« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

怒らないぐるぐる  私は生殺し状態中

なんで、このような記事でお茶を濁すのか?

目的の桜がまだ開花していない模様で、遠征待機状態なのです。
4月下旬(4/29のこと)ならもう咲いているだろうと、直前で最新情報が更新されたのを見て、あ然呆然ですcherryblossomcoldsweats02

おまけに、直前に降った豪雨の影響で晴れていても透明度が悪すぎる。
今年の私の桜星景は、生殺し状態が続きます。
こうしているうちに、機を逸することになりそうですねぇsad


さて、怒らないぐるぐるですtyphoon
撮影方法(設定)を変えてから、ベランダぐるぐるが楽しくなってしまいました。
週末曇りの平日晴れでも、最近は怒らなくなりました(笑

夜景のことを考えると、もう少し露光を短くしても良さそうです。
でも、そうすると枚数ばかり増えてしまいます。
そういうのは気合が入った時にでも撮ってみようと思いますshine

今回は代わり栄えせず自己満の世界なのですが、総露光を30分と短めです。
2
星空  f4.5  ISO400  18秒x100枚(約30分)  比較明合成
風景 4枚加算平均合成
星空と風景をグラデーションマスクを使って適当に合成


代わり栄えしないので、ちょっとでも工夫しようと思いましたbleah
北アルプスがシルエットで見えている薄暮時の写真をブレンドしてみました。
ただし北アは遠過ぎて、言わなければ気が付きませんけど(笑

諏訪盆地の光害の向こう側に、穂高のキレットを浮かび上がらせてみました。
これは見た目上あり得ないシーンなのですね。
夕方から夜へと向かう途中の、狭間的なシーンをイメージして撮ってみた(作ってみた)ということです。
合成感が残るのと、もう少し夕焼け感が欲しいところでした。

最近は電車の光跡がウザいように感じるようになったので、合成時にマスクして出ない(消す)ようにしています。
また、暗部の輝点ノイズが目立つので、スポット修正を施しています。
適当に遊んでいる1枚ですが、意外にその辺のレタッチの練習も心掛けるようにしているのですcoldsweats02

で、これで終わりではないです。
しつこいくらいに撮ってますpunch
30分で広角版を終わらせて、今度は望遠で撮ってみます。
望遠と言っても11が16になっただけですけど。
23
広角版も望遠版も、ぎょしゃ座辺りが沈んでいくシーンです。
こっちは、変な合成をしてないので写真としては素だと思います。
街灯りや春霞で眼では低空の星なんか見えませんが、写真では光跡が写ってます。
…やっぱおもしろい

写野左下の沈もうとしている3つの星は、オリオン座の三ツ星ですね。
長年(?)ベランダ撮影してますが、こんなのは初めてな感じで、ちょっと驚きでした。

| | コメント (4)

2017年4月29日 (土)

沈む月

各社天気予報(夜は曇り)に騙された感のある、プレミアムじゃないフライデーの夕方。
晩酌を終えて恨めしく空を見上げると、細い月を西山公園上空に発見です。

公園は桜の公園なので、この時季は御多分に漏れずライトアップをしているのです。

『こ、これは!』cherryblossom
『こ、これも?』cherryblossom

今でも桜は終盤気味で花を咲かせているので、これも桜星景か?(笑。
写真では緑にしか見えませんけどね…punch

1
ど~でもいいようなネタはあるんですが、星の写真が…

| | コメント (6)

2017年4月23日 (日)

第一次桜星景遠征断念  なので怒りのぐるぐる実験編

新月期の週末はよく曇るcloudsign03
数年に一回しかやってこない、4月後半の高原の桜と新月期。

絶好調の各社天気予報に、期待は見事に裏切られましたangry
まぁ、ライブカメラで監視して断念したという話で、”現地で曇った”というわけではないので、その点は許す。

が、この遠征に備えて、昼間にガソリン入れて、床屋行って、タイマーの電池交換して、土日の家事全部済ませて、昼寝して…。
そこに掛けた労力を考えるとやっぱ許さんannoy
床屋は星とは無関係ですがsweat01

第二次遠征となる来週も週間天気予報が怪しいです。
今年も桜には出会えないかなぁcrying


頭来たので、怒りのグルグルネタでストレス発散です。
前回に長時間露光に拘り過ぎたと書いたので、今度は露光短めで試してみた次第です。
ヒントは無いかと都市星景の本を読み返していたら、4秒F4ISO400というキーワードを見つけましたeye
これを指針にしましょう。

fとISOを固定して、夜景に対して適正露光はどれくらいかを試写をしながら設定を調整します。
今回は15秒~20秒あたりが良いと思いました(それでも街灯りは飽和)。

ところで、カメラのシャッター速度を18秒にしよう思ったら、そんな中途半端な値がセットできませんcoldsweats02
連写モードとシャッター押しっ放しでやろうとしましたが、断念してインターバルタイマーでセット。

そうして200枚(1時間分)をjpegLで撮影して比較明合成してみました。
Photo_2
f4.0  ISO400  18秒x200枚(約1時間分)  比較明合成

これは結構楽しいhappy01shine
f値を小さくしてISOを高くしたことで、星の量はいつもより多いように思いますscissors
前回と比べても2倍以上星が写り込んでます↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-6ec4.html
(設定上、当たり前なんですけど)

光害地でこんなに多くの星を写す方法があったとはnotes
露光を18秒と短くしたことでで、夜景もまぁまぁな写りのように思います。
やたら露光を増やしてもダメということがわかります(この手の写真の場合)。

jpegだからなのか(WBは蛍光灯)、空の色合いがいつもと違うように感じます。
一応、RGBの割合はいつも通りのつもりなんですけどね(青多め)。
私には青赤っぽく見ます。
星も変な色&白ばかりで貧弱ですし、夜景の高輝度部には紫フリンジも。
なにかコツがあるように思います。

フォトショップで200枚のレイヤーを読み込んだのは初めてでしたが、PCにパワーがあるようで処理時間は苦になりませんでした。
これならベランダでも、露光1~2秒のISO3200で流星群も狙えそう…
と、楽することばかり考えるのでしたぁhappy02
(3600枚/時は嫌ですけどね)

| | コメント (6)

2017年4月22日 (土)

脇腹小石  期待外れの初体験

持病の尿路結石の発作が起きましたwobbly
日曜日で近所のクリニックはどこも休み。
今までの同系の痛さの中では、メガトン級でしたsweat02
もう少し酷かったら救急車を呼んだかもしれません。

痛みに耐えた翌日、泌尿器科を初体験をしました。

こんな時、いつもはかかり付けの内科に行くのです。
で、その医者は決まって『専門外なので専門へ行った方が良い』と言うのです。
このことは、いつもの症状のいつもの会話なので、わたくし的には問題ないのです。
『またですかぁ~?annoy』『またですよぉ~!weep』的な。

今回は、内科医の提案に従がって初めて泌尿器科で診てもらったのですが…
これがイマイチ失敗気味でした。

問診で『数年前に尿路結石と他の病院で言われた』こと、それ以来『不定期に痛みが来る』ことを言ってみました。
そしたら、尿路結石で話が進んでしまいました(結果論としては尿路結石なんでしょうけど)。
その医院で初めての患者を診もしないで、患者の言う通りで診断してしまう始末。
くどいようですが、十中八九、結石なのですが、それは結果論なんですね。

触診とか打診とか聴診とか、そういうことはありませんでした。
この腹痛が、他の病気だったらどうする?ってことですdanger

いつもの内科医は、どんな感じでどこが痛いのか?、聞いたり触ったり圧したりして診てくれるんです。
その後にエコーする?レントゲンやる?と聞いてくれるのです。

初めて診る患者なのだから、せめて問診や触診はやってみるべきじゃないのかなぁ?と思った次第です。

そして処方されたのは、座薬の鎮痛剤(おお、座薬ぅ!!)good
受診時点では、使うほど痛くないので冷蔵庫で保管。
これでは健康保険料が無駄に使われた感も否めませんhospital

近隣に泌尿器科は2件あるので、今度罹ったら別の医院に行こうと心に誓ったのでした。
ま、医者もいろいろってことで。

話は石で長くなりましたが、一応星系のブログなので最近の成果としては。

最近思うのは、枚数が増えるのを嫌って低感度長時間に拘り過ぎているなぁと。
PCのスペックも上がって数もこなせられるので、夜景に露光を合わせた方が良いように思ってきました。
都市星景の本なんて読み返してみたりしてflair


こっちはいつものやり方(いじりすぎ)
Photo
EOS X4 トキナー11-16の11  f6.?  ISO200(星空部分)
星空3分x40枚(約2時間分比較明合成)+地上は露出設定適当な4枚を加算平均合成
星空と地上をグラデーションマスク使って比較暗合成


ベランダは楽で良いんですが、天の川の日周運動が写ってしまうような場所でぐるってみたいですねぇ。

実は、つづくfuji

| | コメント (6)

2017年4月15日 (土)

桜星景…の予行演習4 なぜか縄文(笑

ロケハンは数ヶ所回りたかったですが、時間も押してきたので予定変更sweat01
紅梅が見頃と地元ケーブルTVが放送していたので、井戸尻史跡へ行ってみました。

が、若干遅かったようで期待したほどではなかったです。
それでも茶色ばかりが目立つ早春の水田地帯。
咲くピンクの花を見るとほっこりしますhappy01

_1
今回は縄文がテーマでないので、そっちはスルー気味で。



_4
相変らず甲斐駒を狙います。



_3
ハス田には水も注がれていて、この里も春が来たことを感じましたcherryblossom



_2
さぁ、今年は妙にやる気になっている桜星景ですflair
問題はこのやる気が5月上旬まで持続できるかどうか…
4月は山登り星景もしてみたい気もあります。
しっかり晴れれば星野写真にも挑戦したい。

選択肢が意外と多くて、悩みどころ満載な季節でもあるのですcoldsweats01


ほとんど曇りですけどねhappy02dash

| | コメント (2)

2017年4月 9日 (日)

季節先撮りの?  つつじ

バカでかくてすみません。
縮小表示させると劣化するので、画像原寸大で。

ブログ村などを見ると、サムネイルがピンクで華やか。
なので桜よりも早く咲く、我が家のつつじでお茶を濁してみます。
昨年は二輪で散ってしまいましたが、今年は大量に咲き乱れです。

なんで4月上旬に咲くのだろう?(冬場は室内に入れるからかも)
実家から”むしって”きて、挿し木で育てて7年目なのです。
3

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

桜星景…の予行演習3 新月期は桜が写らないかもしれない

私の本命桜は、この町(高原地帯は除く)で最も遅い桜ですcherryblossom
ひっそり佇む感が好きで、以前から開花情報をウォッチしつつ、桜星景へ挑戦する機会を伺ったりしています。
実際に挑戦したこともありますcamera

以前の写真
_6
これはひどいcrying
満月や薄明という苦しさもありますが、画像処理が粗末で酷いwobbly
やり直そうにもrawファイルが無くて、データ管理もずさんで酷いdown

今年は新月期にあたると思いますmoon3
周囲に適当な光害がなく、頼みの外灯は桜に対して逆光気味で入ってきます。
運良く新月期で満開に当たっても、シルエット桜になってしまうかもしれません。


_1
ライト照射なしで桜の花の色を出すのは意外と難しいです。遠景だと特に。
一枚目のように水田に写る様子とセットで撮りたいなぁ。



_3
近所の人が一生懸命手入れをしているようで、桜の北側、八ヶ岳を望む方は広場になっています。
私有地だと思いますが、ごく一部は制限を設けていない感じです。
冬場で草は枯れてますが、秋に下草を刈り込んだ痕跡がありました。
ここからの八ヶ岳もなかなかなものです。



_2
またまた甲斐駒、と桜の枝sweat01



_4
直ぐ近くに数件の民家や田畑があります。
路駐や三脚の道路へのはみ出しなど、こういう場所ではありがちな低レベルカメラマンのようなことはしない方が良いです。
まぁ、撮影マナーについて民家の有無は関係ないですが、大切に撮影地は使いましょうということです。



catannoycat
_5
撮影を終えて駐車している公園への帰り道で、猫の喧嘩を激写。
春ですなぁhappy01


_0
以前に来た時は暗くて公園の中は見えなかったです。
公園の鉄棒と椅子が、でーこんとなっぱ(大根と白菜)だったという驚愕の事実bleah



これは近所の別の桜ですが、枝振りが好きなんです(2014年撮影)。
こっちも捨てがたい。
20141

いずれも、場所柄として写真家が大挙して押し掛けて良いような場所ではないと私は考えるので、固有名詞はこのブログでは伏せておきます。
あしからず。

| | コメント (4)

2017年4月 2日 (日)

桜星景…の予行演習2 八ヶ岳南端にて

私の桜ポイントcherryblossomの近所なんですが、その途中で蕎麦畑と八ヶ岳南端がイイ感じの場所へ寄り道です。

ここは以前にも紹介しています。
_6
蕎麦畑絨毯と北天ぐるぐる写真に想いを馳せつつ、サボってばかりで月日が経ってしまいました。
今年こそはと、秋への予習ということで寄った次第です。



_1
広々としていて、先ほどの公園よりも甲斐駒が望めます。
距離が離れた分、山は小さいように見えます。



_2
ぐるぐるの時の風景をイメージ。
真正面に八ヶ岳は来ませんが、まぁまぁな感じです。
八ヶ岳が真北に来る撮影地も物色済で、そのうちロケハンしてみようと思います。



_3
畦焼き直後で畦が黒いですが緑のシーズンは気持ち良い長閑な場所です。
今日は空が霞んで寂しい色合いばかりです。



甲斐駒の背景が白いのはそのせいなんですthink
_4
再び甲斐駒。
桜ポイントの地区が向こう側に見えているのですが、線路で分断されているので、ぐるっと大回りしなければなりません。
梅は3分咲きtulip
桜のシーズンまであとひと月。
春の訪れが遅い高原の田園地帯なのです。



みたび甲斐駒notes
_5
左下に見えている台形は北岳(?)

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

エイプリルフールかと思った

朝起きてびっくり。
ええ~、嘘でしょ~snowcrying

あまり珍しいことではありません。
4月中旬ごろまで激しく舞うことはよくあることです。
しかし、これだけ積もるとは…
今日はエイプリルフール。
起きたばかりで我が目を疑いますeye

100_3213
目測でベランダ10センチ。


100_3215
牡丹雪(ボタ雪)で一気にここまで。


4/1ですが、ホントの話なのでしたdanger

| | コメント (6)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »