« 雲海星景 締め出しを喰らう(泣 | トップページ | 天文薄命? 薄情なカノープスと意外と情が厚い流星痕 »

2016年12月 3日 (土)

病を押して星を撮る めまいがしてきた(笑

新月期週末はよく晴れる(多分、まぐれ)

もう病気だろうと仕事があろうが、出掛ける選択しかありません。

ということで11/2に蓼科某所で星撮ってきました。
この某所という言葉は嫌いなんですが、スキー場じゃない冬場の貴重な秘密の撮影地なので場所名は非公開にします。あしからず。

でも、このブログ内の過去の記事や前世のブログには実名報道してますけどね

ということで、スキー場照明を嫌って出掛けたのですが、結果的には失敗でした。
ホームの北八は帰宅する3時頃まで照明は点いてませんでした。
インフラの良いあっちにしておけばよかったです。
一方、富士見パノラマは星の撮影地ではないのですが、当初は消灯してましたが23時頃から点きました。
各スキー場の作業計画書が欲しい今日この頃です。

さて本題です。
病といっても、周期1~2年の変光星のごとく極大がやってくる尿路結石なんで大したことないです。
もっともそれは初診時にそう言われただけで、その後は”だろう”で過ごしているので結石かどうかも怪しいです。
いつものところがいつもくらいに痛いです。
2年越しの五十肩が治って、1~2年周期の尿路結石再発


でも、新月期週末の絶対的晴れの予報は逃したくない。
気合い入りまくりで、前日に翌日の夕飯の下ごしらえまでして備えてましたよ。

星景をやるにはイマイチな場所ですが、カメラ3台稼動でいろいろ撮っておきました。
10月の車山山頂以来のカノープスにも出会えました。
しばらくネタが凌げそうです


普段は怒りまくっているロングぐるぐるですが、今回は『喜びのぐるぐる』を紹介します。
撮影も終盤になってくると、寒いのと飽きが来てしまって中途半端に息切れしてしまたです。
自分基準には到達しませんが、まぁまぁなロングぐるぐるができたと思います。

ISO感度上げ過ぎて星の描写は失敗気味ですが、”怒りシリーズ”と違ってこんなに沢山の星が写るのはやっぱり楽しいです


ぐるぐるミニ
Output_comp
ご覧のように風景は面白くも何ともありません。
ここでは星が楽しめれば良いや
これは最初の1枚目の10分間の様子です。
左上にカシオペア座や天の川がある時間帯です。

目標5時間でセットして放置させます。
寒いので5時間ぐらいで電池が切れるだろうと思ったですが、終わってから電池残量マークは減っていませんでした



やり過ぎたぐるぐる
Output_comp_2
X4  トキナー11-16の11  f4.5  ISO400  10分x28枚(約4.7時間)  比較明合成

記事タイトルでは病による目眩を連想させていますが、星が回り過ぎてこれを見ていると目眩がするとというだけの単純な話です

|

« 雲海星景 締め出しを喰らう(泣 | トップページ | 天文薄命? 薄情なカノープスと意外と情が厚い流星痕 »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

ふみふみさんこんにちは
昨日は全国的に星撮り屋日和だったみたいですね。身体は大丈夫ですか、無理をなさら無い様に。
私も疲れてゆっくりしてます、カノープスもしっかり水平線から昇るまでずっと見てました。

投稿: 夕焼け熊五郎 | 2016年12月 3日 (土) 16:07

> 夕焼け熊五郎さんへ
こちらも良い空が広がってました。
そしてそんなに低温にならなかったので、ずっと外にいましたよ。
身体は…2~3日後に出てくることでしょう(笑。
今日はコタツの中で冬眠してまーす。

投稿: ふみふみ | 2016年12月 3日 (土) 17:08

おはようございます。
健康でないと天体観測はできませんから、お互いに健康維持に努めながら頑張りましょう(^^)
それにしても、ぐるぐるはすごいですね。
目が回ってまた事故っちゃいそうです(笑)

投稿: Mr.JDIS | 2016年12月 4日 (日) 08:36

こんにちは。
昨夜は予報通り曇りましたね。晴れた夜で撮影が続いていたので
私もホッとしました。グルグルは、木立のシルエットが着物の襟のように
斜めに重なって面白いですね。
自転のダイナミックな動きや吸い込まれそうな感じもいいですね。

投稿: ヤマボウシ | 2016年12月 4日 (日) 09:13

>Mr.JDISさんへ
車も身体も健康第一ですね!
目回りますか!?
すみませんねぇ。
もうちょっと感度さげてスッキリさせればよかったですね。
回りすぎて、星酔いにも注意です。

投稿: ふみふみ | 2016年12月 4日 (日) 11:04

>ヤマボウシさんへ
曇りでホッとできるとは羨ましいです(笑。
着物の襟とは想像力が豊かですね。
ならば、これは男ですね。
あ、それそれ。自転のダイナミックってのが見たかったんです。
もうちょっとガンバリます。

投稿: ふみふみ | 2016年12月 4日 (日) 11:08

こんにちは。お体ご自愛ください。比較明合成は星の色がはっきりわかっていいですね。赤や青がこんなに出るのは1枚の露出時間が長いからでしょうか?

投稿: みち | 2016年12月 4日 (日) 12:11

>みちさんへ
気合と根性で今は快方傾向です(笑。
星色は、空の状態、撮影(設定や露光)、画像処理の3要件で決まるように思うのです。
私のこの手の写真の場合は、先ずは撮影で何とかしたいと考えてます。
星が飽和しない程度にたっぷり露光してやる。
そのために時間、ISO、f値を適度に設定する。
具体的には光害の影響が無い場合は、低感度で時間を掛ける方が色は乗ってくれるのかなぁ?
正直分かりませんが、色という観点から今回のはISO高すぎと思ってます。
ついでにレンズも普通のやつなので、紫と青のフリンジも出てます(笑。

投稿: ふみふみ | 2016年12月 4日 (日) 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雲海星景 締め出しを喰らう(泣 | トップページ | 天文薄命? 薄情なカノープスと意外と情が厚い流星痕 »