« 大雪にご用心 | トップページ | ボーっと画像処理してんじゃねーよ ~悲報~ »

2018年11月17日 (土)

新機材投入 ~ゴム手で天体写真~

コリメート撮影2ndシーズン最終回(笑
あーでもない、こーでもないと撮影を続けて自分なりの着地点。


ピント合わせが難しい…
3
撮影日2018年10月27日

撮影してみて分かったこと。
勝手に電源OFFモードは解除した方が良さそうでした(そんな機能があるのか?)
コンデジが勝手に電源が切れて、レンズが勝手に引っ込んだり。
(手動ON→勝手にOFF→手動ON→勝手にOFF)
そのたびにピント設定などが煩わしいです。
だからと言って、液晶を点灯しっ放しだと電池消耗も激しく。
もう一度取説を読んでみます。

3rdシーズンは赤道儀に載せて細い月を狙ってみたいです。
しかし、細い月の頃はコリメート遊びなんてしなくて本格的に出動したい時でもあります。
果たしてどうなることか…



私が撮影用の手袋マニアであることは誰も知りません(笑
ブログとかツイッターで活動報告を載せたことがあります↓
https://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-4b23.html

ある日、何気にTLを見ていると登山マニアのツイートを発見。
手袋を紹介するブログだったんで、興味深々で読んでいるとなんと衝撃的な記述が!

山用と言えばアウトドア用具メーカー製なのでしょう。
そんな紹介があって、更に読み進めると実はこんなのも流行っている(?)とか。


天体写真用新機材投入!
じゃ~ん
1117
ゴム手袋で裏ボアなやつ。
当たり前ですがゴム一枚地なので防風性と防水性は抜群です。
それと引き換えに透湿性ゼロ(笑
ちなみに私は糖質0のビールもどきは呑まない…

ショーワグローブの『防寒テムレス(R)』
ホームセンターやネット通販で簡単に入手できると思います。
ただ人気アイテムらしくて、時々在庫切れるらしい。

透湿性が悪いのは致命的です。
しかし、防寒性が良くて登山やスキー・ボード、狩猟する人も使っているとか。
なにやら気になる防寒アイテムです。

早速購入、試着してみました。
ゴム手なので細かな作業はムリ。
カメラマンらしく指出し工作の工夫が必要です。

防寒性については、ボアの毛足が短くてちょっと微妙かも。
ただ中綿入りの極厚手グローブよりは薄いので機動性(指の動かしやすさ)はあるように思います。
テムレスなので寒さでゴムが硬くなりにくい。

透湿性ゼロで、例えば星景写真で運動量が多くなるような時は使えません。
使い方を間違えると手先が地獄に堕ちることでしょう。
また、ゴム製なので回転する機械に触るのは禁止です。
(じゃぁ赤道儀はどうなの?笑)

ゴム手で天体写真。
なかなかオサレアイテムを入手できました。

|

« 大雪にご用心 | トップページ | ボーっと画像処理してんじゃねーよ ~悲報~ »

日常写真」カテゴリの記事

コメント

月のピント、難しいですよねー。
だからみなさん動画なんだ、って。

「手袋マニア」存じ上げておりますよ!
こういうのって、意外に「用途外」のところからベストが出て来たりしますよね。
まあ、これがベストかどうかは人それぞれですが(笑、何も言ってないに等しい!)

投稿: ミッチー | 2018年11月18日 (日) 20:46

>ミッチーさんへ
そもそもコリメート方が悪いのか??
ま、いろいろ試してみますね。
手袋だけはいまだに良いのが無いので困ってるのですが、
厳寒期に皆さんはどんなものを身に着けているのか気になりますね。
ゴム手ねんて完全に眼中になく、意外に人気って聞いてびっくりしました。

投稿: ふみふみ(中の人) | 2018年11月19日 (月) 07:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大雪にご用心 | トップページ | ボーっと画像処理してんじゃねーよ ~悲報~ »