« 高遠コヒガンザクラの並木  ツバメ、ハチ、ゾンビ系 | トップページ | Wの悲劇 カシオペア座の運命 »

2018年4月22日 (日)

干潟星雲とかをシグマで撮ってみた感想

ツイッター版に時々登場する、波動エンジンことシグマ50-100Art。
SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM Artって奴ですね。

いつか星空に使えたらなぁと機会を伺っていまして、ようやく巡ってきました。
どちらかというと100以下のレンジで楽しみたいと思ってます。
今回、先日の星撮りの最後の時間で100㎜を試してみました。
干潟星雲とかのお馴染みのエリアを1枚撮りで簡易的ですが、こんな感じでした。


使用感。

妙なケラレが発現していない
今まで、クリップフィルターかミラー緩衝材か何かの影響と思ってました。
レンズを変えたことで変化が出たということで、もしかしてレンズ由来なのかなぁ?


やっぱり重い
1.5㎏はEF135の2倍の重量。
しかし三脚座があるのでセッティングには難儀しません。
赤道儀のオモリ(1.9㎏)も随分と下でバランスを保てました。


その三脚座が便利
90°ごとのクリック感で回転が停止できるので、レボルビング装置にもなります。
アルカ規格ではないので、私はアルカプレートを装着してクランプに取り付けています。
横構図が好きなのですが、L字ブラケットを使わなくても済みます。


なんだか格好良い!(笑
流行りっぽいシグマArtシリーズで、こいつはAPS-Cサイズ用でヘンタイ度が増している感じがします。
50-100と、なんとも異端的なレンジを持つズーム域。
広角側で撮影した写真をまだ見ていませんが、周辺像とか拘りが無ければ楽しめると思いました。



20140421img_0027_darksub_20180421_2
EOS X4(SEO-SP4C+HEUIB-Ⅱ)   シグマ50-100Artの100   f3.2   ISO1600   SS3.2分x1枚
GPD2   ノータッチ   PSCC2018   Rstacker   撮影日2018.4.21 
※インチキ星雲マスク使用


素敵な風景が無い撮影場所なんですが、撮影風景ってことで星景っぽいことをやって遊んでみました。
こちらも超久しぶりで、星空の自分カラーを忘れてしまってちょっと違う感じになってしまいました。

_1_

春の訪れが早く、この時季でも霞っぽい空。
空も微妙に明るい感じです。
結局、星空が綺麗だなぁと感じたのは、薄明が始まる直前頃でした。



Photo
上、50-100Art。下、EF135F2L。

|

« 高遠コヒガンザクラの並木  ツバメ、ハチ、ゾンビ系 | トップページ | Wの悲劇 カシオペア座の運命 »

星野写真」カテゴリの記事

コメント

ふみふみさんおはようございます。
遠征に行くと2~3日疲れが取れないじじぃです。
シグマ50-100Artいいレンズですね、欲しいけど高いっ!
駐車場の撮影風景もきれいです。

投稿: 夕焼け熊五郎 | 2018年4月22日 (日) 07:39

おはようございます。
ほぼ同じ構図に、思わずアーっと(Art)叫びました。
いいレンズですね。
にしても、1枚撮りでこの表現はすごいです。
インチキ星雲マスクってのも、気になってますが(笑)

投稿: おりおん | 2018年4月22日 (日) 10:13

>夕焼け熊五郎さんへ
あ、自分も2~3日腑抜けになります。
やはり、夜に起きているのは身体に悪いですね(笑
桜か星野か迷いましたが、山に出かけてよかったです。
でも星景もやりたい!

投稿: ふみふみ | 2018年4月22日 (日) 11:40

>おりおんさんへ
舌好調で何よりです!
世の中、フルサイズ機にアポゾナーかシグマの135。
そこに喧嘩売っています!!
前にベランダで同じところ撮ってコンポったんですが、一枚撮りのこちらの方が写りは良いです。
澄んだ空と低光害は天体写真の基本ですね。
ええ、撮影は本物しか撮りませんが、画像処理はインチキばかりしてます。
白黒の星雲マスクの、干潟星雲を黒くしたりね(笑

投稿: ふみふみ | 2018年4月22日 (日) 11:48

こんにちは! 
この1枚みると、今の時期大活躍しそうですね。どんどん使えるじゃないですか!
でも、ふみふみさん、土曜はお酒をお楽しみだったんですね~

ズームレンズ1本持って遠征行くと、いろいろな撮り方ができるんだなあって
この晴れまくった週末に実感しました。
まさに「周辺像への拘りがなければ」とも思いましたが、
撮ってる楽しさがあるんですね。

「アルカ規格」っていうの、存在は知っていましたが、
その便利さというのは知らず、今まさに経験しています。
いろんな部品買っていくと、「アルカスイス」かどうかって、案外ポイントなんですね。

投稿: ミッチー | 2018年4月22日 (日) 13:32

>ミッチーさんへ
タムロンの15-30も神レンズ。
星景から広角星野で楽しめそうですよね。
ええ~、アルカ規格の便利さ今頃ですか!(笑
自分なんてアリミゾってどこに有るか?ってくらい、アルカ規格で統一してますよ!
安いしね(笑

投稿: ふみふみ | 2018年4月22日 (日) 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高遠コヒガンザクラの並木  ツバメ、ハチ、ゾンビ系 | トップページ | Wの悲劇 カシオペア座の運命 »