« 我がビックデータから最初の1枚を発掘した ~某ポータルサイトの企画パクリ~ | トップページ | 日本一撮影自由度が無いかもしれない桜 »

2019年3月30日 (土)

冬期限定的なぐるぐる ~今日の俺、格好いいぜ!~

3/8に山に登ったのは、冬っぽいぐるぐるを撮るためでした。
冬に冬っぽい写真は撮れますが、いかんせん寒くて嫌だ…
暖かな3月でチャンスを待ったというのが今回なのです。
だからと言って、暖かかったわけではありません(笑
気温は分かりませんが、冬型の気圧配置の中で標高1900で地面に置いたリュックがみるみる霜まみれでした。

撮影地点は予め決めてました。
北に向かって道路が延びていて、両側からしらびそ(モミ?)が覆い被さってくる感じ。
そんなイイ感じの風景が撮れるかな?と勇んでみたものの、ちょっと違いました。
北斗七星も南中を過ぎて西に傾く時間帯だったので、横構図をあきらめ縦構図に。

当初のイメージとは違いましたが、ここで諦めるわけにはいかず。
Photo
EOS X4   トキナー11-16の11   f5.0   ISO400   10分x9枚比較明合成
PSCC2019   撮影日2019年3月8日
(同じコマで星空は比較明合成&地上は比較暗合成、マスクで適当に合成)

北斗七星が真上にある状態で地面(下り坂)を入れたので、北極星が中途半端な場所になってしまいました。

試写では露光時間をいつものように5分にしました。
ところがヒストグラムは左にくっついた状態からスタートし、当然のことながら風景は真っ黒に。
「暗部はもっと右の方が良いな」
露光時間を2倍にして、左から少し離れる感じでどうにかまとまったのでした。
シャッター押したらやることなくて、ポタ赤の星景で時間潰しとなった訳です。

寒いとコード類が硬くなりますよね。
それが断線などの事故に繋がる、天文機材あるある。
今回はポタ赤のコードが、硬いを通り越して”棒”になってました(笑
撤収で機材をバッグに収納する際に、コードを丸めて入れるのに勇気がいりました。
この辺の改善は考えたいです。


オマケ
通りすがりの登山者の光跡
_1
撮影場所は冬期閉鎖区間を少し入った場所です。
ふくろうの鳴き声。
低温で木の幹が割れる音ですか?、時々”パキッ!”という音が聞こえてきます。
あとは、枝を揺らす風の音がザワザワと。
そして山の中で味わう孤独感。
『なんか今日の俺、自然写真家って感じで格好いいぜ!』(笑
北八の自然に抱かれて撮影ができて自己満でした。

実のところは興ざめな富士見パノラマのギラギラ人工灯が、木の隙間から見えてたんですけどね(笑

|

« 我がビックデータから最初の1枚を発掘した ~某ポータルサイトの企画パクリ~ | トップページ | 日本一撮影自由度が無いかもしれない桜 »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

雪国育ちなので雪景色って好きなんですよね。
しかし今年は暖冬でせっかくのスタッドレスタイヤなのに雪を踏んで走っていません。誰もいない夜の雪道をちょっと滑りながら飛ばすのって結構好きなんですよね。
3時間くらいいらしたんですかね。さぞ寒かったと思います。
凍死にご注意ください(笑)

投稿: まるひ | 2019年3月30日 (土) 12:41

>まるひさん
いつかの雪原アンタレス見て、雪星景ってやってみたかったんです。
こんなところ行きたくないんですが、勇気を持って出掛けてみました。
雪道を飛ばす快感は、私も分かりますよ。
でもこっちは誰も居ない雪道は、直ぐに”氷道”になるので、もっと楽しいですよ!
凍死…実は『もうダメかもしれない』って考えたこともあったんですが、ラジオ体操30回で凌いでました・笑

投稿: ふみふみ(中の人) | 2019年3月30日 (土) 14:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 我がビックデータから最初の1枚を発掘した ~某ポータルサイトの企画パクリ~ | トップページ | 日本一撮影自由度が無いかもしれない桜 »