カテゴリー「星景写真」の記事

2018年1月13日 (土)

残り物には…  sh2-240を再処理して残骸と化す

レムナント。
辞書で引くと残り物と翻訳されます。
こちら天空のレムナント(sh2-240)は超新星の残骸と言われています。
望遠鏡となんちゃらフィルターを駆使して撮ると、モジャモジャ感が堪らない星雲なのです。

私にとっては昨年に挑戦した時に、処理が難しすぎて身と心を残骸にさせた憎っくき天体です。
画像データが残っていたので、性懲りもなく再チャレンジしてみました。

残り物には福があるかもしれません!

その前に昨年のおさらい
Sh224043
いろいろあるでしょうが、星雲が淡過ぎてインパクトが弱い。
星の表情は、まぁまぁに思う。
普通の天体デジカメなので、全体としては『素人のくせに頑張った!』かなと。
自賛的ですが、嫌いじゃないです。

再処理においては、星雲をあぶり出しつつ、星はどうにか制御したいです。

残り物には福は来なかった(泣
4
微光星の量が半端なく、それらに埋もれて輝星が貧弱です。
輝星を出そうとすると、微光星もどんどん出てきます。
星を抑えると暗い画像になる…
マスクの作り加減が悪いかもしれませんね。

コントロールするアイディアが無いので、一部の星にお絵かきマスキングでズルをしています。

レムナントの上あたりにも、赤く淡い広がりがあるように見えます。
右上の赤い塊は、勾玉星雲あたりに広がっている星雲の一部で、対称にはM35~37のどれか。
日の丸構図じゃないのは、そういう他の天体も入れたかったからです。

仕上げに、レムナントの彩度は星雲マスクに因らずに全体のトーンカーブをいじる中でやってみました。
ちょっと深紅系のような気がしますが、こういうのは好きです。
何かが足らなくて(過剰で)、星雲に劣化が見られますがあぶり出し自体は目的を達成、としておこう。

今回も画像処理が大変で、大変で。
またもや、身も心もボロボロになったのでした。
JPEGに書き出す頃は、あしたのジョーの如く白く燃え尽きて、自分が残骸になってしまいました。

レムナントはムリナント(R)…、なんて語ってみたいです(泣

| | コメント (4)

2018年1月 1日 (月)

行け!オリオン ついでに初日の出風な初日の出

2018年がスタートです!

でも最初の写真は師走なのです。
ツイッター版で先行配信しましたが、折角なのでブログでも。
2
X4   シグマ17-70の33   f4.5   ISO200   SS25秒x150枚比較明合成(約1時間分)
風景を適当に撮影して星空と合成   撮影日2017年12月28日  17:40~


師走、仕事納めも一段落した夕方の街並みなのです。
月が太くなってきて、いい塩梅の月光と思ったので狙いました。
最初はいつものように広角で試写しましたが、八ヶ岳の存在感が皆無。
ここは一発、大胆に(?)攻めました。
夕刻ということで街灯りは激しく、露出もテキトーだったので惜しかったです。

翌々日も超快晴だったので、三段露光(街、山、星)でリベンジしました。
いざ撮影開始というときになって、一気に雲が広がってしまいました。


週間天気予報的には、大晦日から元旦は曇りがち。
ならばと、事前に初日の出の写真を準備しておきました!(笑
料理番組かぁ~!!

明けましておめでとうございます!(初日の出風な12/29の日の出)
Photo


2_2
元旦と師走の日の出の写真。
その違いが分かりませんので、初日の出と思って見てください(笑
多分、手前の工場の煙だか蒸気が、元旦は出ないんだと思います

追記
元日、未明からの雨雪が晴れて、定刻通り初日の出が拝めました。
工場の煙(蒸気)は出てました。

| | コメント (8)

2017年12月24日 (日)

カノープス三様  急げ急げ!

12/22は超快晴でした。
新月期週末は、たまに晴れる!!

当初はお気楽に裏山へ出動と考えていました。前の記事で宣言したように。
しかし折角の無雪、無風、良透明度だったので、公約を破って山に行きました。

星野写真を1個、挑戦しました。
極望で導入する際に星が多すぎて、北極星がどれだか分かりません。
こんな出だしで躓いて少々面喰いましたが、rawを見る限りでは撮影自体は上手くできたように思います。

今日は、そこで撮影した星景写真です。
この場所、星景するには風景がイマイチで、最初からやる気なし。
この日は10枚も撮影していません。
なのでカノープスでも撮って、ブログのネタにしようと思いました。

※以下、写真はクリックで拡大します。

先ずは昇ったばかりのカノープス
_1
説明が面倒なので、ご自身でどこにあるかは探してみてくださいね。

この場所でのカノープスは甲斐駒を越えられません。
経験上、15分ぐらいで沈んでしまいます。
次に急げ急げ!



W白樺の木の間(このま)にカノープス
_2
今思うと、カノープスをちゃんと撮ったことありません。
見えれば興奮してシャッター押したりで無計画ではたくさん撮るのですがねぇ。
今回は割と計画的に撮ってるつもりです。

はい、次!
急いで!!



車とカノープス
_3_2
これの露光中に沈んでしまいました。
ゲーム終了。

風景を多めにしたので、オリオン座が中途半端になってます。
それを補間するために、フロントガラスにオリオン座をリフレクションさせています。
な~んて、写り込んでいたのは偶然でした。

| | コメント (4)

2017年12月23日 (土)

怒りのぐるぐる第9999弾 地球の四分の一回転を激写(回転不足)

北天ぐるぐるです。
このシリーズも1万回まであと少し(回数はその日の気分で大きく変動します)。
ホントはそんなに怒っていないのですが、あまりにも天気が良いので回しておきました。
敢えて怒る要素を考えれば、”新月期の平日は良く晴れる!”


_2
X4   トキナー11-16の12   f4.5   ISO400  SS2分x150枚   比較明合成(約5時間分)
地上は適当に撮って星空と風景をマスクで合成   撮影日2017年12月20日 22時頃~

今回はロングぐるぐるにしました。
お正月も近いので、「いつもより多めに回っていま~す」的に。

星の光跡の長さは好みがあると思いますが、私は長いのが好み。
『寒い中、一晩中よく頑張った!』感のあるやつ。
しかしここはベランダ。
私はガラス一枚隔てて就寝中なので、全く頑張ってないです(笑。

ISO感度が高かったようで空がごちゃごちゃ気味です。
説明すると、東(右)から北斗七星が昇り始めている最中です。
西(左)はカシオペア座が沈もうと傾いている。

バッテリーグリップ装着で6時間分の日周運動を狙ったですが、5時間にして電池切れアウト。
回転不足になってしまいました。
星が周っているのではなくて、『5時間の地球の自転した姿を、星空に投影している』って感じで見て頂ければ幸いです。

| | コメント (6)

2017年12月20日 (水)

生まれて初めてオリオン大星雲を撮ってみた  なんだこりゃ?

レンズを初めて、まじめに、オリオン大星雲へ向けてみました。
撮影はまじめに、撮影地は不真面目に、というのが正解なのです(笑

その前に、大変なことを発見です。
いろいろ都合が付かないこともありますが、コタツと熱燗と新月期の曇が邪魔をして、星野写真はなんと1年ぶり(泣
この1年、いろんな人のブログを参考にして、自分なりに考えてきました。
天体写真に対応するため、PCもパワーアップしています!
撮影から画像処理まで、考えていたことの予行演習をしてみようという次第です。

課題は3つ
蓼科では”f4.0 ISO1600 5分前後”がベターな露出としてきました。
①ISOは同じで、f3.2だったら露光は何分になる?
②そのことで1枚当たり露光時間が短縮できるので、枚数を稼ぐも良し、他の対象を狙うもよし。
③M-GENとかセッティングをスムースに出来るようになる。

①露光はネットサーフィン(古っ!)で調べて、3分13秒としました(たぶん)。
②電池が2時間稼働として、37枚まで稼げます。基本は24枚としました。
③機材の配線や収納方法も改善して、設置と撤収をしやすくしました。

相変わらず能書きが長いですが、その結果としてこんなのができました。
ツイッター版と同じものです。

でも、なんだこりゃ?
_4
X4(SEO-SP4C+HEUIBⅡ)   EF135F2L   f3.2   ISO200   1分50秒x24枚加算平均合成
GPD2   M-GEN   PSCC2018   撮影2017年12月9日
※SSはベランダにつき短縮

撮影的には上手くいったと思います。
ホームグランドのベランダというのもありますが、今までと同条件ながらすんなりできた感じ。
露光は規定量に不足ですが、光害地なのでこれはしょうがないです。
ISOと露光時間を変えて、ヒストグラムのピークが真ん中に来るように調整しました。
ピントに気を付けて、赤フリンジも抑制できました。

画像処理的には問題だらけです。
かなり淋しくなってしまいました。
萌える木が萌えない…
分子雲とか、そんなのあったっけ?
光害地の限界もあるわけで、久しぶりにCLSフィルターを使っても良かったかも。

Photo
ごたごたと、言い訳タラタラは女々しくなります。
前半の行(くだり)も長いので、以下省略(笑

もう一回、今週末に挑戦したいです。
今度は蓼科で、と言いたいところですが裏山の公園で挑戦してみようと画策中。

年末年始にかけては、月夜ですが星景を頑張ってみようと思います!

| | コメント (6)

2017年12月17日 (日)

新月期はいつも曇る  蛇に食われる月

新月期は曇ることが日常で、この週末もダメでした。
しかし早朝は晴れることがあり、そんな風景を撮ってみました。
月齢28.6らしく、新月の一日前。
ステラナビだと薄明の中で厳しそうですが、果たしてどうでしょう?
月マニアじゃないので、どうやって撮れば良いんだ??


その前に恒例の、日本最速の今回は”こと座”。
Photo
X4   シグマArt50-100の100  f2.8   ISO800   Avモード(SS0.8秒)
撮影日2017年12月17日  5:57頃

思わずM57ドーナツ星雲なんて狙おうかと思いました。
この後にイベントがあるのでそれは止めておきます。
もう、さそり座の頭なんか昇ってくるシーズンでもあります。
北斗七星なんて真上にありました。



_1
薄明にかき消されていると思ったら、そうでもなかったです。
ぬぼーっという感じで、地球照側から昇ってきます。
自分は、こういう感じが好きです。



_2_2
この時間帯で星は見えませんが、写野の左側にへびつかい座が現れています。
八ヶ岳の南端、左側の編笠山から下ってくる雲が蛇に見えませんか?



動画が当たり前の世の中で、敢えてパラパラアニメで挑む。
Photo_3
やっぱ、蛇だ…(笑
この後、月は喰われました。

| | コメント (2)

2017年12月16日 (土)

ふたご座流星群  マチナカ流星雨…?

ふたご座流星群…
自分の短い星撮り人生のなかで殆ど縁がないです。
今年は新月期。しかし平日。
当然、夜更し厳禁。

ならばベランダで、寝る前にシャッターのタイマーをセット。

街中なので写真的には条件が苦しいです。
流星撮影の基本は高感度、開放気味。
広角レンズなので、これをすると余計な物まで写り込みます。
外灯はハイライトビンビン。
フレアー出まくり。星色貧弱。光害ムラムラ。

このように悪条件ですが、でかい火球が写っていればいいや!
固定撮影にして、ぐるぐるで狙ってみようと思います。

その中の1コマを抜き出し。
_1
X4   トキナー11-16の11   f3.5   ISO1600   固定45秒x1枚
PSCC2018   撮影2017.12.14  1:00時頃から開始した中の1コマ


これぞ、ふみふみ流の流星群写真。
いつもの通り『何も写っていません!』としたかったですが、写ってしまいました!
これは失敗(笑
ちょっと貧弱ですが、割と明るいヤツかな?
広角レンズだと、よほどの火球じゃないと見てくれが淋しいです。


さて、高感度で日周運動を撮ると嫌な感じになるのは承知しています。
が、ぐるぐるが目的なので比較明合成しみました。
240枚のきっちり3時間予定が、電池切れ起こして100枚になってしまいました。
全部合成したら訳分からくなったので、上の写真の前後各10枚を合成。

_3
45秒x20枚 比較明合成

光跡が強すぎて流星が埋もれてしまいました。
ちょっと面白くありません。


沢山流れて、流星雨的なものを狙ったんですがね。
結局、2コマにしか写っていません。
これら貴重な2コマを使って…

必殺の、ねつ造写真(笑
流星部分を選択してコピペ。
_2
いまどきの天体写真家は、もうこんなことはやらないでしょうね。
あくまでも遊び写真です。
(2:22頃の流星写真をベースに、1:28頃の流星を継ぎ足し。その逆かもしれない。)

どうです?
我が町のランドマーク、オギノに降り注ぐ地方都市星景写真的な流星雨!
物干し竿の先っちょまで写ってしまいました。

でも2個しか写っていないので、流星雨になりません。
雨乞いが必要でした(笑

| | コメント (8)

2017年11月12日 (日)

金木星  ややこしいぞ木星とへび

今朝(11/12)の金木星です。
だからといって、明日はありません。

ステラナビで『あ~、水星が見えるのかぁ』と、ずっと水星だと思ってました。
木と水って、漢字似てません?

ついでに、『明けのベガがもう昇ってくるんだぁ~』と。
『一向に昇らないなぁ』と再確認したら、ちょっと苦しいですが自分には”へび”が”ベガ”に見えてました(笑


Photo
今朝は八ヶ岳の南端、編笠山と西岳(多分)の間から”ボワっ!”という感じで昇ってきました。
ノーマル機ですが地上が妙に赤いく、大きな紅葉でもあるのかな?と思いました。
日中に見たらケヤキか何かのようでしたので、どうやら外灯の色味と黄葉の関係のようです。



水星と思い込んでいた木星
1
編笠山のほぼ山頂から”ぴょこっ”と出ました。

今回はシグマArt50-100で初めて星を見て(撮って)みました。
EF135F2と違って、なるほど羽絞りの関係でやさしい円のように見えました。
いつもと違う見え方に少しだけ戸惑いました。
自分は光点はEFの偶数絞りの描写が好きなんですがね。
でも、シグマの方は、おそらくEFだと出たであろう夜景のゴーストが出ないです。
それと赤フリンジも思ったほど派手じゃない。

どっちを使うか???
これは贅沢な悩みだなぁ、って思いました。

2
ついでに、今朝の硫黄岳から編笠山、パノラマで。

| | コメント (4)

2017年11月11日 (土)

歴史ヒストリア  大河ドラマのような地方都市スーパー事情

山梨系のスーパーでオギノってのがあります。
出店状況をHP上で見てみました。
すると、甲斐武田軍となんとなく同じところを北上しているというのが分かります。

特徴的なのが、県内でも東信や北信(県の東部や北部)に出店していないこと。
武田信玄(当時は武田晴信)も東信や北信は苦手とするところでした。
佐久を抜けてから、立ちはだかる村上攻めで2回の敗北と言われています。

現代の甲斐武田軍=オギノ(笑)も、この地域にだけは手を出していません。
これは甲州人のDNAがそうさせているのでしょうか?

本日の写真で紹介する店は、最初の信濃出店となった某店です。
信玄公が最初に手を出したのは佐久地方ですが、信濃攻略の最初の拠点は諏訪地方となります。
『信濃攻略は諏訪から』というのも、甲州人のDNAに刻まれているのかもしれません(笑

甲斐武田軍は、この店のすぐ近所の上原城に拠点を置きました。
たまに怒りのぐるぐるをやっていますが、山が写っています。
この山こそが上原城(城址)がある山なのです。
20171241
北極星の下あたりが上原城址で写野外右下にお店がある

どうです、甲信の歴史は繰り返しているように思いませんか?
今も昔も、甲斐勢が信濃への足掛かりを築くのは先ずは茅野。
時代を超えた、正に大河ドラマのような展開じゃありませんか!!(笑
実は、諏訪地方にはバローとかアピタも展開しています。
そのうち尾張勢に侵略されるんじゃないかと、戦々恐々としています(個人的に)



不夜城の如き、武田軍の信濃への最初の拠点
2
長々と語った割には大した写真になってません、あしからず。
星空的には、カペラが昇ってくる1時間ほどを撮っています。

写真はコンデジの星空軌跡モードを使いました。
しかし、この方法でこのようなシーンで星を撮ると夜景が飽和します。
よって、夜景と星空を別々に撮影して合成しています。
コンデジは、撮影開始から合成までオートマチックで楽な反面、融通が利きません。
そこで少しだけ工夫して、星空モードで風景も星空も撮って合成させた次第です。

蛇足ですが、ネオンがOGINOとなっています。
いつだったか、最後のOの電気が切れて、OGINとなっていたことがあります。
私はそのネオンサインを見るたびに、水戸黄門に出てくるかげろうお銀を思い出していたのでした。

ちなみに、今回は地方都市星景と位置付けています。
例えば、渋谷交差点で深夜1時にカメラを構えていても怪しまれそうにありません(実際わかりません)。
しかし、地方都市では日暮れ以降にそこら辺に三脚など広げていると、怪しまれる度MAXとなります。
なので私にはこのようなアングルしかできません。
地方都市星景写真の生みの親である、ミッチーさんのような度胸と勇気が欲しいですね。

| | コメント (6)

2017年11月 4日 (土)

月景写真  シグマArt便搭乗時間です

11/3のコタツ解禁日の晩。
満月には一歩足りませんが、変態レンズで月を撮ってみました。
夏に調達してから、天文ではようやく1stフライトとなります。
というよりも、今日が全般的に1stなんですけど。


ピンポンパンポ~ン♪
『シグマArt航空から出発便のご案内をいたします。
シグマArt航空月行き、17時00分発、50-100便は、ただいま皆様を機内へとご案内中でございます。
月行き、17時00分発、50-100便をご利用のお客様はアルミサッシ枠をお通りになり、南東側ベランダよりご搭乗ください。』

と、妄想的インフォメーションが頭の中に響きます。


月出が17時頃。
少し時間があると考え、一服しようと後ろを向いた瞬間、月が出始めてしまいました。
危うく乗り遅れるところでした(笑

_1
↑残念なことに、物干し竿の一部が入ってしまいました。
しかしパンツは干してないので、万が一でも大丈夫です。

今日は、箕冠山(みかぶりやま)稜線から昇ってきました。
八ヶ岳は左から、天狗岳、根石岳、箕冠山、夏沢峠、硫黄岳、横岳、阿弥陀岳となります。
余談ですが、来年こそは天狗岳を目指したいと目論んでます。


この後、何枚か撮ってみましたが露出が全く合いません。
真っ白な月しか撮れませんでした↓
_2
X4 Art50-100の60 f 6.3 ISO800(Avモード) PSCC2018

細かなことを言えば赤フリンジは出ていますが、それはLレンズでもアポゾナーでもArtでも出るので問題ないでしょう。



#天文なう
_5
コンデジも駆使して、月を背にして月の写真。
三脚が貧弱ですが、部品が足りなくて大きいのに取り付けられませんでした。



_3
月に露出を合わせて。



紅葉と月を撮りたくて、合成させてみました。
_4
薄暮の怪しげな気だるさ感。
紅葉は薄暗い中で色を残し、月に照らされる山肌。
クレーター、なんとなく月周辺の光芒。
焦点70ミリ。



もっと広角にして、街並みを入れて撮ってみました。
が、月部分の撮影が失敗してボツに。
こんな感じをイメージ↓
_6
この手の写真は、例えばEF135F2でも何度か撮っています。
ズームレンズにしたことで、50-100でいろいろと切り取ることができます。
なかなか面白いと思いました。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

サイトポリシー | 日常写真 | 星景写真 | 星野写真