« 最後の力を振り絞って撮った 怒りのぐるぐる | トップページ | さらば、カールおじさん  遅咲き桜はもう一点追加 »

2017年5月27日 (土)

遅咲きの桜4  星景写真をやったら出た(何が?)

梅雨も近いと言うのに、未だに桜を引きずってます
桜星景の目的は天の川とのコラボでした。

しかし、町に近いだけあって写真に光害の悪い影響が出ています。
いえ、それをカバーできない自分の腕前のせいなんでしょう。
月没後の天の川に、写真の期待は高まりますが、イメージしたようになりませんでした

それと、撮影の設定ミスがあったようで以降の写真は殆どをボツとしました。
今回は桜を撮りたくて、ISOを低くして露光を長くしてみました。
それで出来た写真は、足元は真っ黒(地上に対しては露光不足)。
中途半端な追尾モード(0.7倍速)で、星も風景も流れ出してしまう始末(露光長過ぎ)。

そんな失敗の中から選りすぐり(?)を紹介して終わろうと思います


20170505_10
田んぼへの水面反射が人気ですが、こればかりでは飽きが来ます。
わたくし的星景写真は、『脚で撮る』を心情としているので、脚を使いましょう。



20170505_11
もっと寄ってみました。
見上げるような位置で撮影です。
外灯が背後にあって、気を付けないと撮影者の影が写ってしまいます。
逆に外灯に近寄った効果で、花びらに色が出るんじゃないかと期待しました。
が、カスミザクラはもともと白っぽい花
これ以上いじると不自然になるのでやめました(ちょっといじってます)。
一枚撮り長時間追尾でブレブレはご容赦を。

更に近寄ったショットもあるのですが、全部ゴミ箱へポイ

撮影者は他に1名、路駐の人。
この方は動きが無く、撮影しているのかいないのか分かりません。
一応、身をかがめて無灯火で撮影しています。
もっと大勢の人がいたら、こんなことはできませんね。

先ほども言いましたが、この位置で撮ると撮影者の影が入ります。
なので露光中は中腰とウ○コ座りで姿勢を低く保ちましたら…

そんな撮影をして帰宅すると、久しぶりに出ましたよ
撮影中に出会った桜の精霊よりも、もっと恐ろしい物体
『G』または『Zi』または『』が

軽度で済んだので事なきを得ていますが、我を忘れて目の前の被写体に夢中になっているとロクな目に遭いません。
皆さんも撮影の際はお気を付け下さい




20170505_12
とても中途半端なパノラマですが、全体像はこんな感じ。

|

« 最後の力を振り絞って撮った 怒りのぐるぐる | トップページ | さらば、カールおじさん  遅咲き桜はもう一点追加 »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

ふみふみさんおはようございます。
良いですねー素晴らしい構図で桜も綺麗、これからは夏の天の川だぞーと言う感じが見えます。
その前に田んぼの帰るの行進曲聴いてからかな。

投稿: 夕焼け熊五郎 | 2017年5月28日 (日) 08:15

>夕焼け熊五郎さんへ
この記事を書いている頃は、昇ってくるのも早くて良いですよね。
でも、もうすぐ梅雨。私は全然堪能できてませんよ。
マンション周りも田んぼなんですが、帰る行進曲が毎晩騒がしいです。
でもリズムが一定なので、寝室で聞いているとすぐ寝落ちしてしまいます。

投稿: ふみふみ | 2017年5月28日 (日) 14:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後の力を振り絞って撮った 怒りのぐるぐる | トップページ | さらば、カールおじさん  遅咲き桜はもう一点追加 »