« 諏訪湖上花火大会4 課題山積で終了 | トップページ | 暗いから良いと思った携行ライト »

2016年9月17日 (土)

戦利品シリーズ 凄い科学誌発掘(笑

戦利品
実家に帰省するたびに物置から漁った、懐かしめるアイテムなどを指します。
諏訪地方では消滅した巨大本屋、丸善松本店でマニアックな本を買ったりするのも含まれます。


さて、先週のこと。
家族の集まりがあったので実家物置を物色しましたら、日経サイエンスやニュートンなど目じゃない、科学誌を発掘できました。
昔の天ガとかスカイウォッチャーとか天文と気象とか、そんなのではないです。
若き研究者たちの、熱き研究成果が掲載されている総合科学誌です。



こ、これは
1
松本市児童生徒科学作品集(昭和58年度版)
学校で推薦されたらこの作品集に載せてもらえる感じです。

この時代のこの手の雑誌の著作権や肖像権等の権利保護がどうなってるか良く分かりません。
この載せ方が良いのか悪いのかも分かりません。
ダメだったら削除しますので指摘くださいね。



私の時代は『夏休みのひとり一研究』と呼んでましたが、他の学校や地域にも別の呼び方があると思います。
ク○暑い夏に、若者が熱き研究をしなければならないんですよね。
しかも信州の夏休みは短いので、時間のかかる研究はできません
ちゃんとした成果を出すために、2か月ぐらい夏休みがあっても良いんじゃないかと思います。


で、当時を懐かしむのが戦利品ですので懐かしもうと思います。
私が懐かしむのはこのページなんですね。

2
モザイク部には研究者3名(ひとり一研究じゃないじゃん!というツッコミは無し)の名前が記載されています。
そのうちの一人が、当時天文少年だった”ふみふみ”です
今は疎遠になっていますが、当時はこの3人でしょっちゅう星を見てました。
そんなふみふみも、今じゃ天体写真もロクに撮れない普通のおっさんです。
確かその前年は、一人で灼熱の太陽の下で太陽黒点のスケッチをしたと思います。



観測日時は8/11~14の0~4時となってます。
貴重な夏休みに3日間も昼夜逆転の生活してたんですね。
もったいない
4
眼視観測の結果から、この時のペルセ群は14日早朝が極大だったそうです。
ま、他の日が曇りがちだったのかもしれません。


全目録を見ると、他校の生徒もペルセ群観測をした結果が載ってました。
彼ら彼女らは、今も星を見続けているんでしょうか?

冊子には、このような科学的な研究から道祖神や秀吉の研究まで、多岐にわたってます。
「みんな凄いなぁ~」と思いますが、これは夏休みの宿題なので強制的に何かやらされたんだと思います


5
研究成果をまとめてくれたのは他の2名の方です。
私はその時何をしていたのか記憶がありません

…多分、溜っている夏休みの宿題を片付けていたんだと思いまーす

|

« 諏訪湖上花火大会4 課題山積で終了 | トップページ | 暗いから良いと思った携行ライト »

日常写真」カテゴリの記事

コメント

ふみふみさん おはようございます。
とても素晴らしいお宝ですね早く見つけて欲しいと呼んでいたのだとおもいます。

投稿: 夕焼け熊五郎 | 2016年9月17日 (土) 06:58

> 夕焼け熊五郎さんへ
あの頃は若かった(笑。
このようなデータの蓄積や集積ができれば”良い観測データ”なんでしょうが、
なんせ夏休みの宿題としてこなすのがやっと。
大気や水質汚染の調査なんてのもあって、昔の子供たちが将来の自分たちに警鐘
を鳴らしているように感じました。
意外と奥が深い。

投稿: ふみふみ | 2016年9月17日 (土) 07:45

こんにちは
おぉ~!!これはまさにあのアインシュタインもまったく参考にはしなかったという科学作品集ですね!!
しかし内容が濃いですね。眼視だけでなくFM観測もしてるところがすごいです。
雲っても大丈夫ですもんね。かなりの天文少年だったんですね~。
しかもまとめを友人にまかせて自分はちゃっかりやり残した宿題をする。さすがです(笑)


投稿: おりおん | 2016年9月17日 (土) 11:49

> おりおんさんへ
鶴光のオールナイトニッポン聞きながらFM観測(爆。
アインシュタインさんに、タイムマシンで届けましょうか!?
『嘘だぁ~』って言われそうですが(笑。
宿題はちゃっかりというよりも、膨大な量に青色吐息で片付けていたかもしれませんね。

投稿: ふみふみ | 2016年9月17日 (土) 15:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 諏訪湖上花火大会4 課題山積で終了 | トップページ | 暗いから良いと思った携行ライト »