カテゴリー「日常写真」の記事

2018年1月 8日 (月)

ニッポンのモンサンミシェル  パート2

8月の里帰り時。
松ぶらでの”ニッポンのモンサンミシェル”↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-7c8f.html

この時、星空と合わせたら格好良いかなぁと考えていました。
しかし、そこはアーバンな松本市街地。
星はきついかなぁ。


松本城の星空の実力!!
2
新年会帰りで、酔っ払い&手持ちなのでブレはともかく。
「おお、意外と星は見えているぞ!」
ウチとあまり変わらない(笑

そもそも、夕方から曇りでにわか雪という天気予報。
なので機材は置いてきました。
ちょっと悔やまれました。

ほろ酔いで松本城公園を暫くうろうろ。
数枚を収めましたので紹介しておきます。


ニッポンのモンサンミシェル(夜の部)
※画像クリックで拡大
Photo
風もありますが、堀の鯉が泳ぐのでなかなか波紋が治まりませんでした。
これ以上、ここで粘っていると凍死しそうだったのでほどほどで撤収。



2_2
ライトアップが激しく、輝度差があって意外と難しかったです。
これなんか、既に白トビ制御不能。
ちなみに橋のたもとにはオオハクチョウが就寝中なので、撮影はお静かに。

| | コメント (0)

2017年12月 9日 (土)

ご来光雲海4  いい加減にして下さい

ハイ、いい加減にします!
最後は、虎の子のシグマ 50-100mm F1.8 DC HSM  Artで撮影した何枚かを載せておきます。
この日、初めて家の外に持ち出したのでした。


広角側の50はAPS-Cサイズで撮る風景写真には少し狭いようにも思います。
一方でズームできるのでいろんな画角で切り出せられるのが楽しいです。

_1


_2

_3


_4


_5


_6

何枚か撮ったうちの1枚が、NHK長野『撮るしん。』で紹介されました。
まさか放送まで行くと思ってなかったので、その日は見逃しています。
メールのチェックも怠ってました。
今年、思い切って買ったレンズで撮った写真が、いきなり使われました。
それだけで元を取ったように思いました(笑

天体写真への実践投入はまだまだですが、いつものEF135F2よりも広めの宇宙にも早く挑戦してみたいものです。

それはいつになるのやら。。。(汗

| | コメント (4)

2017年12月 2日 (土)

ご来光雲海3  閑散とした後半

いまだに引きずる、ご来光雲海シリーズ。


人でごった返していた展望台の人波が消えていました。
_8
ありがちな、恋人聖地にある鐘。
爽やかな朝に鳴らすと、意外とうるさい(笑



陽が射しても、まだまだ霜が残ってます。
_9
11月上旬だと山はこんな感じ。



_10
雲海はまだまだ続いています。
撮影に夢中だったので気が付かなかったですが、人が居ません。
陽が高くなったところで、皆さん散策へ出発したようです。



_11
こちらも、朝は(今も朝なんですが)ごった返していたカフェ。
ゴンドラ運航に合わせて開店するので、ホットドリンクなど飲みながら鑑賞するのも良いかも。
ちなみに、見えているベンチには霜がベッタリと張り付いています。



_12
下りのゴンドラ車中より。
富士見より東は晴れています。
久しぶりに上から富士見町を見たら、ソーラー発電のパネルがあちこちに増えてました。



_14
スキー場一帯は落葉松が主ですが、広葉樹も落葉前でキラキラしていました。

コンデジ編は終わり。
しつこく、シグマ編へ続く。

| | コメント (2)

2017年11月25日 (土)

ごじだ  世界を救うのは救世主か?ヒーローか?

溜まったゴミをリサイクル活用してみました。
地球にやさしい、天体写真。。。
土星の画像はパブリックドメイン、あとはオリジナルの写真を使用しています。



無限に広がる大宇宙。
3_2
八ヶ岳西麓に住んでいる縄文人が、御柱祭で盛り上がっていた頃。
宇宙の遥か彼方、とある星雲からデススターが放出された。

そして、2万年後の2008年、デススターは地球に落下!



科学特捜隊によると、落下地点はカリフォルニア州の東側のネバダ砂漠。
1950年代から約900回の核実験が行われた地である。
2
各国研究機関が調査を試みるも、某大統領によって築かれた壁によって調査団の入国が制限されていた。
何もメキシコ側から入る必要はないのだが、時事ネタも入れておく。
実態が解明されず、月日だけが過ぎて行った…。



それから9年が過ぎた2017年某日。
_1
日頃は地味な”かに座”が大変なことになっていた!
超新星爆発が起きたのである。
世界の終末か?
天変地異の前触れか?
人々は、突如として輝きを増した星を見て恐怖した。


それから間もなく。
山の向こうから、怪しげな巨大生物が出現したのであったぁ~!!!


突如として現れた生物”大阪のおばちゃん”。
『あ゛~め゛~ぢゃ~ん』と叫び、鉄塔をなぎ倒しながら地方都市に迫りつつあった。
2_2
冬が過ぎたころに北東の空にやってくるこの生物は、神か悪魔か!?

しかし、今年は違っていた。
9年前に飛来したデススターは、とんでもない物体を連れてきていたのであった!
大阪のおばちゃんのHα波に触発され、物体が目覚めてしまったのである。


核実験場地下の汚染物質。
これをエネルギー源として成長した”グレイトドラゴン”が始動!!
2016551
体内に高エネルギーを生み出す能力を持ち、口や背中から”灼熱の炎”や”輝く息”を発しながら地球を破壊しまくる。
まるでシン・ゴジラのような設定であるが、グレイトドラゴンである(笑

ここで、ゴジラのような物を出して、もじらないとぉ?
では、『ごじだ』は何なんだ??

…ところで、あながち強引じゃないでしょ(笑
筆者はバンビじゃなくて、怪獣の頭に見えている↓

20165512


”大阪のおばちゃん”と”グレイトドラゴン”は南八ヶ岳で遭遇。
世紀の大怪獣バトルが起こったのであった。


更に、なぜかその戦いに加わる”スーパーサイヤ人もどき”。
ここで唐突に出演。
20171001_1
本家は金髪で黄金のオーラが出るが、神の領域を超えた”もどき”はボディが金色になるだけであった。
ただ今、フリーザのデスボールを蹴散らしている最中。


しかも彼は、どこの天文団体にも属さないフリーランスのドクターでもあった。
『群れを嫌い、権威と現金は好きだが、束縛を嫌う』
たたき上げで下手くそな画像処理のスキルが武器である。

201610
彼は三つ巴の戦いの巻き添えで傷ついた人々を、救っていったのである。



しかし、7日間の死闘の末に3人(3匹)は共倒れとなった。
『火の七日間』と後世に語り継がれる、地球最悪の日が終わったのである。
戦いの中で発せられた高熱源は、人類が700万年掛かって排出した地球温暖化ガスの勢いを凌いでいた。

地球の異常気象が加速。
火の七日間によって地球のプレートも破壊され、各地で大地震が発生。
異常気象と大地震によって地球のほとんどが水没してしまったのである。


生き残った人類。
竪穴式住居に住み、栗の実を採って生きながらえていた。
8
そう、我々の祖先が1万年前にしていたことと同じことをして。
アデロバシレウスの時代から、哺乳類は意外とたくましいのである。



そして更に時が経った地球。
世間知らずの支配者による、少数富欲層と多数の庶民による大格差社会が出来上がっていたのであった。
支配層は大企業を優先し、庶民の生活には目もくれない政策を推し進めていった。

その結果…

年金は実質減額で将来不安は増大。
タバコ税に子無し税、出国税とあらゆる悪知恵で貪りつくすくす官僚。
給料は大企業では増え、中小零細はデフレとコストダウンで減る一方。
お金はともかく、溜まった40日の年休なんてほとんど廃棄処分。

原発はなかなか廃炉にできなくても、年休は簡単に廃棄されている。
しかし、これはもやは筆者の愚痴。



そうは言っても、隣の芝は青く見えるものである。
_3
地殻変動で新しく形成された八ヶ岳海峡。
富めるアーバンな対岸を、恨めしそうに見つめる庶民。
この中から、現状を打破してくれるヒーロー・ヒロインが誕生することを期待しよう。

ちなみに『未来少年コナン』は西暦2008年の戦争から20年後の話。
2017年の今、このようになっていなくて良かったです。



デススターは、まじめな宇宙人も連れてきていた。
三角塔の耐震工事へ出稼ぎに来ている、ハイハーバーの勤労者。
Dmfbeivu8aemcsr
その中で黙々と働く彼がそうある。
なんか、すげーカッコいい。


愚痴はいくらでもあるけれど、明日の為にせっせと働こう。
そして今日も夕方の終業チャイムが鳴る♪♪

『さぁ、5時だ!暖かなおうちに帰ろう!』

そう、世界を救うのはコツコツ働く私たちなのであったぁ!
というネタを、勤労感謝の日に書いてみたという話。

| | コメント (8)

2017年11月19日 (日)

ご来光雲海2  今更なんですが…

1に続いて、今更ながら2となります。

1はこちら↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-adeb.html
ちょっと記事がダラダラします。

_1_2
ご来光はこの時期(10~11月、撮影は11/5)が良いかもしれません。
営業開始直後の9月後半だと、ゴンドラと日の出の関係がかなりギリになります。



_2
パノラマがいびつですが、無修正で(笑
左が八ヶ岳、陽が昇っているのは秩父山系ですかね。
瑞牆山、金峰山あたりだと思います。



_4
八ヶ岳展望台はご覧の通り人集り。
10月は、スノーマシンの場所(当時は無かった)がベストビューと思ってました。
今回はご覧の通りマシンが鎮座。
翌日から稼働を始めて、今ではかなり白くなっているそうです。



_5
年賀状のようだ(笑



_6
撮影場所が悪くて甲斐駒が惜しいですね。
甲斐駒は、自分が思うにゴンドラ駅の窓から見るのが良いような感じです。



#雲海なう?
_7
重量級のシグマArt50-100を持ち出してイチガンでも撮ってます。
スマホが宴たけなわの中、イチガン、コンデジ、ケータイを使ってます。

三脚には星撮り用の部品が取り付けてあったんですが、帰宅してある日気が付いたら紛失していることが発覚(泣

嫌がらせのように、まだまだ続けます。

| | コメント (2)

2017年11月18日 (土)

コンデジ応援企画

コンデジ=コンパクトデジカメ
うちの会社もニコンチャイナへデジカメ部品を供給してました。
業界、厳しそうですねぇ。

スマホカメラ?
カメラって言うなっ!
自分的には光学ファインダーがない時点で、スマホもケータイもコンデジも似たか寄ったかですけどね(笑
老眼にはつらい、ライブビュー(笑
0

そんなコンデジの失われた権威を回復させるべく星空で実験をしてみました。
ちなみにカメラはキヤノンG9Xです。


星空モード(星景用)
1_1
ベランダですが、春の小さな星も結構写ってます。
デジタル処理で星を目立たせるそうです。
自分がマニュアルで撮るよりも良いです(笑
ちなみにこういう機能は、ほとんどjpegでの撮影となります。
いろいろ手軽という点では、悪くないんじゃないでしょうか?



Avモードでraw画像撮って出し
3av3
これはいかんです!
デジカメ創成期のような画質です。
とは言うものの、シャッター速度がオートなので単に露出(露光)不足なだけです。


ならばMモードraw撮って出し
22
工夫をした時点でお手軽じゃなくなってますが…
適正露出ではないですが、オートよりマシになっていると思います。
Mだと勝手にダーク減算が始まってしまいます。
露出の設定が不慣れなせいか、意外に難しくてお手軽ではないと思いました。


で、そんなMモードで明けの明星を撮ってみました(撮影日は2週ほど前)。
4
rawなので軽くレタッチしています。
しかし、イチガンに慣れていると案外とイチガンの方がお手軽だったりします。
最近コンデジばかりいじっていたので、イチガンを操作するときに無意識に液晶をなぞってました。
でもX4はタッチパネルじゃないんですよねぇ~…

ま、いろいろ種類や考えはあるでしょうが、一番よく使うカメラが一番良いカメラ。
何処かで聞いたような言葉で〆ておきます。

最近、ツイッターのネタ探しでブログネタを考える余裕がないのです(笑

| | コメント (2)

2017年11月 9日 (木)

しまったぁ~  撮るしん。採用

3年越しで、NHK長野『撮るしん。』
放送で採用されました!




でも、当の本人は放送を見てないんです。
義姉からの連絡で発覚。
明日の電話出演、頼まれたらどうしよう(笑

Img_0024


| | コメント (6)

2017年11月 5日 (日)

ご来光雲海1  無慈悲な日の出

10月に雲海を見に行きましたが、とても不満足で撤収しました。

運に見放された雲海↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-a574.html

その後も天候や条件に恵まれませんでした。
『今年はダメかぁ』、と諦めかけたグリーンシーズンの営業最終日。
富士見パノラマスキー場へ行ってきました。

前回の諸々の反省をもとに、前夜から準備万端。
早朝出発もできて、始発直後に乗れそうです。
と思った矢先。
生活リズムが狂うと出るものも出ず、出なくていい時に出したくなってきます(笑

近いので下道でも良いのですが、少しでも早く着きたかったので高速で1区間。
中央道原PAへ寄り道して、リフレッシュ!
これで身も心もスッキリです!!


_11
早朝、激寒の中でしたがチケット売り場は盛況です。
蓼科にある某ホテルの送迎バスも見受けられました。
とにかく、今日が最終日。
出発時、里は意外と晴れていて心配でしたが、成るがままよとスキー場へ。



_12
空いていればグループ毎に乗せてくれますが、今日はそんなこと言ってられません。
私たちも、別の一家族と相乗りです。
娘さん、緊張で固まってました(笑
ま、大人でも少々の揺れと高さがちょっと怖い。



_13
今日も期待が持てます。
前回もここではこうだったんですけどね。



_14
ヤバい、あと少しで日が昇る。
急げ急げ!
遊歩道が案外と渋滞していて、また撮影地点に人が固まっていてなかなか進めません。
…ちなみに、こちらのカメラマンはロープの中。
ルール、マナーは守りたいですね。



_15
時間になれば、人間の都合などお構いなしで陽は昇ってきます。
今日の自分にとっては、無慈悲な日の出(笑
機材のセット(イチガン&シグマ)は間に合いませんでした。
コンデジで日の出シーンを間に合わせます。



_16
夜明けです!

| | コメント (0)

2017年11月 3日 (金)

コタツは人間を変態にする…ん?

変態レンズで実写してみました。
だからと言って、変態チックな写真はありません。
あしからず。

SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art

実写と言っても、同じ被写体を2枚しか撮ってません。
この晴れ間に、なぜ家に籠っているかと言うと…
布団干し、厚物洗濯、おこた(炬燵)準備等々、冬ごもりの支度をしているからです(笑

某ブロガーの、広瀬すず似という娘さんの名言。
今でも私の心に突き刺さっています。
『コタツは人間をダメにする♥』
蛇足ですが、うちの奥さんは美容院から帰ると、まいっちんぐマチ子先生に似ていることがあります。

文化の日、大安吉日、小春日和。
本日、我が家は炬燵解禁です!!
星は撮りたいけれど、もうダメかもしれません(笑

撮って出し、どアップでこんな感じ。
四隅を撮ってどうのこうのという小難しいことは割愛します。
1
ブックオフやセブンイレブンはまぁまぁですが、道路標識まで解像して欲しかったですね。
ただ、火の見櫓、茅野市消防署のボルダリング?の壁がちゃんと見えて満足。
2_2
硫黄岳の登山者まで見えてしまうんじゃないでしょうか?

ま、ピントの追い込みとか、もっとちゃんとやってみたいですね。
周囲が明るくて液晶がよく見えないです。
で、こんな実験画像はどうでも良くてですね。


この風景をいろんなレンズで撮ってきた経験で言うと、腰抜けました。
4
今晩、空に向けてみましょうか!(焦点60ミリ)



ちなみにちょうど1年前の八ヶ岳は大変なことになってました。
Img_0101
この時の記事↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-64d6.html

| | コメント (8)

2017年10月 8日 (日)

雲海撮りに出掛けて 運に見放され奥義発動!

雲海を撮りに行ってきました。
前日のヤマテンによる雲海予報は50%。
早朝の山頂はガスって、8時過ぎには雲海が見られるでしょうとのことでした。
なのでサンライズ雲海は今回もお預けのようです。

富士見パノラマスキー場への道中は、低空の雲と霧で予報は低いけれど期待度120%です。


さっそく搭乗です。
2
ガスってます。
こんなんで大丈夫なんでしょうか?
いや、絶対に上はいい天気!



3
低空と高層の雲に挟まれて八ヶ岳が見えてます。
まだまだこんなもんじゃないはず。
数分後に山頂駅に到着。



4
って、ダメだこりゃ!

紅葉(黄葉)は始まっているようですが、ちょっと中途半端に早い感じ。
ピークは来週以降でしょうか。
陽が射せばもう少し輝くと思います。
霧の中では紅葉も地味な色合いです。


待てど暮らせど霧が晴れません(泣
5
薄日はあるものの風が無い、五里霧中状態です。
1時間以上、このような状態。
適当にコンデジで撮影してます。
これが後々の仇となります。
霧の風景写真はAFが効きにくいって初めて知りました。

晴れそうで晴れない。
いつもウチから見えている入笠山は晴れてるんですけど。
人が登ると何故曇る?



6
おおー!
あれよあれよと晴れ間が広がります。
展望台にいる皆さんから歓声とシャッター音。
でも八ヶ岳はちょっとだけ顔を出したのみ。



7
1回目の雲海タイムでは、富士山と南アが良かったです。
霧が取り切れないのが残念です。
展望台だとゲレンデのネットとか電柱とか、余計なものが入ってしまいます。
絵的には悪いです。

しかし、この後にあっという間に霧に包まれてしまいました。
更に粘ること2時間以上。

第2回雲海タイムがやってきました!
今回は大本命というか、山の霧の全部がサーっと引いて行く感じ。
ここからの雲海写真はいろいろ見ますが、生で見てとても感動しました。
八ヶ岳との距離感が絶妙。

コンデジだけど撮りまくるぞーと、気合を入れ直します。

……と、ここで不運(自分が悪いのですが)に見舞われます。
人の感動を無視して、機械は無情かつ正直です。

真っ赤に血塗られたバッテリーを交換して下さいという文字が液晶に出ます。
鏡筒を強制収納するモーター音が無慈悲に鳴り響きます。


ダメだこりゃー!!


電池の蘇生を試みましたが、活動むなしく1回だけ撮れました…
本日、貴重な一枚。
8_1
この後に霧が晴れて、青空、八ヶ岳、雲海、太陽、紅葉の大パノラマです。
カメラがダメなので写真家誰もが持っている最終にして最大の奥義、心の印画紙に焼き付けておきました(笑


初挑戦でしたので、撮影場所とかの勝手がわかりませんでした。
今回の場所だと、ダサ写真になることがわかりました。
上の写真の網の向こう(立ち入っても良い)にプロらしい人がいます。
道理で一般人がいる場所に寄り付かない訳です。
この人が当初陣取っていた場所を確認したら、ベストポイントでした。
帰りにちゃっかりとロケハンをしました。
カメラはコンデジでしたので、機会があれば装備もちゃんとして挑戦しようと思います。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

サイトポリシー | 日常写真 | 星景写真 | 星野写真