« サイトポリシー(2017.7.30更新) | トップページ | sh2-240を処理してたら心身疲弊して残骸になった »

2015年12月23日 (水)

カノープスに挑戦

12/18に星撮りに出掛けたもう一つの目的はカノープスを見ることです。今日の撮影地は
星景写真をするにはイマイチな場所ですが、ここでのカノープスの可能性を探っておきたかったのです。

 

カノープスは、りゅうこつ座の星で全天で2番目に明るい星です(ちなみに1番はその上空に輝くシリウスです)。しかし南天の星座のために日本からは超低空にしか見えず、光害や大気減光によってをその明るさを体感することができません。

中国では南極老人星と言われていて、日本ではいわゆる寿老人。長寿祈願の星ということで天文マニアでは知られています。
一目見ると長生きできるそうですが、ストレス社会に生きる現代人。私の場合は喫煙も飲酒もするので、一目見ただけでは長生きできそうもありません。100回見て”おこないの悪さ”が相殺されて、200回見てようやく長生きですかねぇ(笑。

私の撮影地(北緯35~36、内陸の盆地)だと、この星を探すのは標高1600以上が無難で、1800を超えると余裕で見ることができます。もちろん見える方向がひらけていることが前提です。標高を稼ぐ必要はありませんが、稼いだ方が何かと観察に有利になるということです。
それだけレアな星ということになります。カノープスが見える(撮れる)と、嬉しくなってついついブログの記事にする人がいますが、実は私もその一人なのです。
今日の撮影地は1500であることと南側に山の稜線があって条件が悪そうですが、果たして見えるでしょうか?

既に南中時刻を過ぎた頃ですがなかなか見えてきません。低空に雲があるのか、地理的に観望不能な場所だったか…。眼視できなくても写真には写ることもあるので、適当にシャッターを切りながら時間を潰しました。
そのうち飽きてきて、撤収モードになろうとした時に超低空に一つの光点が見えました。これはラッキーです。

想定していたよりも西側から出てきました。
遥か南側に見える山は南アルプスの峰々です。
その直ぐ上空に明るい一点の輝きがわかりますかね?

りゅうこつ座のカノープスは全天で2番目の光度

なるほど、ここではこうやって見えるのですね。
シリウス(写真の真ん中の下、地上と空の境目に一点の明りがあります)

昨年は10月にゲット。今年は天気の巡りあわせが悪くて機会を失っていましたので12月となりました。
カメラの位置が悪くて手前の木が邪魔ですが、移動せずにここで粘りました。横構図にしたり画角狭めで撮ったりしてみましたが、この星は冬の星座と共に納めるのが一番しっくりくると思いました。


これを少しトリミングしてみました。
ポタ赤が不調で星が流れ気味ですがこんな感じです。

南極老人星



さらに拡大。

寿老人

カノープスの下に見えている山の名称が分かりませんが、南中時にはあの山の向こう側に隠れているのだと思います。そして仙丈ヶ岳(?)に向かって移動してやがて沈む。こんなパターンのようですね。
稜線スレスレに見えているので、この地域でのカノープス限界標高かもしれません。
ここは地平高度に遊び無しの、推定30分間ぐらいしか見ることができませんでした。

こんな貴重な時間を使って、まだ誰もやったことが無いであろう東の空に昇っている”木星とカノープスのコラボ”を狙って構図を調整しているうちに見えなくなってしまいました。
この企画は現地で思い付いたのですが、後日ステラナビでシミュレーションしてみたら、私の機材ではそれはギリギリ出来なかったことが判明した次第です。
無駄な時間を費やしてしまいました

|

« サイトポリシー(2017.7.30更新) | トップページ | sh2-240を処理してたら心身疲弊して残骸になった »

星景写真」カテゴリの記事

コメント

カノープス、かなり明るいんですね。御地では簡単に見えそうに思うのですが、やはり滅多に見られないものなのでしょうか。
私の住む新潟県では北限ぎりぎりに加え、南には県境の山々が立ちはだかっていますので見るのはほぼ無理と言われていました。でも苦労の末、2年前ようやく写真に納めることに成功しました。
その辺の顛末は私のブログのカテゴリ「新潟からカノープス」にまとめてありますのでよろしかったらご覧ください。
眼視では双眼鏡使っても見えたかどうかの確信がないくらい暗かったので御利益のほどはどれくらいかはわかりません。今度は眼視したいと思っているのですが、アクセスが難しいところであれが最初で最後かもです。

投稿: まるひ | 2015年12月24日 (木) 00:01

> まるひさんへ
コメントありがとうございます。つたないブログですがよろしくお願いします。
まるひさんのカノープス記事は、以前にも拝見させてもらっていますよ~。
確かに新潟~福島は北限っぽくて観測も厳しそうですよね。
そんなギリギリの中での撮影ができたことは嬉しかったことでしょうねぇ。
ご利益は、そういう厳しい条件下の方が効くかもですね。
私はあと196回見ないとダメそうです。頑張ります(笑。

投稿: ふみふみ | 2015年12月24日 (木) 06:51

初めまして。

こちらの記事に刺激を受けて「カノープス」にチャレンジしてみました。
幸い、自分の住む地域は真南が水平線という環境ですので、低空に雲が無ければ見える事が分かりました。
ただ、雲が覆っている事の方が多いですけどね(^^ゞ

これで、元気に長生きできるでしょうか・・・。

投稿: カメラde遊ing | 2015年12月29日 (火) 08:15

> カメラde遊ing さんへ
コメントありがとございます!
ココログ初心者で使い方がよく分かりませんが、カメラde~さんのブログもコミュニティ経由で拝見してます。
カノープスウォッチングはハラハラして楽しいですよね。私は深夜の路上で1万円拾った気分になりますよ。
海岸は常に水蒸気との戦いですが遮蔽物が無い分有利ですよね。羨ましいです。
この星を見過ぎると200歳まで寿命が延びてしまうので、ほどほどにしましょう(笑。

投稿: ふみふみ | 2015年12月29日 (火) 12:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サイトポリシー(2017.7.30更新) | トップページ | sh2-240を処理してたら心身疲弊して残骸になった »