« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月25日 (土)

ごじだ  世界を救うのは救世主か?ヒーローか?

溜まったゴミをリサイクル活用してみました。
地球にやさしい、天体写真。。。
土星の画像はパブリックドメイン、あとはオリジナルの写真を使用しています。



無限に広がる大宇宙。
3_2
八ヶ岳西麓に住んでいる縄文人が、御柱祭で盛り上がっていた頃。
宇宙の遥か彼方、とある星雲からデススターが放出された。

そして、2万年後の2008年、デススターは地球に落下!



科学特捜隊によると、落下地点はカリフォルニア州の東側のネバダ砂漠。
1950年代から約900回の核実験が行われた地である。
2
各国研究機関が調査を試みるも、某大統領によって築かれた壁によって調査団の入国が制限されていた。
何もメキシコ側から入る必要はないのだが、時事ネタも入れておく。
実態が解明されず、月日だけが過ぎて行った…。



それから9年が過ぎた2017年某日。
_1
日頃は地味な”かに座”が大変なことになっていた!
超新星爆発が起きたのである。
世界の終末か?
天変地異の前触れか?
人々は、突如として輝きを増した星を見て恐怖した。


それから間もなく。
山の向こうから、怪しげな巨大生物が出現したのであったぁ~!!!


突如として現れた生物”大阪のおばちゃん”。
『あ゛~め゛~ぢゃ~ん』と叫び、鉄塔をなぎ倒しながら地方都市に迫りつつあった。
2_2
冬が過ぎたころに北東の空にやってくるこの生物は、神か悪魔か!?

しかし、今年は違っていた。
9年前に飛来したデススターは、とんでもない物体を連れてきていたのであった!
大阪のおばちゃんのHα波に触発され、物体が目覚めてしまったのである。


核実験場地下の汚染物質。
これをエネルギー源として成長した”グレイトドラゴン”が始動!!
2016551
体内に高エネルギーを生み出す能力を持ち、口や背中から”灼熱の炎”や”輝く息”を発しながら地球を破壊しまくる。
まるでシン・ゴジラのような設定であるが、グレイトドラゴンである(笑

ここで、ゴジラのような物を出して、もじらないとぉ?
では、『ごじだ』は何なんだ??

…ところで、あながち強引じゃないでしょ(笑
筆者はバンビじゃなくて、怪獣の頭に見えている↓

20165512


”大阪のおばちゃん”と”グレイトドラゴン”は南八ヶ岳で遭遇。
世紀の大怪獣バトルが起こったのであった。


更に、なぜかその戦いに加わる”スーパーサイヤ人もどき”。
ここで唐突に出演。
20171001_1
本家は金髪で黄金のオーラが出るが、神の領域を超えた”もどき”はボディが金色になるだけであった。
ただ今、フリーザのデスボールを蹴散らしている最中。


しかも彼は、どこの天文団体にも属さないフリーランスのドクターでもあった。
『群れを嫌い、権威と現金は好きだが、束縛を嫌う』
たたき上げで下手くそな画像処理のスキルが武器である。

201610
彼は三つ巴の戦いの巻き添えで傷ついた人々を、救っていったのである。



しかし、7日間の死闘の末に3人(3匹)は共倒れとなった。
『火の七日間』と後世に語り継がれる、地球最悪の日が終わったのである。
戦いの中で発せられた高熱源は、人類が700万年掛かって排出した地球温暖化ガスの勢いを凌いでいた。

地球の異常気象が加速。
火の七日間によって地球のプレートも破壊され、各地で大地震が発生。
異常気象と大地震によって地球のほとんどが水没してしまったのである。


生き残った人類。
竪穴式住居に住み、栗の実を採って生きながらえていた。
8
そう、我々の祖先が1万年前にしていたことと同じことをして。
アデロバシレウスの時代から、哺乳類は意外とたくましいのである。



そして更に時が経った地球。
世間知らずの支配者による、少数富欲層と多数の庶民による大格差社会が出来上がっていたのであった。
支配層は大企業を優先し、庶民の生活には目もくれない政策を推し進めていった。

その結果…

年金は実質減額で将来不安は増大。
タバコ税に子無し税、出国税とあらゆる悪知恵で貪りつくすくす官僚。
給料は大企業では増え、中小零細はデフレとコストダウンで減る一方。
お金はともかく、溜まった40日の年休なんてほとんど廃棄処分。

原発はなかなか廃炉にできなくても、年休は簡単に廃棄されている。
しかし、これはもやは筆者の愚痴。



そうは言っても、隣の芝は青く見えるものである。
_3
地殻変動で新しく形成された八ヶ岳海峡。
富めるアーバンな対岸を、恨めしそうに見つめる庶民。
この中から、現状を打破してくれるヒーロー・ヒロインが誕生することを期待しよう。

ちなみに『未来少年コナン』は西暦2008年の戦争から20年後の話。
2017年の今、このようになっていなくて良かったです。



デススターは、まじめな宇宙人も連れてきていた。
三角塔の耐震工事へ出稼ぎに来ている、ハイハーバーの勤労者。
Dmfbeivu8aemcsr
その中で黙々と働く彼がそうある。
なんか、すげーカッコいい。


愚痴はいくらでもあるけれど、明日の為にせっせと働こう。
そして今日も夕方の終業チャイムが鳴る♪♪

『さぁ、5時だ!暖かなおうちに帰ろう!』

そう、世界を救うのはコツコツ働く私たちなのであったぁ!
というネタを、勤労感謝の日に書いてみたという話。

| | コメント (8)

2017年11月19日 (日)

ご来光雲海2  今更なんですが…

1に続いて、今更ながら2となります。

1はこちら↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-adeb.html
ちょっと記事がダラダラします。

_1_2
ご来光はこの時期(10~11月、撮影は11/5)が良いかもしれません。
営業開始直後の9月後半だと、ゴンドラと日の出の関係がかなりギリになります。



_2
パノラマがいびつですが、無修正で(笑
左が八ヶ岳、陽が昇っているのは秩父山系ですかね。
瑞牆山、金峰山あたりだと思います。



_4
八ヶ岳展望台はご覧の通り人集り。
10月は、スノーマシンの場所(当時は無かった)がベストビューと思ってました。
今回はご覧の通りマシンが鎮座。
翌日から稼働を始めて、今ではかなり白くなっているそうです。



_5
年賀状のようだ(笑



_6
撮影場所が悪くて甲斐駒が惜しいですね。
甲斐駒は、自分が思うにゴンドラ駅の窓から見るのが良いような感じです。



#雲海なう?
_7
重量級のシグマArt50-100を持ち出してイチガンでも撮ってます。
スマホが宴たけなわの中、イチガン、コンデジ、ケータイを使ってます。

三脚には星撮り用の部品が取り付けてあったんですが、帰宅してある日気が付いたら紛失していることが発覚(泣

嫌がらせのように、まだまだ続けます。

| | コメント (2)

2017年11月18日 (土)

コンデジ応援企画

コンデジ=コンパクトデジカメ
うちの会社もニコンチャイナへデジカメ部品を供給してました。
業界、厳しそうですねぇ。

スマホカメラ?
カメラって言うなっ!
自分的には光学ファインダーがない時点で、スマホもケータイもコンデジも似たか寄ったかですけどね(笑
老眼にはつらい、ライブビュー(笑
0

そんなコンデジの失われた権威を回復させるべく星空で実験をしてみました。
ちなみにカメラはキヤノンG9Xです。


星空モード(星景用)
1_1
ベランダですが、春の小さな星も結構写ってます。
デジタル処理で星を目立たせるそうです。
自分がマニュアルで撮るよりも良いです(笑
ちなみにこういう機能は、ほとんどjpegでの撮影となります。
いろいろ手軽という点では、悪くないんじゃないでしょうか?



Avモードでraw画像撮って出し
3av3
これはいかんです!
デジカメ創成期のような画質です。
とは言うものの、シャッター速度がオートなので単に露出(露光)不足なだけです。


ならばMモードraw撮って出し
22
工夫をした時点でお手軽じゃなくなってますが…
適正露出ではないですが、オートよりマシになっていると思います。
Mだと勝手にダーク減算が始まってしまいます。
露出の設定が不慣れなせいか、意外に難しくてお手軽ではないと思いました。


で、そんなMモードで明けの明星を撮ってみました(撮影日は2週ほど前)。
4
rawなので軽くレタッチしています。
しかし、イチガンに慣れていると案外とイチガンの方がお手軽だったりします。
最近コンデジばかりいじっていたので、イチガンを操作するときに無意識に液晶をなぞってました。
でもX4はタッチパネルじゃないんですよねぇ~…

ま、いろいろ種類や考えはあるでしょうが、一番よく使うカメラが一番良いカメラ。
何処かで聞いたような言葉で〆ておきます。

最近、ツイッターのネタ探しでブログネタを考える余裕がないのです(笑

| | コメント (2)

2017年11月12日 (日)

金木星  ややこしいぞ木星とへび

今朝(11/12)の金木星です。
だからといって、明日はありません。

ステラナビで『あ~、水星が見えるのかぁ』と、ずっと水星だと思ってました。
木と水って、漢字似てません?

ついでに、『明けのベガがもう昇ってくるんだぁ~』と。
『一向に昇らないなぁ』と再確認したら、ちょっと苦しいですが自分には”へび”が”ベガ”に見えてました(笑


Photo
今朝は八ヶ岳の南端、編笠山と西岳(多分)の間から”ボワっ!”という感じで昇ってきました。
ノーマル機ですが地上が妙に赤いく、大きな紅葉でもあるのかな?と思いました。
日中に見たらケヤキか何かのようでしたので、どうやら外灯の色味と黄葉の関係のようです。



水星と思い込んでいた木星
1
編笠山のほぼ山頂から”ぴょこっ”と出ました。

今回はシグマArt50-100で初めて星を見て(撮って)みました。
EF135F2と違って、なるほど羽絞りの関係でやさしい円のように見えました。
いつもと違う見え方に少しだけ戸惑いました。
自分は光点はEFの偶数絞りの描写が好きなんですがね。
でも、シグマの方は、おそらくEFだと出たであろう夜景のゴーストが出ないです。
それと赤フリンジも思ったほど派手じゃない。

どっちを使うか???
これは贅沢な悩みだなぁ、って思いました。

2
ついでに、今朝の硫黄岳から編笠山、パノラマで。

| | コメント (4)

2017年11月11日 (土)

歴史ヒストリア  大河ドラマのような地方都市スーパー事情

山梨系のスーパーでオギノってのがあります。
出店状況をHP上で見てみました。
すると、甲斐武田軍となんとなく同じところを北上しているというのが分かります。

特徴的なのが、県内でも東信や北信(県の東部や北部)に出店していないこと。
武田信玄(当時は武田晴信)も東信や北信は苦手とするところでした。
佐久を抜けてから、立ちはだかる村上攻めで2回の敗北と言われています。

現代の甲斐武田軍=オギノ(笑)も、この地域にだけは手を出していません。
これは甲州人のDNAがそうさせているのでしょうか?

本日の写真で紹介する店は、最初の信濃出店となった某店です。
信玄公が最初に手を出したのは佐久地方ですが、信濃攻略の最初の拠点は諏訪地方となります。
『信濃攻略は諏訪から』というのも、甲州人のDNAに刻まれているのかもしれません(笑

甲斐武田軍は、この店のすぐ近所の上原城に拠点を置きました。
たまに怒りのぐるぐるをやっていますが、山が写っています。
この山こそが上原城(城址)がある山なのです。
20171241
北極星の下あたりが上原城址で写野外右下にお店がある

どうです、甲信の歴史は繰り返しているように思いませんか?
今も昔も、甲斐勢が信濃への足掛かりを築くのは先ずは茅野。
時代を超えた、正に大河ドラマのような展開じゃありませんか!!(笑
実は、諏訪地方にはバローとかアピタも展開しています。
そのうち尾張勢に侵略されるんじゃないかと、戦々恐々としています(個人的に)



不夜城の如き、武田軍の信濃への最初の拠点
2
長々と語った割には大した写真になってません、あしからず。
星空的には、カペラが昇ってくる1時間ほどを撮っています。

写真はコンデジの星空軌跡モードを使いました。
しかし、この方法でこのようなシーンで星を撮ると夜景が飽和します。
よって、夜景と星空を別々に撮影して合成しています。
コンデジは、撮影開始から合成までオートマチックで楽な反面、融通が利きません。
そこで少しだけ工夫して、星空モードで風景も星空も撮って合成させた次第です。

蛇足ですが、ネオンがOGINOとなっています。
いつだったか、最後のOの電気が切れて、OGINとなっていたことがあります。
私はそのネオンサインを見るたびに、水戸黄門に出てくるかげろうお銀を思い出していたのでした。

ちなみに、今回は地方都市星景と位置付けています。
例えば、渋谷交差点で深夜1時にカメラを構えていても怪しまれそうにありません(実際わかりません)。
しかし、地方都市では日暮れ以降にそこら辺に三脚など広げていると、怪しまれる度MAXとなります。
なので私にはこのようなアングルしかできません。
地方都市星景写真の生みの親である、ミッチーさんのような度胸と勇気が欲しいですね。

| | コメント (6)

2017年11月 9日 (木)

しまったぁ~  撮るしん。採用

3年越しで、NHK長野『撮るしん。』
放送で採用されました!




でも、当の本人は放送を見てないんです。
義姉からの連絡で発覚。
明日の電話出演、頼まれたらどうしよう(笑

Img_0024


| | コメント (6)

2017年11月 5日 (日)

ご来光雲海1  無慈悲な日の出

10月に雲海を見に行きましたが、とても不満足で撤収しました。

運に見放された雲海↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-a574.html

その後も天候や条件に恵まれませんでした。
『今年はダメかぁ』、と諦めかけたグリーンシーズンの営業最終日。
富士見パノラマスキー場へ行ってきました。

前回の諸々の反省をもとに、前夜から準備万端。
早朝出発もできて、始発直後に乗れそうです。
と思った矢先。
生活リズムが狂うと出るものも出ず、出なくていい時に出したくなってきます(笑

近いので下道でも良いのですが、少しでも早く着きたかったので高速で1区間。
中央道原PAへ寄り道して、リフレッシュ!
これで身も心もスッキリです!!


_11
早朝、激寒の中でしたがチケット売り場は盛況です。
蓼科にある某ホテルの送迎バスも見受けられました。
とにかく、今日が最終日。
出発時、里は意外と晴れていて心配でしたが、成るがままよとスキー場へ。



_12
空いていればグループ毎に乗せてくれますが、今日はそんなこと言ってられません。
私たちも、別の一家族と相乗りです。
娘さん、緊張で固まってました(笑
ま、大人でも少々の揺れと高さがちょっと怖い。



_13
今日も期待が持てます。
前回もここではこうだったんですけどね。



_14
ヤバい、あと少しで日が昇る。
急げ急げ!
遊歩道が案外と渋滞していて、また撮影地点に人が固まっていてなかなか進めません。
…ちなみに、こちらのカメラマンはロープの中。
ルール、マナーは守りたいですね。



_15
時間になれば、人間の都合などお構いなしで陽は昇ってきます。
今日の自分にとっては、無慈悲な日の出(笑
機材のセット(イチガン&シグマ)は間に合いませんでした。
コンデジで日の出シーンを間に合わせます。



_16
夜明けです!

| | コメント (0)

2017年11月 4日 (土)

月景写真  シグマArt便搭乗時間です

11/3のコタツ解禁日の晩。
満月には一歩足りませんが、変態レンズで月を撮ってみました。
夏に調達してから、天文ではようやく1stフライトとなります。
というよりも、今日が全般的に1stなんですけど。


ピンポンパンポ~ン♪
『シグマArt航空から出発便のご案内をいたします。
シグマArt航空月行き、17時00分発、50-100便は、ただいま皆様を機内へとご案内中でございます。
月行き、17時00分発、50-100便をご利用のお客様はアルミサッシ枠をお通りになり、南東側ベランダよりご搭乗ください。』

と、妄想的インフォメーションが頭の中に響きます。


月出が17時頃。
少し時間があると考え、一服しようと後ろを向いた瞬間、月が出始めてしまいました。
危うく乗り遅れるところでした(笑

_1
↑残念なことに、物干し竿の一部が入ってしまいました。
しかしパンツは干してないので、万が一でも大丈夫です。

今日は、箕冠山(みかぶりやま)稜線から昇ってきました。
八ヶ岳は左から、天狗岳、根石岳、箕冠山、夏沢峠、硫黄岳、横岳、阿弥陀岳となります。
余談ですが、来年こそは天狗岳を目指したいと目論んでます。


この後、何枚か撮ってみましたが露出が全く合いません。
真っ白な月しか撮れませんでした↓
_2
X4 Art50-100の60 f 6.3 ISO800(Avモード) PSCC2018

細かなことを言えば赤フリンジは出ていますが、それはLレンズでもアポゾナーでもArtでも出るので問題ないでしょう。



#天文なう
_5
コンデジも駆使して、月を背にして月の写真。
三脚が貧弱ですが、部品が足りなくて大きいのに取り付けられませんでした。



_3
月に露出を合わせて。



紅葉と月を撮りたくて、合成させてみました。
_4
薄暮の怪しげな気だるさ感。
紅葉は薄暗い中で色を残し、月に照らされる山肌。
クレーター、なんとなく月周辺の光芒。
焦点70ミリ。



もっと広角にして、街並みを入れて撮ってみました。
が、月部分の撮影が失敗してボツに。
こんな感じをイメージ↓
_6
この手の写真は、例えばEF135F2でも何度か撮っています。
ズームレンズにしたことで、50-100でいろいろと切り取ることができます。
なかなか面白いと思いました。

| | コメント (6)

2017年11月 3日 (金)

コタツは人間を変態にする…ん?

変態レンズで実写してみました。
だからと言って、変態チックな写真はありません。
あしからず。

SIGMA 50-100mm F1.8 DC HSM | Art

実写と言っても、同じ被写体を2枚しか撮ってません。
この晴れ間に、なぜ家に籠っているかと言うと…
布団干し、厚物洗濯、おこた(炬燵)準備等々、冬ごもりの支度をしているからです(笑

某ブロガーの、広瀬すず似という娘さんの名言。
今でも私の心に突き刺さっています。
『コタツは人間をダメにする♥』
蛇足ですが、うちの奥さんは美容院から帰ると、まいっちんぐマチ子先生に似ていることがあります。

文化の日、大安吉日、小春日和。
本日、我が家は炬燵解禁です!!
星は撮りたいけれど、もうダメかもしれません(笑

撮って出し、どアップでこんな感じ。
四隅を撮ってどうのこうのという小難しいことは割愛します。
1
ブックオフやセブンイレブンはまぁまぁですが、道路標識まで解像して欲しかったですね。
ただ、火の見櫓、茅野市消防署のボルダリング?の壁がちゃんと見えて満足。
2_2
硫黄岳の登山者まで見えてしまうんじゃないでしょうか?

ま、ピントの追い込みとか、もっとちゃんとやってみたいですね。
周囲が明るくて液晶がよく見えないです。
で、こんな実験画像はどうでも良くてですね。


この風景をいろんなレンズで撮ってきた経験で言うと、腰抜けました。
4
今晩、空に向けてみましょうか!(焦点60ミリ)



ちなみにちょうど1年前の八ヶ岳は大変なことになってました。
Img_0101
この時の記事↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-64d6.html

| | コメント (8)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »