« 車山の星空1 これは登山なのか? | トップページ | 車山の星空2  意外と空が明るくて… »

2017年10月 8日 (日)

雲海撮りに出掛けて 運に見放され奥義発動!

雲海を撮りに行ってきました。
前日のヤマテンによる雲海予報は50%。
早朝の山頂はガスって、8時過ぎには雲海が見られるでしょうとのことでした。
なのでサンライズ雲海は今回もお預けのようです。

富士見パノラマスキー場への道中は、低空の雲と霧で予報は低いけれど期待度120%です。


さっそく搭乗です。
2
ガスってます。
こんなんで大丈夫なんでしょうか?
いや、絶対に上はいい天気!



3
低空と高層の雲に挟まれて八ヶ岳が見えてます。
まだまだこんなもんじゃないはず。
数分後に山頂駅に到着。



4
って、ダメだこりゃ!

紅葉(黄葉)は始まっているようですが、ちょっと中途半端に早い感じ。
ピークは来週以降でしょうか。
陽が射せばもう少し輝くと思います。
霧の中では紅葉も地味な色合いです。


待てど暮らせど霧が晴れません(泣
5
薄日はあるものの風が無い、五里霧中状態です。
1時間以上、このような状態。
適当にコンデジで撮影してます。
これが後々の仇となります。
霧の風景写真はAFが効きにくいって初めて知りました。

晴れそうで晴れない。
いつもウチから見えている入笠山は晴れてるんですけど。
人が登ると何故曇る?



6
おおー!
あれよあれよと晴れ間が広がります。
展望台にいる皆さんから歓声とシャッター音。
でも八ヶ岳はちょっとだけ顔を出したのみ。



7
1回目の雲海タイムでは、富士山と南アが良かったです。
霧が取り切れないのが残念です。
展望台だとゲレンデのネットとか電柱とか、余計なものが入ってしまいます。
絵的には悪いです。

しかし、この後にあっという間に霧に包まれてしまいました。
更に粘ること2時間以上。

第2回雲海タイムがやってきました!
今回は大本命というか、山の霧の全部がサーっと引いて行く感じ。
ここからの雲海写真はいろいろ見ますが、生で見てとても感動しました。
八ヶ岳との距離感が絶妙。

コンデジだけど撮りまくるぞーと、気合を入れ直します。

……と、ここで不運(自分が悪いのですが)に見舞われます。
人の感動を無視して、機械は無情かつ正直です。

真っ赤に血塗られたバッテリーを交換して下さいという文字が液晶に出ます。
鏡筒を強制収納するモーター音が無慈悲に鳴り響きます。


ダメだこりゃー!!


電池の蘇生を試みましたが、活動むなしく1回だけ撮れました…
本日、貴重な一枚。
8_1
この後に霧が晴れて、青空、八ヶ岳、雲海、太陽、紅葉の大パノラマです。
カメラがダメなので写真家誰もが持っている最終にして最大の奥義、心の印画紙に焼き付けておきました(笑


初挑戦でしたので、撮影場所とかの勝手がわかりませんでした。
今回の場所だと、ダサ写真になることがわかりました。
上の写真の網の向こう(立ち入っても良い)にプロらしい人がいます。
道理で一般人がいる場所に寄り付かない訳です。
この人が当初陣取っていた場所を確認したら、ベストポイントでした。
帰りにちゃっかりとロケハンをしました。
カメラはコンデジでしたので、機会があれば装備もちゃんとして挑戦しようと思います。

|

« 車山の星空1 これは登山なのか? | トップページ | 車山の星空2  意外と空が明るくて… »

日常写真」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー。霧の写真を見て「おっ、こっちも同じ!」と思いました。
こちらは7日夜に濃霧注意報のようなものが出ていたようです。

しかしこの顛末、ふみふみさんには悲劇としか言いようがないでしょうが、
めったに見られない「奥義」というものを見せて(?)いただきまして、誠にありがたいです。
ロケハンの成果もあることですし、お楽しみがまだまだあるってことですね!

投稿: ミッチー | 2017年10月 9日 (月) 15:11

>ミッチーさんへ
私はこの雲を見て、ベランダに干して来た洗濯物が気になって気になって…
怒りのぐるぐるの後に充電したつもりだったんです。
まさかハイライトシーンで電池無くなるとは!
ですね!これではリベンジモードですが、ここの雲海はスキー場の営業と連動なので、
月齢と営業終了との関係で。ま、来年もあることですし。
で、思ったのは広角よりも夏に買ったArtな中望遠ズームが良いのかなと。
へへへっ

投稿: ふみふみ | 2017年10月 9日 (月) 17:10

キター-------
ぼくも山の上で何度かありまーす。
予備交換しても赤い文字という経験も(笑)

この時期の雲海は見ごたえありますもんね
でも、数時間も雲海チャンスまで待ってたってことですよね??
辛抱といいますか、持久力見習いたいで~~す。

投稿: 道端小石 | 2017年10月 9日 (月) 21:23

>道端小石さんへ
夜、星景で雲海に出会ってもあまり迫力無いですが、
今回、明るい時の雲海を見て驚きました。
雲のぐにょぐにょとか、向こうに見える山の迫力とか。
今回は雲海のみ目的だったので3時間ぐらい霧の中で待機です。
下手に登山初めて、その間に晴れたら元も子もないですしね。
1回目は一瞬、2回目で電池切れ…
ついてなかったです。

投稿: ふみふみ | 2017年10月10日 (火) 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 車山の星空1 これは登山なのか? | トップページ | 車山の星空2  意外と空が明るくて… »