« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

エンケ彗星とか天王星とか  ほぼ詐欺写真(笑

最近のブログ村が彗星ブームのように感じます。
ならばブームに乗り遅れないようにとflair

この前は本田ナントカ彗星を撮ったので、今回はエンケ彗星(2P)に挑戦です。
新月期の週末に、このようなことでお茶を濁している自分が情けない。
ちょっと他に興味が湧くことがあって、撮影(撮影行為)のモチベーション低下中です。
そろそろ天の川とか桜星景とか、まじめにやろうと思います。


時間帯や短焦点で彗星だけ狙ってもつまらないことは想定できます。
なので、少し工夫しましょう。


なんだこれは?
Img_0003
豪華、彗星、金星、火星、天王星の大コラボsign03
ただし、これじゃぁ全く分かりませんpunch
一応ステラナビのマッピングで写っていることは確認してあります。
(2/25 19:00頃撮影  X4  焦点48㎜  25秒  f7.1 ISO1600)



今度は焦点70㎜で輝く金星と彗星
_3fl
彗星は丸の中に写ってるはず。
(10枚加算平均、あぶり出し、トリミング)



やっぱり望遠レンズで狙うべきだったですeye
_32fl
こりゃダメですな。
二兎を追うもの何とやら…
下手な工夫は要りませんでしたぁhappy02



ダイヤモンド権現岳sun
Photo
つい先日までは、編笠山の稜線(この写野の右端)から昇ってきた太陽です。
いつの間にかこんな位置まで来てました。
春が近いってことですねぇtulip

| | コメント (4)

2017年2月25日 (土)

さらば あぶない…  分子雲

私としてはこれくらいのほうが好みだったりするんです。

雲って言っても、地球の水蒸気の塊りではないのだからcloud
いろんな化学反応や物理反応が起きていて、何か大変なことが日常茶飯事で起きているんでしょうねsecret
それは私のような凡人にしてみたら異常事態だろうから、そんな色合いの表現もあってもいいのかなぁ、と。
写真としては嗜好もあるので、それを押し付ける気もありませんけどね。

極悪極薄というわけではないですが、暇なので気軽に再処理なんて思ったらエライめに遭いましたwobbly
大人しくしようとすると地味になるし、好みにしようとすると危ない写真になるし。
こんな悪い天体とはおさらばしたいです。


以前に掲載した記事は参考までに↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/m-3a96.html



こっちは再処理版の、あぶない分子雲danger(前画像とあまり変化ないです)
4__5_1fl2
再処理していて、良いこともありました。
こちらはやり過ぎ感がありますが、星色や輝星の表現が気に入りません。
良く見ると星に(というか、光条に)黒い落ち込みがありますnewmoon
星選択マスクの例のヤツなんですが、背景と星の明暗差が激しくて出ちゃうんです(多分)。
そこで、無い頭で思考してみましたthink


考えるにあたって、頭をリセット。
上記の写真とはおさらばした方がいいと思いました。
そんなことを考えていたらこうなりました。
4_fl_5_6
80~90~00~10年代と各シリーズで時代の流れを感じさせますねぇ。
ちなみに今映画の倉庫シーンは、我が諏訪地方の某倉庫なのです。
やはり、ノーヘル、ノーシートベルト、ヘビースモーカー、犯人ボコボコ、神奈川県警弾丸使用数№1…の派手だった時代が私は好きですなぁ。

It's showtimelovely
公式HPはこちら↓
http://www.abu-deka.com/
(動画後にこんな感じのポスターが出てきます)



少し落ち着き気味な分子雲
4_fl_5_5fl
レンズ特徴である微光星のカリカリを抑えつつ、輝星はウニウニで。
別に反射鏡じゃないんですけどね。
星像は一枚目よりはマシになったですが、星雲は大人しいです。
やっぱり、あぶない分子雲のほうが好きかなぁ。

あぶ刑事の最終回詐欺の如く、まだまだ続く?



ところで。
昨日はプレミアムフライデーだったらしいですribbon
殆どの勤労者の苦労はそっちのけ。
街角コンサートを見て、脳天気なことを言っていたニッポンのリーダーの映像なんて見るとちょっとむかつきますannoy
働き方改革の一方で、景気推進(刺激)の目的もあるはずです。
ほんの極一部の人が休んだからといって景気的に何かいいことあるんでしょうかねぇ?

2時間分は有給か無給かも法的に明確ではないそうですし(情報古いかも)。
時給の人には痛いですよね。
日給月給の人でも無給だったら、これは愚の骨頂の景気対策だと思うのですが。
はい、やっかみ入ってますsweat01

次回は3/31なんですってsign01
私にとっては地獄の決算棚卸しが待っている。
正に、特別な金曜日です…wobblydown

| | コメント (2)

2017年2月19日 (日)

十六夜月とモルゲンロート  もどき

モルゲンロートshine

ってほどではないですが、満月期の月と山の感じが良かったので撮ってみました。
満月直後なので、十六夜月ってことで良いのでしょうか??moon1


Photo
こういうのは、北アルプスとのコラボが美しいです。
先日も、”撮るしん。”に常念岳に沈む月が掲載されていてカッコいいなぁと。

私のはそこら辺の山のモルゲンロート…
絵になりませんなぁhappy02



少し拡大
1
EOS X4  EF135F2L  f8.0  1/125秒  トリミング

鉄塔を貫通中。
こういうのも飛行機とか東京タワーのほうがカッコいいですよねぇairplane



色合いがおかしくて目がチカチカしますが、久しぶりのダサいパラパラアニメ。
1_2

| | コメント (4)

2017年2月18日 (土)

怒りのぐるぐる835弾 ぐるぐる&くらくら

次の新月期が分かりませんが、満月期(2/12)の快晴に怒っておきました。

1月はベランダ観望不能だった金星が、2月は見える位置にやってきました。
久しぶりにまじまじと見たら、なんだかものすごく輝いているように思えますshine
印象的には近隣の夜景(=光害)のよりも明るいんじゃないか、って思ってしまいました。


Output_comp
EOS X4  トキナー11-16の11  f6.3  ISO100  4分x16枚比較明合成  SirusComp  PSCC2014

北極星と金星の配置がキツキツですが、約1時間のぐるぐると成りました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私はサラリーマンなので、滅多に(というか、ほぼ)確定申告書類は書かないんです。
ここでちょっとあぶく銭が入り、一時所得の申告が必要になったんです。

怒りのぐるぐるはホントは怒ってないんですよ。
ですが、書いている(入力する)途中から怒り過ぎて頭がグルグルしてしまいましたよ。

国税庁サイトの説明の分かり難さにイライラcatfacedown
参考にしたネット記事のガセネタっぽい記事にムカっーbearingdashdash
そして納税金額の高さでドッカーンpoutannoyannoyannoybombpunch

下世話ですが、普段の年収の1ヶ月分が吹っ飛んで行きましたweep
書類作っていて、頭ぐるぐるどころか、頭がクラクラした次第ですdanger

ちなみに、1ヶ月分は300万円ぐらいで~す
…と言ってみたいですなぁnotes

| | コメント (2)

2017年2月12日 (日)

八ヶ岳  2つの表情比べ

ある晩のこと。
山の雲が良い感じと思ったので撮ってみました。

※画像クリックで拡大
_1
南中前の月光ですが、山の雪感が少し足りません。
明かりが上から照っているので、明暗コントラストが均一気味で、山肌のゴツゴツ感も出ません。


_2
街灯りと満月過ぎの月明かりで星など見えませんが、写真には写り込んでいるようです。
22時前ですが、何をしたくてこんなに眩しい電気を点けているのか良くわかりません。



この雲付きの風景は不満だったので、スッキリな山を狙って翌朝にリベンジ。
※画像クリックで拡大
_3
月が西に傾いてから、ほぼ順光での撮影です。


_4
HDR撮影(本人はそのつもり)なんです。
そしたら街明かりがド派手になってしまったためにその部分をカットして、彩度抑え気味にしたら山が地味になってしまいましたhappy02down

| | コメント (2)

カラフルタウン? じみぃ~でスミマセン

2/4の絶好調な夜なのに、何故かベランダに遠征する自分。

先撮り目指していろいろ撮ったシリーズ。
薄明迫る中でで、みんな大好きなカラフルなアンタレス付近です。

いえ、その近所のM4球状星団ですhappy01
と言ってしまえば納得かもしれませんけど…



ど~もスミマセンdown
4fl
画像処理の炙り出しで悲惨になることを想定してました。
なので今までの一枚撮りではなくて8枚加算平均です(2分x8枚)。
しかし炙り不能につき、ここは大人しくしていましょう。
代わりに球状星団は潰れなくて済みました。
くどいようですが、撮ったのは星雲群ではなくM4なのですsweat01

やはり星空は綺麗な空で撮るに限りますね。
地味すぎて、スミマセンです。
ナントカ彗星も写ってる、のかな??


5fl_2
手前のギザギザ屋根は、八ヶ岳の峰をイメージしていると聞いたことがあります。
その向こうには富士見高原、上空に水星となりますup

| | コメント (0)

2017年2月 9日 (木)

カリフォルニア再訪  国境に無くて画像処理にあるもの

某大統領のツイッター。
書いてあるそれを横流し報道するって、報道機関の姿勢としてどうなんですかね?
なぁんて思ったりします。


カリフォルニア星雲の何処がカリフォルニア?と思う方もいると思います。
再処理を楽しんで、ついでに地理の勉強してみましょう。
いつか潜入してみたい、エリア51ってここにあったんだぁsecret


前に載せたヤツ(惰性撮り)
3
星雲が明るすぎというか派手すぎというか。
分子雲の感じとか、微光星をもう少し何とかしてみたかったです。
星雲はもう少し”もやっ”とした質感にしてみたいです。
そこで、いろんな人の画像処理講座の記事を読んで、もう一回挑戦してみました。



こりゃ、雑ですなsleepy
1
む、難しい…coldsweats01
凄い写真を作ろうとは思わないけれど、乗り越えたい壁はあるようです。



何処がカリフォルニアかって?
多分、こんな感じなんでしょう?
2
ネバダ州エリア51から妨害電波が出てるので、その辺詳細は不明なのですdanger
星雲の真ん中辺の黒いのがLAだとすると、こんな感じですかね。
お隣のラスベガスは流石にキラキラしてますshine
地球人は壁を造りたがってますが、壮大な宇宙に国境の壁は無いのであったぁぁhappy01

| | コメント (6)

2017年2月 5日 (日)

オメガ星団を救出せよ2  オメーもワシもオメガかぁ!

2/3は出動する気満々。
そういう日に限って仕事が思うように進まず、絶好調な空に反比例して気持ちは絶不調。
そんな日は、ベランダに出撃だcoldsweats01

雪が少なくて挑戦したい風景になっていないのと、仕事のせいにして自身を納得させる。
決してコタツと熱燗のせいじゃありませんbottlesweat01

使用がご無沙汰している赤道儀のセッティングからオートガイド開始まので練習がてら、長めに撮ってみようと思います。


手始めに、これは何だ?
1_3


ドーナツ星雲(M57)でした。
2_2
EOS X4(SEO-SP4C+HEUIB-Ⅱ)   EF135F2L   f5.0   ISO200   5分x1枚
GPD2   M-GEN   PSCC2014    撮影日2017.2.4


こんな感じの設定でやってみようと思います。
本日のメニューは、先週のリベンジとしてオメガ星団撮りです。
1_2
前回の反省を活かして、1枚撮りなら高感度よりも低感度じっくり露光のほうが写りは良さそうです(個人の感想)。



ピンボケ気味ですが、上の画像をトリミング。
2_4
光害地、低空の気だるさをイメージしてみましたthinksweat02


ところでオメガ星団の視直径の大きさは周知のことです。
しかし、写真で大きさというのはなかなか伝わりませんね。
同じ距離の位置に比較対象を置くとか…??(それは無理ですけどね)


果たしてどれだけ大きいのか、その実力を計測してみましょう。






danger
3
ちっちゃっsign03
┐(´д`)┌ヤレヤレ



ムラ取り失敗だけどnew
4
ワシもオメガじゃぁ~~bleahok
左の黒いのは、八ヶ岳南端の編笠山山頂付近です。

| | コメント (8)

2017年2月 4日 (土)

SIのトラップで本田が危なかった  彗星&水星

ISとトランプでホンダがヤバイという、国際的な安全政治経済の話ではないですpunch
SI(ステライメージ)のトラップに引っ掛かりそうになって、本田・ムルコス・パイドルシャーコヴァー彗星(通称45P)を撮り損なうところだったというだけの話です。


トラップといっても、設定が悪いのかSIの風景画に微妙なずれが生じていて、それを信じるとギリギリ写真が失敗するカラクリがあるというだけなんですが。
→後から追記、ステライメージとステラナビが混同したです。これはステラナビでした(恥っsweat01

先ずは星図から。
Photo
これだと八ヶ岳の阿弥陀岳から昇ってくる、素敵な星景風写真が撮れるような感じです。
しかし実際の天体は風景に対して写野角10度ほどずれています。
なのでベランダでギリギリを撮る際は、注意が必要なのです。
そこは勝って知ったる我がベランダ。


45Pは天狗岳付近から昇ってきました。
上のイメージ画のような絵を期待したものの…
連写して待ち構えていますが、何も見えてきません。
あれ~~??

こねくり回して、どうにかこうなりました。
1fl
EOS X4(SEO-SP4C+HEUIB-Ⅱ)   EF135F2L  f5.0  ISO400   2分x3枚加算平均合成
GPD2  M-GEN  PSCC2014   フラットエイド(従来版)   2017.2.4撮影   トリミング


こういう写真を撮っているってことは、季節先撮りで遊んでいるわけです。
前回はオメガ星団(先撮りじゃないですが)が不評でしたbearing
今回はオメガを拝めたのでしょうか?
先撮り系天体写真は腐るのも早いので、スピードアップで報告しようと思います。



さて、先週の水星写真の続き。
このように先撮りを一週間寝かせると、陳腐化して面白味もありませんね(撮影は1/28)。
1
富士見高原上空に水星現る。



2
彗星やら水星で、頭がこんがらがってしまいますcrying

| | コメント (2)

オメガ星団(多分)を救出せよ1  ついでに水星

新月期週末はよく曇る。
1/28の早朝は、晴れを期待して裏山あたりで季節先撮りを楽しもうと思ってましたが、低空の上層(意味通じます?)に薄い雲が広がっていました。
春の空のような空ですcherryblossom

こりゃダメだと、遠征先を変更です。
一番撮りたかった南天は壊滅状態。



壊滅状態の南天でオメガ星団(多分)を救出してみた
5
光害、低空雲、一枚撮り、高感度、短時間露光の結果なんですね(そりゃ、壊滅だ)。
一応、青○印の中に、超光芒なオメガ星団が居るのです。
私には分かるのですが、この記事レベルでわかるかなぁ。
でかい星団だけあって、鉄塔と同じくらいの直径に見えます。
写野の下は大そうな光害なんで、実はその光芒は星団ではなくてゴーストだったりして…sweat01
1があるってことは2もありそうですが、そのうちに。



オメガ星団に気を取られていると、あっという間に大阪おばちゃんが昇ってきます。
さっさと終了して、シン・大阪のおばちゃんを撮ったのでした(前回記事)。
別カメラで、水星を撮ってみようと思いました。

3
南東から南側はこんな空模様(撮影開始時)。
これじゃぁ、オメガ星団なんて無理ってものですcloudcloud
この雲の中にもさそり座の上半身が昇ってきていますscorpius



4
一方で東から北はまぁまぁですsun
こと座は高く、ケフェウス座やはくちょう座が昇っているシーンです。
カメラは山から顔を出してきたおばちゃんを激写中。
モザイクが怪しいですが、やばい物ではないです。
ちなみに、物干し竿が写ってます。
当然、その下には私のパンツが干してありますwobbly
そちらはやばいので写野からカットhairsalon



1
水星は薄明が始まってからです。
明るい空(今回は一番最後のコマ)を比較明合成に入れると、それまでの暗い空で撮った暗い星が全てかき消されてしまいます。
どうにか明るさ調整しながら、アンタレス、土星に続き水星を撮ってるんですけど、やはり低空過ぎてよく分かりませんね。
水星は富士見高原の真上に昇っていました。



2
もう少し長い焦点で追尾したのもあるので、ギリギリ水星は後日のネタにでもしようと思いますeye

| | コメント (4)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »