« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月27日 (日)

帰ってきた八ヶ岳

私は、いつイチガン生活に復帰できるのでしょう?
前回記事のおいて、ブログお仲間よりご指摘いただきました(笑
もう、イチガンの使い方忘れてしまいました。

記憶が途絶えていますが(笑)、おそらく2ヶ月ぶりと言っても過言ではない。
ようやく、あいつが全容を現しました!

帰ってきた八ヶ岳
Photo
梅雨から今日まで。
上から下まで。
左から右まで。
こうやって全体が見えたのは久しぶりでした(という記憶)
雲はあったものの、みるみる晴れてきます。
「よし、今晩は出動だ!」と、全バッテリー充電完了。
と思ったら、雲が張り出してしまいました(泣




パノラマ風で諏訪湖と北ア方面の夕焼け。
Photo_2
↑クリックで拡大します



_1
雲は秋模様です。
昨日なんて、3時のお茶はホットコーヒーですよ(通常はアイスかカルピス)
夜は北風で寒かったです。
気象庁によると、9月いっぱいは割と天候は悪そうです。
が、気象庁の長期予報は晴れだろうと雨だろうと、もう信用できません(怒!



_2
アーバンやってみましたが、田舎の大都会ではアーバンならず(笑

| | コメント (4)

2017年8月26日 (土)

コンデジ生活〇日目(忘れた) そして初ぐるぐる?

甲子園が終わっても頭からサスケが離れません。
頭の中で、サスケがぐるぐるしてます(笑

オヤジ化というか歳のせいですかね?
高校野球はついつい見てしまいます(笑
これもすべて、夏休み、冷夏悪天候のせいです(東日本限定)。

最近、会社からの帰宅時にオレンジというかイエローというか。
頭がおかしくなったわけではなく、風景(光景)が夏の終わりから秋のようになっていることに気が付きました。
夕方は、全体がちょっと寂し気な光に包まれているように思います。

ようやく、コンデジでぐるぐるを撮ることができました。
”ぐっ”にも及びませんが、星空軌跡モードを試しました。
もちろん、お手軽ないつもの撮影地で。

…なんかイマイチ
Photo_2
10㎜(1型センサー)、f2.0、ISO640、6秒x?枚(カメラ任せ比較明合成)、レタッチやり過ぎ


分かったこと。
星空軌跡モードはjpegのLサイズしか使えない。
ISOもFもカメラ任せで微調整が効かない。
焦点10㎜(フルサイズ換算28㎜、APS-C換算17㎜)では、確実に画角不足。
合成時にコマの選別ができない(もっとも、それには賛否はあるでしょうが)
でも、とても楽チン。

ほぼオートなので「これで良いの?」って感じでした。
都市星景の本にも書いてありましたが、キヤノンなので色合いが淡泊のように思います。
星はそこそこ写っているように思います。
もう少しISOは低く、F値は大きい方が良いように思いました。


一番困るのは、画角が狭すぎる。
上のだとよく分かりませんので、別の日に約10分間。
_2
右側に、カシオペア座をギリで入れてみました。
左側は北斗七星が入りません(こぐま座で限界?)
写真の上部(夏の星空部分)も、とても中途半端で寂しい限りです。
地上もほとんど入れることができず、星景写真としては何も主張もできませんね。
この程度?
キヤノンのカタログを見直してみました。
宣伝用の作例写真を見ても、確かにこんな感じの窮屈な構図でした。



星空軌跡は撮れますが、自分を満足させる画角ではなさそうです。
_3
右側に北斗七星が沈もうとしています。

なんだかんだと文句を言ってますが、結構楽しんでます(笑

| | コメント (8)

2017年8月20日 (日)

ニッポンのモンサンミッシェルとアーバンな夜景(笑

日本のモンサンミッシェルです!!


これ↓
_5
どこが??(笑

イチガンだとやりにくい都市星景に挑戦してみようとずっと思ってました。
コンデジを買ったので、下調べを兼ねていつか挑戦するであろう松本城公園に行ってみました。
今回は松本城の夜景にも挑戦したいと思ってましたが、やはりそこは実家への帰省。
夜は呑んだくれて、願いは叶いませんでした(笑


観光客(私もね)が多くて、なかなか良い絵が切り取れません。
大体の人は観光スナップ写真で、さっと撮ってとっとと行ってしまうような人ばかりです。
中には商用で撮ってる人や、こだわりのカメラ女子なんかもちらほら居ました。
そんな人に紛れて「あーでもない、こーでもない」と、撮っている自分に酔いしれました。



_7
元・地元民なので松本城は見慣れたランドマークですが、なんてったて国宝(天守が)。
威厳ある姿を見ると「ははっー」と、ひれ伏したくなります。



_9
これは帰り掛けに撮った一枚です。
ここに来たときは、天守の待ち時間60分となってました。
ハイシーズンに行って、あまりの混雑で天守に登るのを断念したこともあります。
今回は中には入りません。



_1_2
空が澄んでいると、向こうに北アルプスが見えますが夏はダメですね。
この方向から見た松本城が、自分のベストアングルと思ってます。
特徴的な月見櫓に朱の欄干、向こうにははやり赤い色の埋橋。
これがあると熊本城と見間違わない(笑
ぐるぐるを想定した時に、水面まで入れると全く画角不足になることがわかりました。



_2
烏城のためお城の色は白黒と単調です。
天守の北西にある埋橋という橋ですが、こういう鮮やかなの物があると助かります。
橋は以前は渡ることができましたが、今は進入禁止になってました。
こちらは来場者用の駐車場にも近いので、人で溢れかえってます。
ファーストタッチでこの風景が現れるので、皆さん立ち止まっては1枚。自撮り棒でごにょごにょ。
そんな人波に躊躇しながら、かろうじて数枚収めることができました。



_3
夏ですなぁ。



_4
夕立予報がありましたが、降られずに済みました。



_8
水深は深くないので、水底は見えています。
藻の繁殖で水は緑色っぽくなっていて綺麗ではないです。
諏訪湖のそれよりはマシです。


夜景も撮りたかったですが断念。
酔っぱらって寝るだけはもったいない。
そういえば星空軌跡モードって、ただの比較明合成だってことを思い出しまして。


”なんとなくアーバンな夜景”も撮りたかったので、部屋の窓越しから失礼して。
_6
おお~、こんな感じになるんだぁ~って感動です。
中継で見たことある渋谷交差点22時とは雲泥の差ですが…
今度、田舎の大都会の我が家でアーバンやってみようっと(笑



このようにして撮影です。
これじゃぁ、監視カメラか隠し撮りですね。
_10

これらは単純な”里帰り時の風景写真”です。
でも、それがイチガンだと荷物になってしまうので、なかなかできなかったわけです。
コンデジは機能面で不満もありますが、長所を活かしていこうと思います。

| | コメント (4)

2017年8月19日 (土)

コンデジで花火  リベンジ…成らず

8/15の諏訪湖湖上花火大会は天候不順でダメでした。
何よりもコンデジ操作が不慣れだったこともあり、ハッキリって不本意。

最大のネックは、勝手に始まるダーク減算(長秒ノイズリダクション)。
Tvモードで15秒以下はしないというネットの噂を信じて試写をしてみます。
確かに10秒程度ならダーク減算しない様子。
「これは良いぞ」と、秒数を変えたりしながら試写を繰り返していると…

ダーク減算をしたりしなかったり。
ネット記事もガセだったわけです。

”したりしなかったり”の境目は、秒数だけではなさそうです。
Tv以外のモードでやってみましたが、結果は同じでしたりしなかったり。
一方で、普通に明りを点けた部屋の中で20~30秒のバルブ撮影してみてもなりません。

もしかして、明るさが関連するんじゃないかと思いました。
そうじゃないと、日中に撮った時もダーク減算をしたりしなかったりするはず。
なんでオフ機能がついてないんだろう?


推察するに露光時間に関係無く、
暗い画像→暗部がノイジー→ノイズリダクション開始
明るい画像→ノイズ目立たない→ノイズリダクション無し
明暗の境目はカメラのみぞ知る。


レリーズ(リモコン等)はないので、手ブレ予防でセルフタイマーを1秒だけ使います。
勝手なダーク減算&セルフタイマーのお蔭で、タイミングが全く掴めません。
シャッターチャンスを多数逃しました。
1
カメラモニターで見る限り、写りはまぁまぁと思いました。
PC画面で見たら、所詮はコンデジって感じでした。


2
画質の粗さは、デジタルズームを使ったからかもしれませんね。
照明周囲のモヤモヤしたのが嫌い。

結論
我が家からの花火撮影はイチガン&望遠レンズで撮るべし。

| | コメント (2)

2017年8月16日 (水)

諏訪湖祭湖上花火大会2017  撮影中止(泣

夏休みの天候不順で、星空とは全く無縁でしたので、その鬱憤を晴らそうと思います。
今年は新調したコンデジを試します。
シャッター押すだけでシーンに応じた綺麗な写真が撮れるのかな?と。
「イチガンの難しさとはおさらばっ!」と安易に考えていました。

この日に向けて夜景程度は試していますが、練習不足でもあります。
花火モードや夜景モード、星空モードなどで撮っても、出てくる画像は不満たっぷり。
いろいろ考えて結局はMモードとして、イチガンで鍛えた(?)露出設定を使用します。
それならイチガン使っても同じですね。


これは昨年の撮影風景&自撮り(お化け)
20161

モニターは撮り終えた写真を表示してあります。
光学ファインダー内には、向こうの花火が映っています。
この時の空は曇りっぽいですが、雨が無ければベランダでもそこそこ楽しめます。
風もあったのか、花火鑑賞としてはクリアな空。

今、見返すとコントラストが付き過ぎている感もありますが、昨年の様子はこちら↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-a639.html



さぁ、湖上花火大会2017の開始です!
20171

ダメだこりゃ(泣
まるで、分子雲。

雨も降っていてガスってます。
低空の雲が常に漂っていて、開始から終了までほぼこんな感じでした。
地元ケーブルTVの中継も似たか寄ったか。

撮影は大誤算。
シャッター速度に関係なく、常に勝手にダーク減算(長秒NR)が入る始末です。
「おいおい、取説にはそんなこと書いてないぞ」

一応、覚え書き
Mモード、バルブ、ISO125、ss15秒前後、F8ぐらい、勝手に常時ダーク減算


おかしいなぁ…
確かネット上には”15秒超えると勝手にダーク減算する”と書いてあったのですが。
撮影したほとんどは10秒以内の露光で、10秒撮っては10秒停止。
これじゃぁ、いいタイミングでシャッターか切れません。
記事を読み返したら、それはTvモードの場合ということでした。
さっき試したら、確かにTvだったら15秒以内なら処理が入りませんでした。

デジタルズームを使っているからか、遠景の描写も思ったほどシャキっと感がないですね。
高圧電線より下のエリアまでなら、まぁまぁと思いました。

不慣れだったせいもありますが、この距離感の花火撮影は『望遠レンズ&イチガンの方が断然楽』と思いました。
逆に、もっと接近するとコンデジの威力は発揮できると思いました。
激混み花火大会に接近する気はありませんけど。

今回はコンデジの夜間撮影の練習でしたが、こんな天候じゃ撮る気になりません。
オープニングの数枚の試写で撮影中止にした次第です。

| | コメント (4)

2017年8月13日 (日)

猫&スーパーカップしるこ  コンデジ生活初日

コンデジ生活初日(笑

ポータブル性を活かして、散歩(別名、ウォーキング)に持ち出してみました。
特ダネは撮れるでしょうか?

早速、ねこ発見!

岩合さんに倣って「いい子だにゃぁ~」などと言いながら接近。
慣れないカメラの操作をしているうちに…


Photo_4
逃げられましたぁ~(泣
おかしいなぁ。
岩合さんの場合、向こうから寄ってくるのに。
人望がないことを見抜かれたか!!

操作に手間取って、咄嗟にシャッターを切れません。
恐るべし、遅写性能のコンデジ(笑


ならばマクロで。
スーパーカップにおしるこを入れる、エグいデザートを考案しました。
3



31
意外とかなり美味い(個人の主観)。
クリームと餡子は愛称は良いので当たり前ですけどね。
にしても、公開するには汚い絵(笑


接写1㎝と書いてあったような気がしたので期待してました。
それは別の機種だったようです。
G9Xでは5㎝とのこと。

イチガンと違って、ちょっと撮ってみようと思ったときに撮れるのは良いですね。
慣れればの話ですが。



1_2
ご飯とみそ汁とおかずでも出すのでしょうか?

水筒とコラボしたからって、黒い物は弁当箱(保温ランチジャー)ではありません。
じゃぁ、なんだ?


12
波動エンジンでもありませぬ。
「フライホイール、接続点火」

末恐ろしい…

| | コメント (8)

2017年8月12日 (土)

コンデジが難しい  イチガンの方が楽じゃん(泣

いろいろと写真を撮ってみたいけどイチガンは重すぎる。
そういうことからすると、はやりスマホのカメラが楽だと思います。
が、『スマホなんてのはカメラじゃない!』という意地っ張りな写真家もいるとか思います。
実は私もその中の一人です(笑


コンデジは10年以上前のしか持っておらず、すでに寿命レベル。
例えばキヤノンPower Shot S90のように天体系もできるカメラがあるとは知っていました。
でも、そこ(コンデジ)にお金掛けるくらいなら、安くてもいいので『やっぱりイチガンでしょ』。

と、意地を貫き通した結果が前に記事にしたトリプルX4になっているのです。

http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/x9-725a.html


しかし、イチガンを野山や普段使いで持ち歩くのは邪魔でしんどいのも事実です。
奥さんに「写真撮れ」と言っても、「イチガンは重いしムズいから嫌。コンデジ欲しい」と。

「ここだっ!ここで決めるんだ!」
(キャプテン翼より)


両者の思惑が一致したと拡大解釈(笑
「だったらコンデジ買っちゃえ」となったのが、昨日のカメラ屋の話という訳です。
…前置きが相変わらず長い


ところで、奥さんに「昨日の写真機どこ行った?」と言ったら「?」な顔されました。
今、写真機って言わないのかなぁ???
言いませんよねぇ…

イチガンと同じような値段の上位機種(新品)は手が出ない。
泣きたくなりましたよ…
6万ぐらいのG9・2(G7・2だったかな?)の横に、6万ぐらいのkiss X9を目撃して。


キタムラの中古コーナーにAA品があったので、「これだっ!」と予約した次第です。
で、お店に行くと店員が何やら言ってきます。
このパターン、初めてイチガン買ったと時と同じ。
『ネット品も良いですが、当店に在庫処分品の新品がメーカー保証付きでありますがいかがですか?』
AAと在庫処分の新品の違いは分からないですが、800円予算オーバーで新品と相成ったのです。

興奮して手持ちでマクロ撮影なんてするもんじゃないです。
紹介しようにも、何を(何処を)撮っているのかわからない構図だらけ(笑

Photo_3
調達の儀



1
開梱の儀



2
どこを撮っているのか不明な儀


上位のG7でもなく新版のマーク2でもないですが…
まぁ、星系含めてお気軽に撮影するだけだったら、これでも良いのかなと。
raw画像も一部で使えるようですし。
お金もったいないですし。

しかしながら、今どきのはとても操作がしにくい(古いカメラ比)。
タッチパネルとか嫌い!
字が小さい上にごちゃごちゃしてるから嫌い!

ただ今、肩こりと老眼鏡掛けながら操作の訓練に四苦八苦中なのです(泣
(なんだよぉ~、イチガンの方が楽じゃん)

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

夏休みが終わった感がある夏休み

この夏休み。
天候がダメそうです。
今日は、どこか高い山に行こうと思ったのにぃ!(`ε´)

お陰で家でゴロゴロしながら、事実上の決勝戦4連戦が見れられるので許そうと思います。
そう言えば、この一か月の日照時間は平年の5割程度とニュースで言ってました。
この先もしばらくは日照時間が短いとのこと。
夏休み初日に、夏休みが終わりました。


無限遠の被写体は、AFなんて使ったらだめですな。

1

手振れしてるのか、ピンボケなのか、NRやり過ぎなのか。
こういうシーン、神様的なものが降臨って感じで撮ってみたのですが。

神様降臨はどっちでもいいですが、どうせなら神レンズでも降ってきませんかねぇ。
「アナタガオトシタレンズハ、
フツウノレンズデスカ?
Artデスカ?
Lレンズデスカ?
アポソナー?
タムロンモドウデスカ?」
あれは池からでしたね。



カタログならいくらでも降臨したんですけどね。
隣のショッピングセンターの古紙回収に持って行けば、2ポイントもらえそうな量です(笑

Photo

カメラ屋(写真屋)なんて滅多に行かないのですが、行ってびっくりです。
開店前に客が何人も居るじゃないですか(自分もその一人)。
あっという間に駐車場が満杯に(ただし割と狭い)。
撮影の人、受け取りの人、プリントの人…
「へ~、結構盛ってるんだぁ~」
30分程で店を出たのですが、車が溢れてました。

普段は通販で済ませてしまいますが、陳列ケースとか実物をいろいろ見ちゃいました。
案の定「何かお探しですか?」と店員が寄ってきましたので、「こっちに来るなっ!」と一蹴してやしましたよ(笑
(カメラ屋に限らず、あれが嫌いなのでデパートとかに行かない)

ま、こんな感じで貴重な夏休みの半日が終わってしまいました。

| | コメント (4)

2017年8月 6日 (日)

でかい虹

ネタ不足の鬱憤を晴らしています。

視線を上げると、目の前に現れました。

1



Photo_2
広角で収まらないので、パノラマで。
昨夜の花火よりも近い、推定200m。

でも、来週のネタは無いのであった~~( ̄○ ̄;)!

| | コメント (2)

しょぼいけど花火写真  一応本番に向けて

夏の風物と言えば花火。
写真をやっている方の各ブログを見ても、各地の花火大会の写真を目にします。
各地、各大会らしい花火風景写真を楽しんでます。
星空風景は星景、花火は花景でいいのかなぁ??

実は我が大都会茅野市(?)でも、数年前まで存在していました。
今の家に入居したころですが、わずか1㎞先の目の前で上がる大迫力。
会場の市営陸上競技場のタータンを綺麗にしたのを機に、焦がすといけないからと中止です。
当時は写真の趣味はなかったので写真はありません。
今だったら超広角レンズで撮ってますね。
今だったらシグマArtレンズ使ってますね(嘘

諏訪湖の花火も望遠で狙えますが、ベランダだと地域的な特徴を出せられません。
それと、毎年”やるやる詐欺”で終わっているのですが(笑)、某高原の花火大会なんていいなぁと。


いつもの常用のレンズ。
キリッ!としないので夜間撮影には難あるのです。
この距離を狙えるのがこれしかないので、茅野どんぱんのフィナーレ花火(大会ではないのでとてもしょぼい)で練習しました。

あくまでも練習です。
凄いですよ…
Photo
何が凄いって、地上風景が上から下に日周運動を起こしてます!(笑
まるでポタ赤で追尾した時の星景写真のようになってます。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
この花火は1~2分で終わるので構図を決めたり焦ってやったら、どうもクランプ締め忘れたようです。

地元の〇〇ホテルや街の景観を壊しているY電器。
市営運動公園など一応は市街地の風景を入れているので、ご当地花火(?)

カメラのいじり方や撮影方法も忘れていたので、いいリハビリになりました。
本番…某高原の花火大会(まだ言うかぁっ~!)と諏訪湖花火…があるかどうかは分かりませんが。

| | コメント (2)

2017年8月 5日 (土)

帰省難民  この画角どうなの?

正月やお盆などに、実家の松本に帰省(といっても通勤圏内)してます。
今年の夏休みは幸いにして(?)、月も明るくてペルセ群には期待していません。
そんな休みの時は星を諦めて、帰省ついでにどこかの山にでも行ってみようと思いました。

松本の近場で日帰りなら、上高地か美ヶ原が手軽です。
美ヶ原は実家の裏山のようなところで、久しく行ってません。
最近の山ブームで夏季限定のバス便もあるので、そういうのを使いながら、のんびりと高原の放牧地をトレッキングでもと。

そんなことを考えたのは7月前半のことでした。
実家には宿泊はできないので、帰省の時はいつもホテル泊です。
ところが、いざ予約しようとすると、ほとんどのホテルは満室です。
そういえばこの正月の帰省の時も予約に難儀しました。
帰省でホテル泊は何年もしていますが、ここ2~3年ぐらいの間でやたらと予約が取れないことが続いています。

観光ブームや松本山雅効果で松本に訪れる人々が多くなっているのでは?と想像しています。
松本の取引先の人と話しても、はやり平日も出張ホテルが取りにくいとボヤいてました。

ま、宿を選ばなければ、あるいは泊まらなくても帰省はできるのですがね。
墓参りしたり、観光したり、呑んだくれたりするので、泊まるのが楽なんですよね。

隣町なのに帰省したくてもできない…
災害時の帰宅難民ならぬ、盆暮れ正月の帰省難民になってしまいました。



この土曜日は、ようやく夏らしい空が広がりました。
Photo
ちょっとアンダーにして。
夏のギラギラ感と積乱雲のおどろおどろしさ出してみました。
そういえば、今年は雷も花火も撮れてないです…


APS-Cサイズで、普段は11-20か135の画角で星の写真を、17-70で適当な風景写真なんか撮ってます。
APS-Cに50の画角って、星とか風景ってどうなんだろう?と思いましてね。

上の写真のついでに、いつもの八ヶ岳を撮ってみました。
2
雲だらけで何だか分かりませんが、こんな感じです。


ここに星を合わせると…
1
風景との距離感に左右されるのと、星にもちょっと狭いように思いますが、ちょっと面白そうと思いました。
星野としては星座の大きさや星雲の形にもよりますが、私はいい感じに思います。

「だからどうした!?」ですね。
本日、暑さにやられて意味不明…

~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

| | コメント (2)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »