« 暮れなずむ街にオリオン座昇る ~リベンジ前倒し~ | トップページ | 2019年 初日の出とか »

2018年12月30日 (日)

くも侵入で思い知った”し”の恐怖

夏休み以来の絶好調なGPV。
あの日は天気予報に騙されて散々な目に遭ったなぁ。

冬休み前半戦。
年末寒波ながら、北アが諏訪地方への雲の侵入をブロックしている様子です。
こんな日は寒いけど、ギラギラの星が一晩中…

1229_2
って、何だこりゃぁあああぁ~~!
冬休みのクセに、夏休みの再来かぁ~~(泣

実際、天頂付近は凄い星空が広がっていてですね。
すばるとかは凄いなぁ~って。
どうも、南から雲が侵入しているようでした。

雲の通過を待てない事情もありまして。
写真の左右に木があるの分かります?
被写体が、この木と木の間を通過中に撮らないといけないんですよ。
しかも0時頃には下弦月が昇ってきます。
一方で低空は雲が無いので、粘ればカノープスを収めることもできそうです。
冷静に考えれば、彗星にレンズを向けることだってできたはずです。
しかし、寒さで頭が回らず、1時間で撤収ですよ。
しかもセッティング終わってシャッター押した直後、あっという間に雲に侵されました。
雲は怖い!



何を撮っていたかと申しますと、
3
2.6分x3枚加算平均合成の『し』の恐怖。
撮影日2018年12月29日

エリダヌス座スーパーバブル星雲に手を出しました。
いまだかつて、これを短時間で撮った写真をネタにした人はいるでしょうか?
無理を承知で画像処理をしながら、この淡い”し”に恐ろしさを覚えました。
『あ~、俺の冬休みの貴重な時間を、このために無駄にしてるなぁ~』って。
世界一短時間露光で撮ったスーパーバブル(笑
ええ、折角撮ったネタなんで載せときます(笑



雲はそのうち北天に侵入してきましてね。
ぐるぐるも切ないことになってしまいました。
この撮影地は、星景をするには良い場所じゃないんです。
20191229
それでも、こんな林間の隙間から見えるぐるぐるも良いかなと。
低公害地だと、星色も豊かになって空の色合いも微調整で済みます。

この日は頭も星も回らず終いで、午前様前に布団に潜ったのでした。

|

« 暮れなずむ街にオリオン座昇る ~リベンジ前倒し~ | トップページ | 2019年 初日の出とか »

星野写真」カテゴリの記事

コメント

寒さに撤退する気持ちよく分かります。年明けに流星群を狙うつもりですが、天気予報で観望地の最近の気温を見てガクブル。先日の双子群では-13℃の外界に5時間いましたが、新年早々、果たして耐えれるか(笑)。

投稿: 北杜の犬 | 2018年12月30日 (日) 19:53

>北杜の犬さんへ
この時季は耐寒の人体実験が何処かで毎夜おこなわれます(笑
-13度?なんて、まだ暖かい方では?
新年早々とは、しぶんぎ群ですね!
二年参り、寒中水泳、乾布摩擦で3ヶ日を鍛えると大丈夫かもですよ!

投稿: ふみふみ(中の人) | 2018年12月31日 (月) 07:20

こ、これはっ!!
過去何人もの星屋が挑戦するも、処理途中で心が折れてしまい廃人と化してしまうという、「し」のエリダヌスバブル!!
それを超短時間で!! たしかに世界一短時間での表現でしょう。
なのに、けっこうよく赤が出てますね。いい意味で恐ろしいです。

投稿: おりおん | 2018年12月31日 (月) 18:02

>おりおんさんへ
何でもダイオウイカと並んで、極淡2大巨頭らしいです。
そんなのに手を出すなんてねぇ。
前からやってみたかったのですが、まさか3枚で終了とは…
これ一見”し”に見えるですが、後半が全然写ってないですね。
おりおんさんの作例を研究して、怖くなって止めましたよ。
翌日も撮影リベンジして撮るだけは撮ってきたので、もう一度この恐怖を味わおうと思います(笑

投稿: ふみふみ(中の人) | 2018年12月31日 (月) 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暮れなずむ街にオリオン座昇る ~リベンジ前倒し~ | トップページ | 2019年 初日の出とか »