« 暗いから良いと思った携行ライト | トップページ | ゾンビ2 復活のポンデリングとマンボウ »

2016年9月22日 (木)

そろそろ再起動? 祝・横構図化

以前に、”部品名が異様に長い部品を作った”という記事を紹介しました。

https://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-4802.html
要約すると『カメラを載せた時の赤緯軸のバランス改善のためにワンオフ部品を作ったけど、これによって縦構図しかできなくなった』ということなんです。
しかし、私は諦めていませんでした。横構図

あの日以降も、無い金と知恵を絞りながら虎視眈々とその時を狙っていたんです
単純に回転装置でも良いんでしょうが、そこまで投資する腕前も無い。

で、L字プレートとクランプの組み合わせでどうにかしようと考えてました。
ようやくK社から部品が届いたので組み立てました。
なお、この方法は斬新ではなく、念願の横構図記念ということでのネタ記事です。


その前に、今使用しているL字プレートの問題点はこんな感じです。
そのL字プレートは、安価な汎用品です。
安価で汎用性が故に、気軽に使えコスパも良いと思うのです。
今も星景写真の時は使っていますが、私のカメラには使い難い点も多々あります。

1
普通は縦構図プレートはSDカードスロットとは逆側(端子側)に取り付けます。
しかし、このプレートの場合は、正規(?)な取り付けをするとタイマーリモコンが装着できなくなります(プラグ端子とプレートとクランプの勘合が悪い)。



2
なので苦肉の策としてスロット側に装着しています。
そうすると今度はプレートがスロットカバーを塞ぐために、カードを取り出すにはいちいちプレートを外さないとなりません。
また、カメラ底部の電池蓋も同様です。
(ケーブル接続でPCにデータを取り込む方法もあるのですがね)



そして、このプレートを使って赤道儀に載せて無理やり横構図を作ろうとすると…
3
カメラはこのような装着となります。
上の写真ではカメラが縦なので縦構図のように見えますが、北を上にした構図の場合はカメラは縦に着けることになります。


問題はこの後です。
宇宙には縦横も左右も無いと思います。
が、地球の重力に魂を引かれている旧タイプな私はこう思うのです。
「靴底は地面に接地していた方が安心するように、物体の底面は地面を向いていた方が使う時に目が回らない」


つまり、上記の装着で南天を狙うとこうなるのです。
4
カメラの底部が天頂を向きます。
実際これでさそり座を撮ってみて、とてもやりにくかった経験があります。
そんなのは画像処理で180°回転させれば良いという声もあるでしょうが、私は撮影動作としてやりにくかったです。



で、横構図にするために先ずはカメラに合ったL字プレートは無いものか?
探したところ、何故今時にそれを売っているのだろう?という部品を見つけました。

『EOS X4用アルカ規格L字プレート』
他のXシリーズにも装着できるかは知りませんが、説明はX4専用となってました。
アマゾンの説明は、怪しげな日本語訳でX4にジャストフィットする趣旨の説明がありました。
それ本当
騙しじゃないでしょうね
「あ゛~、やっぱり○国製の騙し部品」ってならないでしょうね



そうしたら…
5
なんとジャストフィットです
良い意味で騙されました
①正規な取り付け(?)をしても端子&コードがストレスなく配線できてます。
②なのでSDカードもプレートを外さなくても出し入れができます。
③プレートは電池蓋を塞がないので、これまたプレートを外さなくても電池交換が可能。
特に③ができるようになったので、撮影途中で電池交換も容易にできるようになります。
一対象3回の電池交換するくらいに撮りましょうか



で、平プレートとL字プレートとクランプの組み合わせで横構図ができるようになりました。
6
今度はカメラ上部が天頂を向くので、動作が楽になりました。

一応は星系のブログを目指しながらも、この半年間は撮影に行っていません。
あれこれ理由はあるのですが、機材的にはもう少し使い勝手を良くしたという野望があって機材を出す気にもなれないでいました。
ネタにしたのも、していないのもありますが、星景機材も星野機材もこれを以ってホボホボ自分向けのカスタマイズができたと思います。

使い勝手が良くなった機材でそろそろ再起動
これからは、どんどん出掛けて撮りまくってやるぞ~、と心にだけは誓うのでした。

よ~し、早速、次回の新月期は…
げっ、半期決算で星どころじゃないやっ

|

« 暗いから良いと思った携行ライト | トップページ | ゾンビ2 復活のポンデリングとマンボウ »

日常写真」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
いろいろと工夫されてますね~。
機材も揃って、いよいよ再起動ですか。
「靴底は地面に接地していた方が・・・」わかります。わかりますよぉ~。
私も直焦点撮影でカメラを回転させたとき、底面が上になってるとどうも落ち着かないんですよねぇ。
宇宙に上も下もないんですけどね(笑)結局、いい感じになるまでカメラを回してます(笑)

投稿: おりおん | 2016年9月23日 (金) 10:26

> おりおんさんへ
あとM-GENのケールブルを柔らかいのにしたら、収納がしやすくなりました。
撮影地もこの夏に探索しているので、フリーズしないように頑張ります。
やっぱ、重力には逆らえませんね。それが人間ってやつですよね(笑。
一生、宇宙に行けないや(笑。

投稿: ふみふみ | 2016年9月23日 (金) 12:27

再起動。
いいですね。
私もそろそろ。。。
バッテリーも交換可能とは。
それゃ専用間違いなし。
私もポチりそうだな。。。

投稿: びっけパパ | 2016年9月23日 (金) 23:25

> びっけパパさんへ
なんか久しぶりですね。
阪神は低迷してたけど、こっちは御嶽海が好調なのでまぁまぁです(笑。
そろそろ行きませんか?スキー(笑。
この部品一個で、目の前の霧が晴れたように思いましたよ。
で、もう一個欲しくて買いに行ったら既に売り切れですって。
思い切る時は思い切った方が良かったです。

投稿: ふみふみ | 2016年9月24日 (土) 05:25

再起動おめでとうございます。
いろいろ工夫されてますね!
私もレボルビング装置とDS38を使ってツインシステムの完成を目指してます^^;
独りで行くときは、カメラレンズ撮影の方が楽でいいんですよね^ ^
あとは、快晴の秋空を期待したいですね(^^)

投稿: Mr.JDIS | 2016年9月25日 (日) 19:48

> Mr.JDISさんへ
再起動おめでとう(笑。
めでたいこともないのですが、機材パワーアップでやる気スイッチを入れてみました。
自分に扱い易い方が、長続きするような気がして細々と収集していましたが、これ以上
集めると抜けられなくなるので、この辺で打ち止めにしようと思います。
JDISさんも、抜けられないほどの機材構築がんばって下さい!(笑。

投稿: ふみふみ | 2016年9月26日 (月) 07:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暗いから良いと思った携行ライト | トップページ | ゾンビ2 復活のポンデリングとマンボウ »