« 山の日に川に行ってみた | トップページ | 横谷峡で滝巡り2 密林地帯を行く »

2016年8月13日 (土)

横谷峡で滝巡り1 横谷峡の歩き方

8/11の山の日に、川にハイキングに出掛けた時の記事です。
目的は、恒例の(?)健康増進体力維持と、そのうち多分やるかもしれない氷曝星景のロケハンです。


出掛けた先は、蓼科高原の横谷峡です。
昨年の今頃も出掛けていますが、ここが好きってわけではなく、昨年は消化不良の撮影だったのでいろいろとリベンジを果たしたかったということです
星や風景で本ブログをご覧の方には参考になりませんが、先ず横谷峡の滝巡りをしたい方のためにヤマレコ的なことを書いておきます


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
滝は4つありますが、全部見たい方は山歩きの格好が必要で、それは渓谷入口の看板にも明示されています
リゾート地なので、ドライブ途中やホテルから散策という形で普通の格好で上流の滝を目指している人ともすれ違いますが、私はそういう時は、笑顔であいさつ、心の中で「ご愁傷様」と言います
コースは、上流の横谷観音駐車場から下流の横谷峡入口を、片道で目指した方が楽です。
片道ということは、車を何処に停めれば良いのか?という問題も出てきます。
その辺も、本編では書いて行こうと思います。
そして、横谷峡はグリーンシーズンより紅葉シーズンの方が楽しそうです。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横谷峡は家から30分ぐらいと近場ですが、この日は6:30に家を出ます
昨年の教訓から、車は横谷峡入口にある環境客用の駐車場に停めてバスかタクシーで上流部まで行って、あとは渓谷を下るコースを採れば、全滝制覇が可能だと考えました。
よって、朝一の麦草峠行き登山バスに乗る必要から早朝に出発したわけです


夏休み中の登山バス(麦草峠行き)で心配なことがありました。
経験上、茅野駅で赤岳方面(美濃戸口行き)のバスが激混みしているというイメージだったので、こちらは途中乗車できるか心配でした

乗車率は5割程度で余裕でした。
皆さん、白駒池や北八方面を目指すのでしょう。
このバスを、早朝に横谷峡入口で乗って横谷観音入口で降りる変態ハイカーは私たちだけでした

星だと真っ暗道を運転、昼間でも運転者なので道端の風景など楽しめませんが、バスなので道中の様子が分かって良かったです。
バスだと時間の制約がありますのが、ちなみにタクシーだと2000円位と書いてありました。バスは400円。


20168111

影の長さから朝が早いというのが分かります。
横谷峡入口でのバス待ち中に、ジョギングしている人や登山と思われる車が何台も通過していきます。
ここはまだ標高が1200位で少し暑いです。



20168112

横谷観音入口(バス停)から横谷観音駐車場までは暫く徒歩です。



20168113

長い長い道のり。



20168114

と言うのは冗談で、5分も歩けば到着。
駐車場に展望台がありますが、それは既に堪能しているので撮影はさっと済ませます。
南アルプスの山々が霞んでます。



20168115

道中の安全祈願。



20168116

お決まりの案内図。
この図で言うと、バスで登って徒歩で下る、という作戦です。
横谷観音~王滝~おしどり隠しの滝の区間は激坂と道細なので、そういう意味からしてこのような作戦にしました。
昨年は観音Pに駐車して王滝付近を巡って観音Pに戻って来ましたが、復路で待っていたのは地獄の激坂登りでした。



20168117

観音堂の展望台から眼下には王滝や茅野市の街並み、向こうは北アルプス。
遠景は常に霞んでますので、PSのかすみ除去で霞を除去してあります。
実際は、見た目も写りも何となく真っ白でした。


ここから山道スタートです。

|

« 山の日に川に行ってみた | トップページ | 横谷峡で滝巡り2 密林地帯を行く »

日常写真」カテゴリの記事

コメント

ふみふみさんこんにちは
山の日にロケハン行かれたのですね、暑さ吹っ飛ばす様な涼しそうなところですね。
私も行きたいがパートナーがいないので一人では行きません。

投稿: 夕焼け熊五郎 | 2016年8月13日 (土) 15:01

> 夕焼け熊五郎さんへ
信州人に山の日と言われても、そもそも山の中に住んでるので実感湧きません(笑。
むしろ、山の人です。
おりおんさんと高原にバカンスってどうでしょう。
ただしリゾート地に牛はいませんが人はいますので、パンツ丸出しは禁止ですよ。

投稿: ふみふみ | 2016年8月13日 (土) 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山の日に川に行ってみた | トップページ | 横谷峡で滝巡り2 密林地帯を行く »