カテゴリー「星野写真」の記事

2018年5月 3日 (木)

アンタレス周辺に挑戦 チャンスの後にピンチあり!

星空に向ける機会に恵まれないシグマ50-100Art。
ようやくそのチャンスが巡ってきます。

上弦に近い月が残る4/20の晩、というか月没後の4/21のことでした。
微妙に霞っぽい空でしたが、ここを逃せば空の条件がますます悪くなる。
月が沈むと夏秋の星たちが昇ってくる星空的には好条件。
内容が前後しますが、撮影した天の川写真等は既に記事にしてあります。

http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-318b.html

いつもの撮影地。
透明度を求めてもう少し標高を稼ぎたいところです(ここは標高1500)
しかし標高以外に場所の選択が誤算でした。



誤算の気になる木(笑
_2__2
右側の巨大な白樺(赤道儀から見ると南東に鎮座)の存在は知っていました。
なので1時過ぎならアンタレスが現れると予想。
実際に現地で見たら、その時間になってもさそり座は白樺の向こう側。
木を避けようとすると、今度は別の木で北極星が見えなくなる始末。
更に1時間ほど待機し、2時過ぎから撮影開始です。
この日は2対象逝きたかったんですが、1対象で終了です。



巡ってきた撮影はチャンス!
いつも通り画像処理はピンチ!(笑
_2
EOS X4(SEO-SP4C+HEUIBⅡ)   シグマ50-100Artの50   f3.2   ISO1600   3.2分x24枚(加算平均合成)
PSCC2018   Rstacker   フラットエイド(旧)   GPD2   M-GEN   撮影日2018.4.21


今回はいろいろ入れてたくて焦点50にしてみした。
こういうところは広角だとカブリ補正が難儀するのでちょっと嫌なんです。
でも、
「いつまでもそんなことを言ってるのは誰ですか?」
「あんたれす」
ということで力量に逆らって挑戦しました。

画像処理的には、意図的に全体が若干赤めかもしれません(自分のモニターでは)
鮮やかなエリアを脳内イメージで処理したので、世に出回っている写真と比べたら「あれ?なんか違うぞ」?
情報を余すとことなく出したいのでついつい暴走してしまいます。

懸案のガブリ補正については、さすがカラフルな領域。
どこまでが天体成分で、どこからが光害成分なのか分かりません。
チマチマと補正をしますがラチも開かず、最後はフラットエイド(旧)に入れてみましたが、出てきた画像が逆に地味に思えてきてしまいました(笑。
なので、このまま我流補正のままとしました。
☆データに記載のフラットエイドはカブリ補正ではなくて星マスク生成で使用。

星空的には、最初は天の川もぼんやりで状態が悪いなぁと思ってたんですが、薄明が始まる頃は見事な星空になってました。
その頃に撮影した干潟星雲とか(試し撮りの1枚物、前回記事)は補正も殆どしなくて済ませました。

写真的には、赤黄青黒が目立つところで、それらを取り巻くように広範囲に青白っぽいものもあるようで、何とも面白いエリアだと思いました。
画角的にはどうでしょう?右上の青い馬か、左下の海老ボクサーかの選択に悩むところですね。

その他の思い出としては、夜間トレッキングに使う高輝度ライトを紛失。
空に向けてビーム照射して遊んでいたバチが当たったんだと思います(他人はいません)
これも割とピンチ。

ともあれ、久しぶりにこんなことができて楽しかったでーす!


小さな画像も置いておこう!

_2_2
ホントに小さいだけ(笑
パクったところを、いつの日かあの方に見ていただきたかったです。

| | コメント (6)

2018年4月22日 (日)

干潟星雲とかをシグマで撮ってみた感想

ツイッター版に時々登場する、波動エンジンことシグマ50-100Art。
SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM Artって奴ですね。

いつか星空に使えたらなぁと機会を伺っていまして、ようやく巡ってきました。
どちらかというと100以下のレンジで楽しみたいと思ってます。
今回、先日の星撮りの最後の時間で100㎜を試してみました。
干潟星雲とかのお馴染みのエリアを1枚撮りで簡易的ですが、こんな感じでした。


使用感。

妙なケラレが発現していない
今まで、クリップフィルターかミラー緩衝材か何かの影響と思ってました。
レンズを変えたことで変化が出たということで、もしかしてレンズ由来なのかなぁ?


やっぱり重い
1.5㎏はEF135の2倍の重量。
しかし三脚座があるのでセッティングには難儀しません。
赤道儀のオモリ(1.9㎏)も随分と下でバランスを保てました。


その三脚座が便利
90°ごとのクリック感で回転が停止できるので、レボルビング装置にもなります。
アルカ規格ではないので、私はアルカプレートを装着してクランプに取り付けています。
横構図が好きなのですが、L字ブラケットを使わなくても済みます。


なんだか格好良い!(笑
流行りっぽいシグマArtシリーズで、こいつはAPS-Cサイズ用でヘンタイ度が増している感じがします。
50-100と、なんとも異端的なレンジを持つズーム域。
広角側で撮影した写真をまだ見ていませんが、周辺像とか拘りが無ければ楽しめると思いました。



20140421img_0027_darksub_20180421_2
EOS X4(SEO-SP4C+HEUIB-Ⅱ)   シグマ50-100Artの100   f3.2   ISO1600   SS3.2分x1枚
GPD2   ノータッチ   PSCC2018   Rstacker   撮影日2018.4.21 
※インチキ星雲マスク使用


素敵な風景が無い撮影場所なんですが、撮影風景ってことで星景っぽいことをやって遊んでみました。
こちらも超久しぶりで、星空の自分カラーを忘れてしまってちょっと違う感じになってしまいました。

_1_

春の訪れが早く、この時季でも霞っぽい空。
空も微妙に明るい感じです。
結局、星空が綺麗だなぁと感じたのは、薄明が始まる直前頃でした。



Photo
上、50-100Art。下、EF135F2L。

| | コメント (6)

2018年3月10日 (土)

駅上空にさそり座通過中  メーテルのお母さんも!

バレバレですが、敢えて名称を伏せてブログ記事にする我が街の某駅。
銀河超特急は停まらずとも、特急あずさは全便停車する巨大ステーションなのです(笑


そんな駅上空に、アンタレスがやってきました。



アンタレスと言えば、メーテルをレントゲン撮影したヘンタイ盗賊です。
哲郎には”撃たれる前に撃て”(以下後略)と生き方を教えるいぶし銀でした。
と、999ネタになるかと思わせておいて普通の話です。

夜空のアンタレスから『薄明が始まる前に撮れ』と言われているようだったので、レンズを向けてみたところ…

ツイッター用に撮った上の写真をご覧下さい。
コンデジのオート&手持ちで天の川が写っていたことに驚きでした。
こんな光害地でも写るとは!

「よ~し、これなら!!」



ダメだこりゃ…、いや「もうやめておこう」
_2_
X4(SEO-SP4C+HEUIB-Ⅱ)   EF135F2L   f3.2   ISO400   SS135秒x12枚(加算平均合成)
GPD2   M-GEN   PSCC2018   Rstacker   撮影日2018.2.18


2月もこのタイミングだと天文薄明の開始時刻も早く、あっという間に空が白んできます。
この撮影の前に北アメリカ星雲を撮っていて、途中で「これでは間に合わない」と急遽アンタレスにレンズを向けたのでした。
お蔭で両方とも中途半端な枚数になってしました。
街中&短時間&少量のため、見たいものは炙らなければ出てこないし、炙れは変な物まで出てくる始末。
そういうのは概ね予想通りなので、それについては是非に及びません(笑

それでも画像処理で粘ってみますが、自分の力量の限界は浅かったです。
画像処理をやっていて写真から悲鳴が聞こえてきたような…

天の川が写ったと喜んでも、写ると撮るとは別物。
今年はちゃんとした場所で撮れたら良いなぁと思った次第です。
(結局同じだったりして)



メーテルのお母さん、に思えてしまう奴
_3_
メーテルのお母さんも出てきて、まぁ満足といったところでしょうか。



炙らないバージョンも置いておこう(笑
_1_
この時は賑やかなエリアに火星が進入してました。
まさか間違わないと思いますが、どっちが火星でアンタレスか分かりますか?(笑

今日はすべての写真が雑でした。

| | コメント (6)

2018年1月 4日 (木)

温故知新的な三つ星   しつこいのでこれにて完

第3版目
ムラ取れないけど、もうやらない!!↓
20171222_d2
星選択マスクがとても苦手です。
他のレンズは分かりませんが、EF135F2Lは微光星が直ぐにカリカリに。
それを抑えるために星をコントラストダウン。
大体にして星が死にます(1版目がいい例)。
マスクが上手くできないので、結果的に全体がいつもおかしくなる始末。


気を取り直して、別の方法でやってみたのが2版目↓
なかなか上手くいったと思ってましたが、それは妄想でした。
20171222_c2
誤魔化しは正直で、不自然さはあります。
オマケに淡い星雲に囚われ過ぎて、バブリーです。
そん時のネタ↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-9908.html

と言うことで、更に星マスクを研究して収めたのが3版目となりました。
自分としては悪くないマスキングと思えました。
この趣味を初めてから、マスク方法に関しては達人の記事を参考にしてきましたが、そこで考案された技の実践は後回し。
今までは普通に(?)、チャンネル行って塗りつぶしするやつを使っていました。

今回は3年前にプリントして保管しておいたHow toに挑戦。
達人として名高い、ぴんたんさんやほんまかさんのブログから、2012年に提案されていた方法を実践しました。
前者はフラットエイドを使う方法、後者はフォトショップのみで作る方法。
両者と私は全く交流はありませんが、感謝感激です!

どれが正解ってことはないと思いますし、やり方次第なんでしょう。
今回はこの方法が一番しっくりしたという次第です。

今までサボっていた自分がいけないんですけどね(笑
この冬休みは、ほとんどの時間をこの写真の処理に使いました。
3版作ったので、3回悶絶した次第です。

正月の街ぶらネタから、地元大スターの小平選手と掟の話↓
元旦ウォーキングは後で計測したら6㎞でした。

| | コメント (2)

2018年1月 2日 (火)

新年早々にやり直す   どうでもいいような幻の平成34年を発見   

な、なんだ、こりゃ?
20171222_a5
2017年、最初にして最後の天体写真の時の記事↓と写真↑
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/6-06b6.html

久しぶりに撮った貴重な写真を、こんな目に合わせたのは誰ですか?
ええ、私なんですけどね。


工夫が足りないなぁと、年末年始は悶々と暮らしていました(笑
なので、もう少し追い込んでみました。
初版よりはマシかと…
20171222_c2
む、難しいです!

追記→やっぱりやり直し!!!



元旦ウォーキングネタより、幻の平成34年を発見したという話!

| | コメント (2)

2017年12月29日 (金)

星3つです!いえ、6個でした  オマケ付き&オバケな三ツ星

おまけ付きと言えば、子供の頃はそれが楽しくてお菓子を買ったものです。
おじさんになった今。
賞与明細袋の中に、年末ジャンボを1万枚おまけして入れてくれる。
そんなセンスの良い経営者の下で働きたいものです。
あ、1万枚も良いけど、その原資を現ナマでもらってもいっか(笑

三ツ星付近を撮ってみたら、有り難くないゴーストなオマケとして付いてきました。
どっちみち禁術的マスクを使っているので、ゴーストもレタッチしようと思いました。
しかし、このレンズ使いとして、そこは良心が許しませんでした(笑

こういう手ごわそうな物に手を出して撃沈するのは、結構好きでしてね。
やっぱりというか撃沈する画像処理とかはどうでも良くて、撮影は楽しかったです!


ゴースト付き&オバケみたいな三ツ星付近
20171222_a5
X4(SEO-SP4C+HEUIBⅡ)   FE135F2L   f3.2  ISO1600  SS193秒x30枚加算平均合成
GPD2   M-GEN   PSCC2018   Rstacker   撮影日2017年12月22日

大星雲の誘惑に負けそうになりながら、どっちを撮るか一週間悩みました(笑
こんな構図をたまに見ますが、これはヘンタイ天体写真家の成せる技ですね。
いえ、大星雲の誘惑に負けなかった者だけが手に入れられる構図だと思います。

今回より撮影設定を見直しました。
ISO1600 f4.0 300秒を、ISO1600 f3.2  193秒に。
果たして両者の露出量はイコールでしょうか?
結果としては、両者ともヒストグラムのピークはほぼ真ん中付近に来ます。
厳密には分かりませんが、ニアイコールと判断しOKとしましました。

撮影的には、赤緯赤経のバランス取りを忘れていました。
設置における基本行為をすっ飛ばしてしまい、これはちょっと追尾的に危険な”やらかし”でした。
画像処理的には良くわかりませんが、こんな感じになりました。
下の方に出るケラレっぽいムラが誤魔化せないのが不満です。
微光星はアンコントロール(泣

私は罵倒星雲とか萌える木よりも、真ん中の星の右側にあるようなのがタイプでして。
星像がどアップに耐えられない写真になってしまったのでしませんが、分子雲的なニョッキりとしてる奴が写っていたので、それだけで満足なのです。



Photo_2
実はこの撮影地でオリオン座より下を撮るのは苦しい場所なのです。
撮影を開始したい時間に、二本の巨木がオリオン座と被るからです(シリウスの下の木)。
設置場所が限られ、今回の位置からでも下半身は一旦は木の向こう側を通過します。

今回は星景写真をあまりやりませんでした。
なので運動量が少なく、とても寒かったです。
カノープスを見た後に急激なモチベーションダウン。
帰宅時間が1時台と、何とも淡白な出動と相成りました。

これで星ネタ終わり。
大寒波と悪天候でコタツ地獄に落ちているので、折角の長期休みでのネタ集めも怪しくなってきました。
何かあったら更新しておきます。
では、良い年越し&新年をお迎えください!!

| | コメント (6)

2017年12月 3日 (日)

天文なう!的なオリオン大星雲

ブログかツイッターか、どっちにしようか悩みました。
って、悩むほどのものではありませんけど。

満月期は良く晴れる!
久しぶりに赤道儀を出しました。
まごまごしながらセッティング。
さぁ、撮影というところで空を見上げたら…

曇ってました(泣



1
ん~、追尾しているのに星がどんどん流れるぞ?
クランプ締め忘れ無し。
バランスも悪くない。
水平も出してある。
これは故障か!??
…コントローラーのスイッチが、南天モードでした。



1fl
X4(SEO-SP4C+HEUIBⅡ)  EF135F2L  f3.2  ISO100
1分45秒x11枚(加算平均合成)  GPD2ノータッチ  PSCC2018  フラットエイド(旧)

赤フリンジ気にしない!
短時間露光&少数コンポのムラ気にしない!
暗過ぎ気にしない!
センサーごみは、ちょっと気にする。



ところでクレジットカードの有効期限が切れるんですが、アドビから”その辺気を付けろ”的なメールが来たんです。
カード会社からまだ送られていなかったので、ちょっと焦りましたが先ほど来ました。
これで来年も心置きなくポチ三昧できます。



#天文なう
2
超メジャー品は撮るより見るべきと敬遠してるんです。
でも、こんな場所じゃぁこれしかないですね。
真っ暗なところで、じっくりと撮りたいです。

| | コメント (2)

2017年9月 3日 (日)

スクープ! かに座で超新星爆発か?

新作花火から一夜明けて、練習でもとオリオン大星雲を撮ってみたところ…

1_2
全コマ、びよ~んと流れてました(なので画像処理中止)
シーズン本番になった次の新月期に向けて、次週に補習ですね。
何のために早朝ベランダを実行したやら…


早朝は、北斗七星やかに座と早春の星たちも昇ってきます。
昇ってきたかに座を見てびっくりです!
デルタ星が超新星爆発起こしてるじゃないですか!
ベテルギウスよりも早かったか!?

国立天文台に電話した方がいいのかなぁ??
_1
思わず撮った割には、いかにも狙っているようなこの構図。




_2
9/3早朝の金星ってことで(笑

| | コメント (4)

2017年9月 2日 (土)

変態は変態を知る  実は単なるアホだったという話

変態レンズ(らしい)に手を出してしまいましたぁ!

今日はそんな話なのです。
ちょっと嬉しかったりするので、ちょっと長文です(笑

EF135F2L。 
古いながら天体用にも良いレンズだと思います。
最近はこの焦点はアポゾナーやシグマにシフト化が顕著ですね。
自分も「だよなぁ~」なんて考えていたんです。
そしていつだったかの天文リフレクションズ。
オールドレンズで撮った天の川が掲載(紹介)されていたのをマジマジ見てしまいました。
記事の中で、8枚絞り(6枚だったかな)の光条の味わい深さに言及されていたのを読みました。
これで、まだまだEF135F2Lを使い続けることへの勇気を持つことができました。
味のある光条と上手い写真は別物なのですが、とりあえずキープ。

星景に使っているトキナーの広角レンズ(11-20と11-16)。
これは自分の星景スタイルには合っています。
描写性は件(くだん)の銘レンズに劣るように思います。
が、前玉が飛び出たバカ重いレンズを担いで野山に行くのは愚の骨頂。
星景は機動力重視(あくまでも私の場合)なので、これも使い続けたい。

いろいろ能書き垂れてますが、だから何なんだ!?と言うところです。

手を出したのは?

50-100mm F1.8 DC HSM | Art


これのどこが変態なのでしょう?

最大の変態度は、APS-C用という点だと思います。
なんでわざわざ?と言う感じがしないわけではないです。
フルサイズをカバーできれば、もっと市場キャパはあると思います。
シグマの技術の限界とか開発コンセプトは無視な話。

ヘンな焦点域。
50から始まるズームレンズって今では珍しいように思います(昔は知りません)
(他社含む)のズームとの組み合わせの相性も悪そうです。
50からって何!?
撮る物を選ぶって感じですね。
よくAPS-C用の18-35と組み合わせて『広角から望遠まで揃った』というレビューを見ます。
間の36-49は無くても良いけど、自分としてはここは痒いところに手が届くような域と思うのです。


バカ重い。
EF135F2Lの2倍、他のArtレンズの1.3倍。手振れ補正無しの望遠レンズ。
手持ち撮影も可能ですが、使い方・使い道の範囲は狭いような。
手持ちで撮る人は筋トレを兼ねます。


私がこれを選択した最大の理由は、ズバリ自分が変態だからです。
星景用としては50は無理がある。
星野用しては、135をキープしつつ100を保有はちょっと微妙…

もう少し広めもやってみたかったってのもあります。
しかし今さら50と85の単焦点を買う余力はなし。
なので安易にズームレンズという訳なのです。
こんなレンズを買ってしまうと、将来のフルサイズ機への拡張の可能性も奪ってしまいますね。

天体写真にズームレンズで良いの?
考えようによっては、いろんな画角がこれ一本で楽しめます。
デメリットっぽいところも併せて、そういう変態チックなところが惚れました。



では早速、開梱の儀(既に済ませているので、ネタ用のヤラセ写真)
Siguma5
ランチジャーから登場! ご飯が出てこなくて良かったぁ~。
ちなみに新品ではないので外装箱はありません。
最近コンデジ漬けになってますが、あの日にこれも調達した次第です。



波動エンジンの儀
Siguma4
どう見ても波動エンジンに見えてしまいます。
イスカンダル星からやってきた…



とりあえず合体の儀
Siguma3
これでは重心がレンズ寄りです。
赤緯側のバランスが全くダメです。
前のめりで恐ろしくて使えません。
なのであらかじめ付いている三脚座にプレートを装着(済)



ちゃんと合体した儀
Siguma2
プレートをかませて合体。
カメラの向こう側にはM-GENがくっ付いています。
なので今度は重心がやや後寄り(カメラ寄り)です。
あとで微調整しておきます。
そして三脚座のお陰で、カメラが360°回転できます。
90°間隔で、カチッ!とクリック感で停止できます。
星空は横構図で撮りたいので、カメラは縦での運用となります。
レボルビング装置要らずで優しい(笑。



後ろから見る儀
Siguma1
ピントやズームのリングも軽過ぎない感じです。
全て鏡筒の中で動くので、レンズが出たり引っ込んだりしません。
レンズを上に向けるような時は、ズームが動かない様な工夫が必要かもしれません(もっとも動きそうもないですが)。

肝心の光学系のレビューは…
私にそんな難しいことはできません。
K-ASTEC社のブログに載ってるのでそちらを見てください。

また、一番肝心の撮った写真がありません。
購入以降に、撮影不能な空だったということもあります。
が、EF135F2がお気に入りなので、もうしばらくはこちらに厄介になるかもです。


買った当人が言うのもアレですが、現時点では宝の持ち腐れです。
行為としては、変態を通り越してただのアホなのでしたぁ~。

| | コメント (6)

2017年6月24日 (土)

大阪おばちゃんと萎縮ペリカン 主役の座を奪う

前回に続いて街中天体写真ですhappy01
光害に邪魔されますが、機材ネタを考えるよりも楽しいですcamera
今回は北アメリカ星雲…ではなくて、その東側にあるsh2-119を狙ってみましたeye

↓以前のトリプルワンの時に練習した奴です。
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-e7c4.html

とは言う物の、これも練習ですのでテキトーにご覧下さい。
今回は構図練習ということで、デネブを写野から外し、”おばぺり”は脇に追いやりましたdash
そして主役を正々堂々と真ん中に据える構図としました(ちょっと外れましたが)。

が、さすがは最強タッグの”おばぺり”コンビだと思いますwobbly
このような構図にしても、写真を見ると右端に目が行ってしまいませんか?
主役を喰ってます。
もっとも、主役のくせに存在感が薄い方が悪いのですがpunch

1
EOS X4(SEO-SP4C/HEUIB-Ⅱ)  EF135F2L  f5.0  ISO800  2分x24枚(加算平均合成)
GPD2  M-GEN  PSCC2017  Rstacker(ダーク減算)  少しトリミング   2017.6.16撮影

理論上の露出はトリプルワンと同じです。
それと比較して、淡いところが若干濃いめに写っている程度した。
前向きに考えれば、少しでも写り込んだ(炙り出せた)のはコンポジットの効果ですね。
後向きに考えれば、思ったほどパッとしないのは光害地撮影の悲しい現実であると思いました。
全体としては五十歩百歩の写り具合じゃないかなぁと感じました。
今回は赤を多めに盛ったので、ちょっとだけ派手っぽくなってますhappy01
梅雨明け後にここを狙うかどうかは微妙ですが、淡くて大きな面積があるのが好きなので、そのうち山で挑戦してみようと思います。


おばぺりが何か企てていましたear
2

| | コメント (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

サイトポリシー | 日常写真 | 星景写真 | 星野写真