« なぜか元旦に茅野市街をぶらりした | トップページ | 八ヶ岳と四惑星の日周運動 熊避けダンスとは? »

2016年1月 2日 (土)

八ヶ岳全景が望める里山

地元民にも殆ど知られていない通称『世界一八ヶ岳が綺麗に見える展望所』。いつか私も行ってみたいと思っていました。
場所を簡単に説明すると、そこは某里山の山頂付近にある城跡で地元地区の人が簡易的な展望所を造成した所です。展望所までは余り整備されていない森の歩道を10分ほど歩かなければなりません。しかも、その山は獣避けの網の外側。私も今まで夜の高原や湿原、樹林帯を彷徨って星を撮ってきましたが、状況がリアル過ぎ。夜間に歩いた山の中で最も怖かったです。

近所でブログを書いている方がその山のことを記事にしているのを見かけたのが、この場所を知るきっかけです。その方が確か世界一八ヶ岳が綺麗に見える場所だと言っていたと思いますが、地元民として正に同感な場所なのです。

話は逸れます。
茅野市は八ヶ岳の麓にあって割と広い市営公園がいくつかあるのです。が、その殆どの公園から八ヶ岳の展望が悪いです。ワザと八ヶ岳を見えないように造っているとしか言いようがない造りです。
むしろ、初期の頃に私が良く行った北八の某展望台、私が日常のトレッキングをする散歩道の某所、そして今日のこの場所のような、地区の人たちが自分たちのために整備した”ちょことした広場”の方が展望が良かったりします。
山の展望がどれだけ観光資源になるか分かりませんが、八ヶ岳の麓にあって八ヶ岳が見えない茅野市の公園はまったく魅力がありません。そんな訳で、私のような星景写真を近隣で楽しんでいる者にとっても、今日の撮影地は目から鱗な場所だと思いました。
ただし、展望は八ヶ岳方向のみ。八ヶ岳一本勝負な場所なのです。

話を戻します。
ぶっつけ本番でここに来たのですが、森の中で迷いました(場所は車道から森を10分ぐらい歩かなければたどり着けない)。星景写真を撮りに行って森で迷ったのはこれで2回目ですが、まさかこんな里山で再び”遭難”の文字が脳裏を横切る羽目になるとは情けない。
初めての場所に夜間に森に入るのは危険ですね。しかも、ここは獣避けネットの外側。いかにも”この山、獣出ます”って感じの山で焦りました。

ちょっと長くなってしまいましたのでメインの写真は後日にでも。
って、なんじゃそりゃ~!

先にロケーション全景を載せておきます。
画像クリックで大きめな写真になると思います。

蓼科山から八ヶ岳、南アルプス、入笠山まで見渡せる展望所

北八から南八、つまり八ヶ岳全景です。そして南アルプスと入笠山まで見渡せる約180°パノラマです。富士山はここでは見えないそうです。
これを撮影した時間は日周運動を撮り終えた6時近く。みるみる薄明が迫っているのが分かりました。
世界一綺麗に見えるかどうかはそれぞれの感性にお任せしますが、一つだけ確実に言えるのは、いつもの撮影地よりも2倍の八ヶ岳が見える超広角でお得な展望所なのでした。
車山の某所でも全景が見える場所はありますが距離感が違います(こっちが近い)。これだけの超広角で、尚且つ山のすそ野も見えて、更に東から南東方向…つまり賑やかな星座が昇ってくる部分に主峰赤岳が来てくれる場所は、多分そうそう無いと思います。

しかし展望はここまで。逆サイドは暗い森が広がっています。
撮影に夢中になっていて、気が付けば森の熊さんの熱視線を背後に感じたのでした…。と言うくらいな山相です。
実際、歩道の入口に”獣捕獲の罠が仕掛けてあるから気をつけろ”という猟友会の看板があったり、ドングリがコロコロしていたり、大きなウ○コ(猟犬か猪か熊)を2ヶ所で発見。私は、この日開発した”熊避けダンス”で2時間熊と闘っていました。
※実際に熊が出るかは分かりません。熊も出そうな豊かな山だという言う意味です(でも、きっといる)。

|

« なぜか元旦に茅野市街をぶらりした | トップページ | 八ヶ岳と四惑星の日周運動 熊避けダンスとは? »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
ヤフーブログからこちらに引越されていたんですね!
こちらでもヤフーブログ以上の素晴らしい作品を楽しみにしています^ ^
天体観測中にクマはさすがに恐いですね^^;
私もまだ経験がないので、経験したくないですけど(笑)
今年もよろしくお願いいたします(^^)

投稿: Mr.JDIS | 2016年1月 2日 (土) 09:28

空の色合いがすごく綺麗ですね。
薄明が始まっている時間帯だからでしょうか。

八ヶ岳はホント綺麗ですね。
富士山は構図に入らない方が良いと思いました(富士山に全てもっていかれる為)
この場所、凄く期待できそうですね。

この辺りはツキノワグマでますか?
九州は熊がいないらしいので山に入っても余計な心配をすることなくて羨ましいですよね。

投稿: JBL | 2016年1月 2日 (土) 14:28

> Mr.JDIS さんへ
コメントありがとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。
一応旧姓からは脱皮しているつもりなんですが、芸風は簡単に変わりませんね。
出来るだけ地元民ならではな、地元の星空を探していこうと思っています。
熊と騒いでも、天体観測中に熊に遭ったという記事は読んだこと無いので
大丈夫なのかなぁ?ま、用心に越したこと無いですね。

投稿: ふみふみ | 2016年1月 2日 (土) 15:16

> JBL さんへ
6時近くで空がみるみる明るくなってきました。
この後に比較明合成の記事を載せるつもりですが、最後の方のでは薄明で被ったら困るなぁという
タイミングまで露光していました。晴れた日の早朝は空が綺麗ですよね。
富士山についてはそういう考えもあるのですね。貧乏性だとあれもこれもと思ってしまいます。
この辺(この地区)でツキノワグマが出たと騒いでいるのは聞いたことないですが、もうちょっと郊外に出れば
目撃情報とか看板があったりしますね。でも数年前は家の裏山から住宅地に降りてきて大騒ぎになったことも
ありますよ。きっとどこにでもいるんでしょうね。
あ、ちなみに確か…九州でも復活したとかいうニュースを昨年に聞いた気がします。違ったらごめんなさい。

投稿: ふみふみ | 2016年1月 2日 (土) 15:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なぜか元旦に茅野市街をぶらりした | トップページ | 八ヶ岳と四惑星の日周運動 熊避けダンスとは? »