようなものが欲しかったんです。
夏休みは甲子園を見ながら冷風機、PCしながら冷風機、脱衣室に冷風扇、寝る時にも冷風機。
エアコンでこれをしようとすると家に2~3台必要というのが、私にはちょっと抵抗が…

冷風機のデメリットは冷気1に対して熱気3の割合で熱が出てしまうことです(割合は想像)。
レビューを見ると『室温が上がる』『冷えない』『暑い、熱い』と酷評を見ます。
しかし、あれは用法を間違っているからそうなるのです。

冷風機は『部分に冷風を送る』機械であって、『部屋を冷やすもの』ではなく『本体から熱を出す』機械なのですね。
単純に言えばエアコンの室外機が部屋の中にあるようなもの。
だから締め切った部屋で運転したら、そりゃ暑くなるのは決まっています。
だから排熱をちゃんとしないと有効に機能しない、とても面倒くさい機械なのです。


選んだ機種は、コロナの『どこでもクーラー』です。
この名前はユーザーから大ブーイングが絶えません。
さっき言ったように冷風機は排熱と換気が必要で、それができるなら”どこでも”なクーラーなのでしょう。
排熱用の窓パネルをセットしてしまうと固定使用となってしまい、”どこでも”感は喪失します。
”どこでも”持って行くと排熱が満足にできないから部屋が暑くなるという、負の悪循環が始まります。
オマケにエアコンより出力は弱いので、期待するほど部屋は冷えない。

正式名は『冷風・衣類乾燥除湿器(どこでもクーラー)』。
そう、これは冷風も出る普通の除湿器なのです・笑
ですのでレビューはクーラーとしては貶されている一方で『除湿器としては優秀』と、なんとも微妙な評価になっているのです。


さて、ようやく本題。

機能はこんな感じです。
1
冷風というのは絶対に期待してはなりません。
扇風機に毛が生えた程度の、高級な扇風機と考えたほうが良いかも。


除湿しますので排水は5.8リットルタンクに溜まります(工作でタンク外に連続排水できる仕様にもなってます)。
5
タンク外観。
満水メロディ機能もあるそうです。
優秀な除湿器ですが、私は除湿器として使用することはなさそう・笑



4
熱交換器は機体の左右にあります。
取説によるとフロン類はCO2換算で250kg相当分が入っているとのことです。
廃棄時には適切な処分が必要ですね。


縦型で底にはキャスターが付いています。
フローリング対応(ウレタンキャスター?)ではないようなので室内の運搬は注意が必要です。
2
天板に排熱口があって、除湿時と冷風時で向きを変えて使用します。


冷風時の排熱ダクトはこのようになります(蛇腹ダクトは自作)。
3
ナイロン素材のペラペラなダクトが標準装備されています。
しかしながら導入に成功している人によるとこれは『使い物にならない』そうです。
見たところ、ペラペラなダクトは熱を室外に逃がす前に大半の熱が室内に漏れそうなくらいに薄くて貧弱でした。
この製品の最大の汚点ですね。
ですので、自己責任で私も蛇腹状のそれっぽいものを装着しています(写真)。
同梱のダクトアダプター(100㎜)とΦ100㎜の蛇腹ダクトを強引に取り付けます。

排熱ダクトを室外に向けてセット、上の写真のようで概ね完成です。
ご覧のようにこれでは窓に10㎝の隙間ができてしまいます。
隙間を塞ぐために別売のダクトパネルが必要です(窓サイズによって6000~9000円ぐらい)。
しかし、ダクトパネルを取り付けると固定式の除湿器になってしまいます(=どこでも感の喪失)。
この隙間は塞ぎたいですが、どこでも感は欲しい…

ならばダクトパネルは自作しましょう。
で、私が選んだ”どこでもクーラーをどこでも使えるようにする”ダクトパネルは!?

檜の合板!笑
8
ダクト用の丸穴を自作で開けることが出来ないので、ネット通販で加工までしてもらいました。
全部で7000円ぐらいと記憶しています。
我が家の窓サイズの別売品よりは安くできています。

素材は何でもいいと思いますが、木を選んだ理由はその時点で木しか思いつかなかったから。
値段がピンキリの木材の中で檜にした理由は、木材素材のなかでいろいろ優秀なので。
あとは家にあった廃材のスポンジ類を工作して、アルミサッシのレールに上手くはまるようにしてあります。
また、塩ビ管をダクトの口に装着してありますが、これの耐熱性はまだ分かりません(DIYコーナーにある普通の塩ビ)。
パネルは別売品のような固定式ではないので、好きな場所に設置できるというのがミソです。
パネルは取り外し可能(ただサッシに挟んである)なので、戸締りは普通にできます。


一応、完成形です。
9
ダクトが若干長いので、後日調整しようと思います。
実はまだ暑い日に使用していないので、使用感は正直分かりません・笑
形状的には、冷風機を正しく使う恰好になっていると思います。

「家庭用スポットクーラー(冷風機)が暑い!」
と諦めている人は、導入に成功している人の記事を参考にして設置してみてはどうでしょうか?
私もそういう人の記事を参考にして、このような恰好にした次第です。

それと冷風機は空気の熱を外に捨てるので、捨てた分の空気の補充が必要です。
つまり部屋は閉め切るのではなく、別の窓(またはドア)を少し開けた状態で使用します。
排熱と給気、これが冷風機の能力を引き出すキーになるということだと思います。
また温度との関係で期待する能力を発揮できないことがあります。
低温だと除湿機能が低下、高温だと機械保護のため運転中止(5~35℃が範囲とのこと)。

最後にくどいようですが、取説にも記載があります。(原文を引用)
冷風は出ますが、エアコンと違い部屋全体を冷房することはできません。
閉め切った部屋で運転すると、排熱により室温が上昇します。

|

« 星見に行って災害に遭ったらどうしよう… | トップページ | 前世より、ぜぜぜ、ぜんぜん善光寺な新海風な信州 »

日常写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 星見に行って災害に遭ったらどうしよう… | トップページ | 前世より、ぜぜぜ、ぜんぜん善光寺な新海風な信州 »