« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の記事

2018年5月26日 (土)

5/24の晩はなかなか良い夜空でした。
そんな日に限って、平日だったり月明かりだったりします。

先週末は月明りが無い晴天でしたが田植え作業の過労でダウン。
いえ、七賢を呑んで良い気分でダウンしたので星ネタを仕入れられませんでした。
せめて今夜は悪あがいて、ブログにも星ネタを盛り込まなければ。

でもイチガンを出す気にもならず、コンデジでお手軽に済ませた次第です。


Photo
夏至までひと月。
いつまでも薄明が残っている、そんな時刻からシャッターを切ってみます。



2
コンデジ星空軌跡モード、1時間ぐらい、撮影日2018.5.24

上の夕焼け写真と同じような構図。
西の空には金星、ふたご座、ぎょしゃ座が沈もうとしています。
近所の田んぼからはカエルの大合唱。
シルエットながら諏訪湖越しに穂高連峰や槍ヶ岳、常念岳なんかも見えていて、穏やかな夕刻でした。
高ボッチは今夜も盛況のようで、絶えずヘッドライトの輝きが見えてます。


こうして適当に撮影して撤収している時に夜空を見上げます。
なんだか撮らないのがもったいないような星空です。
始めはコンデジだけのつもりでしたが、「やっぱイチガン出そっと!」。



夏の大三角の日周運動ですが、北極星が、、、(汗
4
EOS X4   トキナー11-16の12?   f4.5   ISO400   2分x25枚(約50分間)   比較明合成
SPCC2018   撮影日2018.5.24

こちらは国道側。
背後からの街灯りも激しくてゴーストも出まくりで露光も過剰。
右下の道路なんて輝度MAXって感じでしたのでトリミングしました。
そしたらが…。

| | コメント (4)

2018年5月22日 (火)

田植え2018開催 新機材投入!

ツイッター版は情報とか発信がコマ切れなのがちょっと。
ちゃんと発信したいときはブログかな?

去る土曜日に『田植え2018』が開催されました。
手伝いの私は、今までは重労働の中でイチガンで写真撮る余裕はありませんでした。
今年の私はちょっと違います。

どうでも良いような写真はコンデジ。
旧態依然とした重労働からの解放。
その成果は如何に!?

田植えする時は、苗箱というのが排出されるんです。
その根っこと泥だらけの箱を水路に浸けて、ごしごしとブラシで手洗いします。
活字だとこんな簡単に書けるんですね。
実際は、作業開始直後から萎える仕事なのです。

このバカげた作業の為に貴重な人生の一日を使うのはもったいない。
そもそも私自身は地主でも稲作で生計を立てているわけではありません。
この他人(と言っても奥さんの実家)の田んぼを維持するために、親戚一同が無駄時間を費やし筋肉痛と戦うという、アホ草な目に合うのです。
そこで以前から考えていた機材をここで投入し、重労働とはおさらばです。


じゃじゃ~ん!!
1
みのる産業『LSC-4 マット苗箱洗浄機』↓
http://www.agri-style.com/product_guide/detail.php?id=209

こちらは外タンクを外した、水路モード。
露になったメカニック部は繊細なので触ってはいけません。



2
作業途中で撮影会を実施する余裕。

本日のノルマ150枚。
過去の自己新記録は9~16時で100枚。
ペースはどんな感じでしょうか?



お昼のチャイムが田園に鳴り響きます。
3
只今の記録110枚。
遊びながら作業してもなお、びっくり日本新記録です。
轟次郎さんがこの場にいたらなぁ。

更に写真の通り、既に箱は十文字縛りがされています。
洗いながら撤収作業をしているということです。

ちなみにカタログ値は70~120枚/時間とあります。
それをしようとすると身体が壊れるくらいのスピードが必要とされます。
みのる産業は人造人間での作業を前提としているのでしょうか?


4_2
14時に作業終了。
150枚完納です。
自己満足。
体力気力ともに余力があるので、このまま田んぼ星景でも撮ろうかと思いました。


しかし、そこに夕焼け空を飛ぶ七賢が…
6
自分へのご褒美の七賢を呑んでthe endとなったのでした。

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

マナスルに立つ! 登山編

トレッキングや星で何度か来たことのある山。
もう少し標高の高い山に挑戦したいので、練習&行楽で行ってみました。

ゴールデンウィーク初日。
寒気も入ってきたようで空気が澄んでいたように思います。
今までの中で一番クリアな空で「楽しみだな~」。
グリーンシーズン営業初日でもあるので、山は混むのかな?


_1_
ちょっと心配でしたが、駐車場はマウンテンバイク含めて閑散としていました。



_1__2
早く登りたいですが、まだチケット売り場も開いていない(笑
ストレッチなどして小休止です。



_2_
ゴンドラ乗り場の行列は30人はいなかったと思います。
雲海の時は人も多く時間もないので、すし詰めで相乗りでした。
今日はグループごとにゆとり乗車。
一気に標高を上げて、地上がどんどん小さくなって行く様子は何度見てもワクワクします。



入笠湿原は山頂駅から直ぐのところです。
_3_
しかし直接そちらへ向かうのはもったいないので、山野草エリア経由で入笠湿原へ向かいました(写真は既に湿原の中)
白樺と小梨の林の中を進みます。



_5_
花の季節的には早いので期待していませんが、水芭蕉が少々。


とっとと歩いて御所平の花畑(旧スキー場)へ。
_6_
当然、花などなく枯れ野原。
体力温存のために登山道を迂回し、花畑の九十九折の遊歩道を歩きます。
ウッドチップのフワフワ感が気持ちいい。


登山道に合流して傾斜もきつくなってきます。
_7_
そして大雪渓が出現!
滑落しないように慎重に登ります(笑
が、先行する奥さんは雪のない別の道をさっさと行ってしまいました。



_8_
今度は断崖絶壁!
ちなみに撮影者(奥さん)は、鎖を使わずにさっさと登って行きました(笑



_9_
「つまらぬものを撮ってしまった…」

と、こんな感じで大袈裟に楽しみながら歩いて、あっという間に山頂です。


_10_
パノラマ山頂駅越しに、眼下は原村と水平目線で北横岳あたり。

| | コメント (2)

2018年5月12日 (土)

マナスルに立つ!  予告編風

マナスル…
ヒマラヤ山脈に属し標高8000m峰。
登山家、いえ、登山愛好家ならいつかは挑戦したい頂きではないでしょうか!!

そして私もついにマナスルに立ちました!
先ずはダイジェスト版から。


_6_
荒涼とした大地を突き進む。



_7_
延々と続く氷河地帯を行き。



_8_
断崖絶壁に挑む。
顔の表情がキーなんですが、顔出しNGなのでドロボーひげにて。



_11_
彼方には崑崙山脈、眼下にはシルクロード!



_18_
ええ、マナスル山荘で名物のビーフシチューを食べてきたって話でーす。

┐(´д`)┌ヤレヤレ


追記;
一応は星写真系ブログなので最近の出来高も貼っておこう。

_1

| | コメント (6)

2018年5月 3日 (木)

アンタレス周辺に挑戦 チャンスの後にピンチあり!

星空に向ける機会に恵まれないシグマ50-100Art。
ようやくそのチャンスが巡ってきます。

上弦に近い月が残る4/20の晩、というか月没後の4/21のことでした。
微妙に霞っぽい空でしたが、ここを逃せば空の条件がますます悪くなる。
月が沈むと夏秋の星たちが昇ってくる星空的には好条件。
内容が前後しますが、撮影した天の川写真等は既に記事にしてあります。

https://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-318b.html

いつもの撮影地。
透明度を求めてもう少し標高を稼ぎたいところです(ここは標高1500)
しかし標高以外に場所の選択が誤算でした。



誤算の気になる木(笑
_2__2
右側の巨大な白樺(赤道儀から見ると南東に鎮座)の存在は知っていました。
なので1時過ぎならアンタレスが現れると予想。
実際に現地で見たら、その時間になってもさそり座は白樺の向こう側。
木を避けようとすると、今度は別の木で北極星が見えなくなる始末。
更に1時間ほど待機し、2時過ぎから撮影開始です。
この日は2対象逝きたかったんですが、1対象で終了です。



巡ってきた撮影はチャンス!
いつも通り画像処理はピンチ!(笑
_2
EOS X4(SEO-SP4C+HEUIBⅡ)   シグマ50-100Artの50   f3.2   ISO1600   3.2分x24枚(加算平均合成)
PSCC2018   Rstacker   フラットエイド(旧)   GPD2   M-GEN   撮影日2018.4.21


今回はいろいろ入れてたくて焦点50にしてみした。
こういうところは広角だとカブリ補正が難儀するのでちょっと嫌なんです。
でも、
「いつまでもそんなことを言ってるのは誰ですか?」
「あんたれす」
ということで力量に逆らって挑戦しました。

画像処理的には、意図的に全体が若干赤めかもしれません(自分のモニターでは)
鮮やかなエリアを脳内イメージで処理したので、世に出回っている写真と比べたら「あれ?なんか違うぞ」?
情報を余すとことなく出したいのでついつい暴走してしまいます。

懸案のガブリ補正については、さすがカラフルな領域。
どこまでが天体成分で、どこからが光害成分なのか分かりません。
チマチマと補正をしますがラチも開かず、最後はフラットエイド(旧)に入れてみましたが、出てきた画像が逆に地味に思えてきてしまいました(笑。
なので、このまま我流補正のままとしました。
☆データに記載のフラットエイドはカブリ補正ではなくて星マスク生成で使用。

星空的には、最初は天の川もぼんやりで状態が悪いなぁと思ってたんですが、薄明が始まる頃は見事な星空になってました。
その頃に撮影した干潟星雲とか(試し撮りの1枚物、前回記事)は補正も殆どしなくて済ませました。

写真的には、赤黄青黒が目立つところで、それらを取り巻くように広範囲に青白っぽいものもあるようで、何とも面白いエリアだと思いました。
画角的にはどうでしょう?右上の青い馬か、左下の海老ボクサーかの選択に悩むところですね。

その他の思い出としては、夜間トレッキングに使う高輝度ライトを紛失。
空に向けてビーム照射して遊んでいたバチが当たったんだと思います(他人はいません)
これも割とピンチ。

ともあれ、久しぶりにこんなことができて楽しかったでーす!


小さな画像も置いておこう!

_2_2
ホントに小さいだけ(笑
パクったところを、いつの日かあの方に見ていただきたかったです。

| | コメント (6)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »