« 怒りのぐるぐる総集編  | トップページ | テッペン獲ったどぉおお 八子ヶ峰トレッキング5 »

2016年6月12日 (日)

最南端?に行ってみた 八子ヶ峰トレッキング4

八子ヶ峰公園をトレッキング中です


前回紹介忘れましたが、どうもこの辺りは模型飛行機?マニアの聖地になっているようで、あちらの高台にもベンチが据え付けられており、人が行ったり来たりしている様子が見えました。
7
そう言えば以前に八子ヶ峰(女の神側)で星景をやったことをブログで紹介した時に、模型飛行機を飛ばしたことがあるとのコメを頂いたことがありますが、そう言うことだったんだと納得です



8
で、リフト小屋のあるところで少し遊んでから、更に登ってみます。
強風が吹き荒れていることを前回の記事で書きましたが、この後にこの人の帽子が飛ばされてゲレンデを転がり落ちるハプニング
登った坂を再び下って拾いに行く敗北感…



10
登り切りました
ここは山頂ではありませんが八子ヶ峰の稜線の南端部分で、なかなかの展望がありました。
前半戦に登った東峰は北~西の展望がありませんが、こちらは全周見渡せる感じです。

※クリックでワイドビューへ
11
真ん中あたりが北東方向です。
白樺湖のある辺り(建物が見える辺り)が北となります。
ここではアーチ天の川は、蓼科山を跨いで見えそうな感じです
ん~、撮りたいぃ~!
遠くは美ヶ原、晴れていれば北アも見えるかもしれませんね。



12
峰は強風が吹き荒れています。
陽が出ている分だけ暖かく感じます
ベンチがあるので、ここでおやつタイム



13
位置関係はこんな感じです。
西峰はしらかば2in1スキー場のリフト降り場近くにあります
通常はロイヤルヒルのコースを登ると、分岐点で西峰に行ってしまいますが、私たちは逆サイドにいるという感じです。
山頂へは2in1からのアクセスが最短ルートだと思いますが、ゲレンデへの進入の可否はちょっと分かりません。

気になる森の熊さんは、八子ヶ峰の西峰付近で目撃情報があったですが、それも数年前のことで今は不明です。
今度、熊に出会ったら聞いときます

ここはテッペンは無いけど、恒例のテッペン記念写真を撮ってないのでちゃんと撮りましょう。

|

« 怒りのぐるぐる総集編  | トップページ | テッペン獲ったどぉおお 八子ヶ峰トレッキング5 »

日常写真」カテゴリの記事

コメント

ふみふみさん おはようございます。
八子ヶ峰トレッキング楽しく拝見しました、いながらにして各地の様子見れるのはいいです。
足腰弱ってもうこんなのは出来ないです、また見せて下さい。

投稿: 夕焼け熊五郎 | 2016年6月12日 (日) 09:37

帽子拾って戻ってくる敗北感はわかるわかる(笑)
ここの天の川は絶景でしょうね。
でも森の熊さんいらっしゃるんですか??
うーーん、それはちょっと怖いですね。。
撮影プランは、日のあるうちに登る。
設営後、固定撮影開始、ラジオを鳴らして食事と仮眠
起きてから天の川撮り放題!!
どっすか?

投稿: 道端小石 | 2016年6月12日 (日) 10:35

> 夕焼け熊五郎さんへ
もう少し天気が良ければ広角で風景を撮ったんですが、この日は遠景はイマイチでした。
季節的にも春先で緑が少ないですが、こんなんで楽しんでもらえれば幸いです。

投稿: ふみふみ | 2016年6月12日 (日) 12:35

> 道端小石さんへ
小石さんのプランは、ゆったりプランですね。そういう余裕の行動はやってみたいですねぇ。
天の川狙いはスキー場クローズ後の4月となるので、私だったら真夜中の暗闇を一気に登ってさっさと撮影、かな。
あまり早く行って天の川昇るまで、そこに居られる自信なし。怖いし寒い(笑。
最初に行った東側は森があるので熊も居るかもしれませんが、こっちは稜線なので林に近付かなければ多分大丈夫。

投稿: ふみふみ | 2016年6月12日 (日) 12:49

おはようございます。
ホントいいロケーションですね^ ^
ご自宅の近くにあるなんてうらやましい〜
ここなら固定撮影でもけっこういい写真が撮れそうです!
でも、グルグルだと目が回りそうで下山できそうにありません(笑)

投稿: Mr.JDIS | 2016年6月13日 (月) 05:37

> Mr.JDISさんへ
なにせ山国なもので、近所はこんなところだらけです(笑。
確かに目が回ってしまいます、、、って、人が回って撮るわけじゃないですって!
こんなツッコミでいいのかなぁ??
でも、目が回るような写真、そんなのに挑戦したいです。
スキー場営業期間前後のオフシーズンで予定ですね。

投稿: ふみふみ | 2016年6月13日 (月) 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怒りのぐるぐる総集編  | トップページ | テッペン獲ったどぉおお 八子ヶ峰トレッキング5 »