« 先撮りのオメガ星団(前編) ポタ赤不調 | トップページ | 戦利品いろいろ »

2016年1月 4日 (月)

先撮りのオメガ星団とか(後編) ポタ赤がパワーアップ?

私のポタ赤はタカハシのスカイパトロールです。
ドイツ式ユニットまで買ってあってフル装備で星野写真をやろうと思っていたのですが、何度やっても追尾不良となるのであきらめて星景用のポタ赤で使うようにしました。
が、ここにきて大した過重でもないのに広角でも星が流れるようになって来ました。
不調の原因を探っているうちに、取説にこんな記述を発見しました。

ギアを固定している『ネジは出荷時に調整してあるのでいじらないで。いじってもきつく締めすぎないで。』
以前に私は一度ほど、いじって、きつく締めませんでした。
『もしかしてこの状態は、きつく締めなかったのではなくて、”緩い”のかなぁ』と考え、今度は今までの感じよりもきつく締めてみました。
TG-SPを使っている人は知っていると思いますが、あれには赤径と赤緯に微動ハンドルがあって便利なのですが、微動ハンドルが今までよりも”重い”と感じるくらいにギア固定ねじを締めます。
そして試運転では合格。

さて、今朝のこと。
ポタ赤のテストを実施したところ、私としての規定の焦点70㎜で1分の追尾は合格レベルでした。
多分、星景写真として使う分には直りました。
このテストを何度やっても同じ結果です

で、これでオメガ星団を狙おうと待機しているうちに、私は良からぬことを考え出します。
『もともと星野用に買った赤道儀だし、タカハシだし、実際にやっている人もいるし。。。
実はもともとメーカーが調整している固定ねじが緩すぎて、ギアが滑っていた(空回りしてウォームに力が伝わらなかった)のでは???』

今度は135㎜を載せてテストしてみました。
135+スカイパトで星野写真をやるつもりではありませんが、ベランダでお気楽ショットを狙う時には赤道儀よりも使い勝手が良いので、”使えたら良いなぁ~”という助平根性です。

結果、なんと1分程度なら十分耐えられることが分かりました。
ドイツ式ユニットなし。極望はアングルプレート35の穴。
ユーザーの私に言わせると、ネジを締めたらポタ赤が直ったというよりも、ポタ赤がパワーアップしたという感じです。
これには驚きでした。
買った時の初期テストではドイツ式でも全く機能せず、心の中ではタカハシ唯一のバカ赤道儀だと思っていました。
しかしこれならば、フォーク式(?)のアンバランスな状態と極軸穴だけでも遊べそうです。
「タカハシさん、御見それいたしました。」

気を良くして長焦点で先撮りをいくつか狙ってみました。長焦点といっても135㎜ですが。
遊びなのでデータなんてどうでもいいですが、全部『X4(SEO-SP4C)+HEUIBⅡ EF135F2L f5.6 iso800  45~60秒x6~8枚加算平均 TG-SP フォトショップ ダークなし フラットなし 時々トリミング』です。

先ずは、星野写真好きなら待ち遠しい、さそり座の頭の星雲群です。
今年はちゃんと挑戦してみようかなぁ。。

さそり座頭部のカラフル星雲たちを先撮り
はい、何も写ってません(笑。
sh2-1とかある辺りです。
左上は金星です。大きくすると星は流れていますが、縮小は最大の画像処理なので、このような状況では問題ありません。


次は、こと座のM57です。

こと座のM57ドーナツ星雲の先撮り
小さ過ぎて意味不明です。カメラ液晶で拡大すると色の違いが分かりました。


こと座M57をトリミングで拡大
超拡大。楽しくなってきます。


そしてオメガ星団です。前回の記事でシミュレーションはばっちりです。

入笠山上空に見えたオメガ星団のギリギリショット
ギリギリオメガ星団達成。
このボヤーっとしたのを液晶で見た時には山頂の外灯か何かが写っているのかと思いました。
なので、この時点ではまだオメガ星団だと確信していません。
ちなみに星団の左側の山は入笠山の山頂部です。


2016年1月4日早朝のオメガ星団
ボヤーっとしたのが動いていたので、これがオメガ星団だと確信しました。
オメガ星団は肉眼で見える大型の星団として知られていますが、低空にあるので観測しにくいです。
この時季は空気が澄んでいるので撮影は今頃から春先まででしょうね。
写真左下からは駅の光害が攻めてきています。この光害の影響が少なくなる所に現れてくれて良かったです。
駅上空にオメガ星団が見えるとは、恐ろしいほど大都会な茅野市ですな。

時間は6時ごろでした。
あまりにも楽しくて、はくちょう座の散光星雲まで行ってしまおうかと考えているうちに薄明で時間切れでした。

|

« 先撮りのオメガ星団(前編) ポタ赤不調 | トップページ | 戦利品いろいろ »

星野写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私はタカハシのポタ赤を持ってないので詳しくはわかりませんが、怪我の功名というか...
パワーアップしてよかったですね^ ^
今後の星野写真を楽しみにしております!
入笠山の横にオメガ星団ですか...
ほんとうに大きそうですね!
何か私もスカイメモSで撮りたくなっちゃいました(^^)

投稿: Mr.JDIS | 2016年1月 4日 (月) 22:26

> Mr.JDIS さんへ
たまたま調子よかったのかもしれませんが、調子が戻ったようで良かったです。
しかも長焦点の可能性を見いだせるおまけまで。
オメガは写真にすると大きいので、カメラレンズでも楽しめます。
普通の赤道儀でしっかりやるのも良いですが、ポタ赤との組み合わせで、お気軽撮影をするのも
楽しいものですよ。

投稿: ふみふみ | 2016年1月 5日 (火) 06:57

えぇーーーーっ!!早くもリングにオメガですかっ!!
先にやられたーっ!(笑)
いやほんと、すごいです。
それにしても、オメガ星団ってほんと大きいですよね。
はくちょう座は私が先にいただきます。・・・って競い合いじゃないですね(笑)

投稿: おりおん | 2016年1月 7日 (木) 18:20

> おりおんさんへ
先撮りは、新しい季節を感じることができるのでわくわくしてきますね。
どんどん狙って下さいよ。次の課題は…はくちょう座よりも先にケフェウス座
の星雲なんてどうです?(笑。
オメガ星団は地上の何かと比較してやると大きさが分かりますね。
自撮りで人物比でやってみたいと、かねがね思っているのですが。

投稿: ふみふみ | 2016年1月 8日 (金) 06:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 先撮りのオメガ星団(前編) ポタ赤不調 | トップページ | 戦利品いろいろ »