« 快晴のカリフォルニアにはコネはありません | トップページ | 蓼科あたりの星空3 今までありがとうございました! »

2016年12月25日 (日)

ドMが”カイっカン”した写真 テンタイかヘンタイか?

暗電流ノイズを消す方法はダーク減算だと思います(他に知りません)。
しかし、どういう訳だか、いつもと同じような手順でやっていたのに消せません。
消せないどころか、ダーク減算すると妙なノイズ(ムラ?)が乗る始末

ダークフレームは先日のカリフォルニア星雲の時と同じなのです。
ちょっとした撮影時の差異で影響が出たかもしれません。
カリフォルニア星雲に当てた時はいつも通りだったんですけどね。

今回の写真はダーク減算しないので、強調処理で派手な真っ赤なのが出ると思ったら不思議なことに出ません。
なんか変なの

撮影は途中でM-GENが星ロストしたので、大半はノータッチ追尾となってしまいました。
強拡大すると星像が伸びてしまいました

こんな写真を載せるのはプライドが許さない…
と思ったけど、天体写真に関してはノープライダーZなので気にしない気にしない

65
と、例えばこれが素直(しかし駄作)なんでしょう。
『何か黒い物体が写って、よかったよかった』って。
実はこれは処理し直した何版目かなんですが、何度やってもこうなります。


そしてやり直す前の写真は恐ろしいことに

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ
66
EOS X4(SEO-SP4C+HEUIB-Ⅱ)  EF135F2L  f4.5  ISO1600  6.5分x16枚加算平均
GPD2  M-GEN(大半はエラー)  Rstakerダーク減算(できず)  PSCC2014   撮影日2016年12月2日

ヒアデス星団の北側のエリアの写真を、いろいろな方のブログでもたまに見かけます。
地味めな雲なんだけど、宇宙の色合いとはまた違う感じが、ちょっと憧れでした。
勘導入でやってるので、どんぴしゃな導入にはなりませんでした。
『この地味な物体は、自分でも撮れるんだろうか…?』

エラー写真なので、基本的に面白くない写真と考えていました。
そんな写真なのに加算平均合成だけは一丁前にやってみました。
コツコツとトーナメント式。
労力掛けるとこ間違ってますね。

なんだかいろんなのが出ちゃった
左下の白っぽいのは単なるカブリなのか?
右上は急に真っ黒な宇宙空間??
赤いのはノイズなのかHナンチャラ的な宇宙の成分???

奸風発迷…
出そうで出ない、消せそうで消せない。
ちなみに絵ではなくて写真です。あしからず。

ドM男的には(くどいですが天体写真に関して)、このような対象の画像処理をすると悶絶寸前に追い込まれるので嫌いじゃありません
でもこいつを何とかしようとすると、やはりドSな性質が必要ですね。
こりゃ天体写真というよりも、変態写真ですな


炙ると”ニョキり”と浮き出る黒い棒のような物体が現われてきます。
それを見ると思わず『カイっカン』っと言ってしまいます。
機関銃の弾の数ほどに、撮影枚数と調整レイヤーは稼ぎたい対象ということが良くわかりました。
610
特にカイっカンした奴


さぁ、新月期の年末年始はよく晴れ……そうも無いんですけど

|

« 快晴のカリフォルニアにはコネはありません | トップページ | 蓼科あたりの星空3 今までありがとうございました! »

星野写真」カテゴリの記事

コメント

ふみふみさんおはようございます。
「プライドが許さない」う~んな事言われたら私の画像なんか1枚も出せません(笑)色んな写真の撮り方、処理方法、ブログがあるから面白いのではないでしょうか、上手、下手、綺麗、そうでない、私は毎日ブログ見て楽しいです。

投稿: 夕焼け熊五郎 | 2016年12月25日 (日) 08:07

>夕焼け熊五郎さんへ
いろんな人のいろんな個性を楽しみたいですよね。
なので私もブログの時はノープライダーに変身、いえ変体できるのです(笑
普段から変態ですけどね。

投稿: ふみふみ | 2016年12月25日 (日) 08:14

ほんと変態ですなー、でも、1枚目はあんまりスケベじゃないですね(笑)
2枚目みたいなのみると、こいつらを綺麗に出したくなるもんですが、
1枚目も萌えます!
黒いのは良いですよ、やっぱり。

投稿: ミッチー | 2016年12月25日 (日) 11:04

> ミッチーさんへ
爽やかなヘンタイと、グロいヘンタイが世の中に居ると思うのです。
天体なら前者を目指したいのですが、どうも後者になりがちです。
海外物の見すぎですかね(笑。
この年末年始、ミッチーさんのヘンタイ写真の量産を期待してます!

投稿: ふみふみ | 2016年12月25日 (日) 13:46

こんにちは。
すごい分子雲ですね!
6.5分×16コマでここまで炙り出せるんですね^^
EF135F2Lもアポゾナーに負けてませんね。
次回も期待しています(^^)

投稿: Mr.JDIS | 2016年12月25日 (日) 14:10

>Mr.JDISさんへ
凄い分子雲の割りにフォトショップの扱いが雑(笑。
天体写真というと1コマの露光が長いほうが有利と思ってます。
でもそれはフィルムの場合なんですけど、どうもデジアナ混同で、
長めに取ってしまいますよ。
一方で長いと枚数が稼げなくてノイズの問題も出ますよね。
カメラが古いので、その辺のさじ加減も難しいです。
来年は810Aとアポゾナーでさっさと撮ってしまおうかしら(マジ?)

投稿: ふみふみ | 2016年12月25日 (日) 15:52

こんにちは。
ヒアデス星団の北側のエリアというのは分子雲の宝庫なんですね。
しかし、これだけモクモク出て来ると、やりがいあるでしょうね。
仰る通り撮影枚数も稼ぐと効果的な処理が出来そうな気がします。
私も次回期待してます。

投稿: ヤマボウシ | 2016年12月26日 (月) 05:12

>ヤマボウシさんへ
何度やっても素直版から化けないんですよ(泣
とりあえず来年のこの時期辺りで、撮るものなかったらリベンジしようと思います。
主な物体は普通に写るにしても、見えそうで見えない淡いのがぐんぐん出てきたときには
ちょっと感動してしまいました。

投稿: ふみふみ | 2016年12月26日 (月) 07:15

おはようございます
素直版も素直で素敵です。モクモク分子雲に煌めく星々が綺麗ですな。
が、やり直す前版は迫力がありますねー!!これはすごいです。
たしかに淡いガスや分子雲を抽出してると、「ほんと、これでええんかいな・・・」と心配になったりしますよね。
でも、おそらくこの領域はこれで正解なんでしょうね。分子雲の立体感もハンパないですな。
私も撮りたくなってきましたよ。
来年は810Aとアポゾナーですか。いいな~。

投稿: おりおん | 2016年12月26日 (月) 09:06

>おりおんさんへ
タチ悪いのは、素直版からやり直す前版への再現ができないことです。
もうちょい、爽やかなグロい写真にしたいのですが、何をしてこうなったのか思い出せなくて(笑
これぞ悶絶の恐ろしさですな。
”とし”に引き続き、おりおんさんのも期待しております。
はい、来年は810とアポで写真を撮れれば良いですよね。
X4の銘板の上に810Aと書いたビニルテープでも貼って撮りまくろうと思います。

投稿: ふみふみ | 2016年12月26日 (月) 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 快晴のカリフォルニアにはコネはありません | トップページ | 蓼科あたりの星空3 今までありがとうございました! »