« 怒りのぐるぐる -9℃? | トップページ | 閉店時間のショッピングセンターと北斗七星 »

2018年2月17日 (土)

ブラックホールを取ったどぉ~!  撮ってないです

ついにデジカメのブラックホールを取りましたよ!

↓その時のツイッター


写野真ん中、やや上あたりに周囲よりも黒い空間の歪が出現!
いかにも光をも捻じ曲げる巨大重力の塊のように見えます…??
この正体は果たして!!?


ええ、撮ったんじゃなくて、こいつを取ったんです(笑

最近になってデジカメのセンサーゴミが目立つようになりました。
SEO-SP4Cはセンサークリーニング機能が使えず、ゴミが着いたら自分で何とかするしかありません。
方法はペンタ棒、スワブ、シルボン紙などありますが、今回はスワブを使いました。

…が、センサーの掃除なんて緊張で余裕なし。
肝心な”センサーを拭き取るシーン”の写真が抜けてしまいました。
なので、How toとしては役に立たない記事です。
また、ネタの性格上、写真が全てグレーの世界でつまらないです。
以上2点、あしからず。


ゴミはこんな感じです(背景のムラは、適当に曇り空に向けて撮影したためです)
1
真ん中あたりにデカいのがあり、細かなのも見受けられますね。
以前は無かった(目立たなかった)ですが、いつ入ったんだろう??



センサー掃除の手順

3
スワブのセットを購入しました。
液体はアルコール臭は感じませんでした。
成分が書いていなくてよくわかりませんが、ボトルの底に消費期限はちゃんと書いてありました(笑。
取説では2~3滴をスワブに染み込ませて拭き取れとあります。

その前に、2~3滴が妥当なのか??
レンズ保護フィルターに塗って(掃除して)揮発具合を確かめてみました。
スワブを使う人はこれをしてからの方が良いです。
4
スワブが汚いのは、試しにいろんなところを拭いたので。
新品は綺麗です。

その結果、想像していたよりも蒸発が遅いと感じました。
2~3滴だと拭き跡が残りそうだったので、私は1滴をアルミ箔に垂らしてスワブ先端に”ちょこん”と浸す作戦で挑みます。
汚れ度合で必要量は変わるかもしれませんね。



カメラのセンサークリーニング機能でミラーアップさせます。
途中で電源が切れてミラーが閉じてしまわないように、充電はしかりしておきましょう。
拭き掃除の前に、ブロワ―でシュッシュッと予備クリーニングをします。
この段階で試写をします。
2
あれ?ゴミが吹き飛んだ感じですね。
よく見ると細かなゴミは取り切れていない様子です。
しかし実用的にはこれでも良さそうです。
予備クリーニングで除去できたので拍子抜けでした。

ところでHEUIB-Ⅱを外して撮ってみたのが上の写真です(撮って出し)。
初めてこんなことしてみましたが、結構赤くなるのですね。

これで除去できたのはラッキーと言うことなのでしょう。
でも折角なので、拭いちゃいます。

センサー部の拭き掃除の写真がありません。
代わりに、液晶部分で練習拭きした時の写真でお楽しみください(笑



5
スワブの棒は樹脂製で弾力があります。
力を込めて拭くと、棒がある程度しなります。
他人の体験動画では、棒がしなる程度で拭いても大丈夫とのことでした。

6
そもそもセンサークリーニングと言いながらもCMOSセンサーを直に触っているのではありません。
SEO-SP4Cの場合はセンサーの前にあるクリアフィルターを拭いているだけなのです(でも、それが重要なんでしょう)
今回はしならない程度の力でなぞりました。
すると…



61
予備クリーニングで取れたと思っていたゴミが出現。
どこか端っこに隠れていたんですね。
なのでスワブを交換して更に拭きます。



ゴシゴシというより、センサー上を撫でるように一気にサーッと拭きます。
スワブの片面で往路1回、残りの片面で復路1回。
往復1本使用というイメージです。
途中で手を止めると、その部分にゴミや液体が残留するかもしれませんので、拭くときは端から端まで拭くのが良いでしょう。
また、スワブは消耗品と考えて使用した方が良さそうです。
使いまわすと、前回の汚れがセンサーに付着するかもしれません。



7
練習1本と清掃2本でこのようになりました。
厳密に見れば小さな汚れは残っています。
実用レベルで目立たなければ良しとします。
以降は実写で確認と言うところです。

拭き取ったというよりも、撫でたことでゴミを端に寄せたという感覚です。
ですので再び出てくる可能性はありますが、コツが分かったので次回は怖いもの無しでしょう(笑。
SEO-SP4Cは、フィルターにフッ素コートされていて掃除が容易ということです。
特異な汚れでない限りはブロアーだけでも良いかもしれませんね。


更に試写。
あぁぁ、またゴミが!
8
というのは冗談で、ヘリコプターなのでした。

|

« 怒りのぐるぐる -9℃? | トップページ | 閉店時間のショッピングセンターと北斗七星 »

日常写真」カテゴリの記事

コメント

これ気になってたやつ!
わたしはペンタ棒を使っていて
頑固な汚れのときはシルボン紙を割りばしに巻き付けて
無水アルコールでふきふきしますが
一度、それでセンサー交換の刑になってしまったので
このスワブを使おうか考えてたところでした。
使用感レポートありがとうございます。

お礼にセンサー掃除の秘技を!
センサーに静電気などで付着した小さなごみ
(記事にあるようなゴミが動くようなやつです)

カメラを手動クリーニング状態にして
あとは家庭用掃除機の吸引をMAXにして
吸引口をカメラマウントにかぶせます。
(長くする棒はつけないで)
ちょうど掃除機の吸引口ってカメラのマウントと
同じくらいなので少し隙間が空いたりしたところは
手でふさぎます。

するとカメラ内が真空状態に近くなり
頑固なゴミ以外はほぼ除去!!

という少々強引ではありますがとっても楽です。

ただ、掃除機によっては相当な吸引力なので
カメラ内のメカが壊れる可能性も。。
自己責任の範囲でお願いしますm(_ _)m

投稿: 道端小石 | 2018年2月19日 (月) 21:46

>道端小石さんへ
なるほど、静電気で付着なんですね。
だったらふきふきする必要なかった。
そういうゴミは、仰るように掃除機で吸引が良さそうですね。
未経験者ですが、この清掃は難無くできたという感じです。
まぁ、センサー交換の刑になるほどヤバいことしてませんが。
ペンタ棒でぺったんぺったんより、サ―サ―と2回で済むので作業は楽かなと考えて、こっちを選んだ次第です。
お試しあれ。
秘伝の掃除は…、怖いので使いません(笑

投稿: ふみふみ | 2018年2月21日 (水) 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怒りのぐるぐる -9℃? | トップページ | 閉店時間のショッピングセンターと北斗七星 »