2017年8月19日 (土)

コンデジで花火  リベンジ…成らず

8/15の諏訪湖湖上花火大会は天候不順でダメでした。
何よりもコンデジ操作が不慣れだったこともあり、ハッキリって不本意。

最大のネックは、勝手に始まるダーク減算(長秒ノイズリダクション)。
Tvモードで15秒以下はしないというネットの噂を信じて試写をしてみます。
確かに10秒程度ならダーク減算しない様子。
「これは良いぞ」と、秒数を変えたりしながら試写を繰り返していると…

ダーク減算をしたりしなかったり。
ネット記事もガセだったわけです。

”したりしなかったり”の境目は、秒数だけではなさそうです。
Tv以外のモードでやってみましたが、結果は同じでしたりしなかったり。
一方で、普通に明りを点けた部屋の中で20~30秒のバルブ撮影してみてもなりません。

もしかして、明るさが関連するんじゃないかと思いました。
そうじゃないと、日中に撮った時もダーク減算をしたりしなかったりするはず。
なんでオフ機能がついてないんだろう?


推察するに露光時間に関係無く、
暗い画像→暗部がノイジー→ノイズリダクション開始
明るい画像→ノイズ目立たない→ノイズリダクション無し
明暗の境目はカメラのみぞ知る。


レリーズ(リモコン等)はないので、手ブレ予防でセルフタイマーを1秒だけ使います。
勝手なダーク減算&セルフタイマーのお蔭で、タイミングが全く掴めません。
シャッターチャンスを多数逃しました。
1
カメラモニターで見る限り、写りはまぁまぁと思いました。
PC画面で見たら、所詮はコンデジって感じでした。


2
画質の粗さは、デジタルズームを使ったからかもしれませんね。
照明周囲のモヤモヤしたのが嫌い。

結論
我が家からの花火撮影はイチガン&望遠レンズで撮るべし。

| | コメント (2)

2017年8月16日 (水)

諏訪湖祭湖上花火大会2017  撮影中止(泣

夏休みの天候不順で、星空とは全く無縁でしたので、その鬱憤を晴らそうと思います。
今年は新調したコンデジを試します。
シャッター押すだけでシーンに応じた綺麗な写真が撮れるのかな?と。
「イチガンの難しさとはおさらばっ!」と安易に考えていました。

この日に向けて夜景程度は試していますが、練習不足でもあります。
花火モードや夜景モード、星空モードなどで撮っても、出てくる画像は不満たっぷり。
いろいろ考えて結局はMモードとして、イチガンで鍛えた(?)露出設定を使用します。
それならイチガン使っても同じですね。


これは昨年の撮影風景&自撮り(お化け)
20161

モニターは撮り終えた写真を表示してあります。
光学ファインダー内には、向こうの花火が映っています。
この時の空は曇りっぽいですが、雨が無ければベランダでもそこそこ楽しめます。
風もあったのか、花火鑑賞としてはクリアな空。

今、見返すとコントラストが付き過ぎている感もありますが、昨年の様子はこちら↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-a639.html



さぁ、湖上花火大会2017の開始です!
20171

ダメだこりゃ(泣
まるで、分子雲。

雨も降っていてガスってます。
低空の雲が常に漂っていて、開始から終了までほぼこんな感じでした。
地元ケーブルTVの中継も似たか寄ったか。

撮影は大誤算。
シャッター速度に関係なく、常に勝手にダーク減算(長秒NR)が入る始末です。
「おいおい、取説にはそんなこと書いてないぞ」

一応、覚え書き
Mモード、バルブ、ISO125、ss15秒前後、F8ぐらい、勝手に常時ダーク減算


おかしいなぁ…
確かネット上には”15秒超えると勝手にダーク減算する”と書いてあったのですが。
撮影したほとんどは10秒以内の露光で、10秒撮っては10秒停止。
これじゃぁ、いいタイミングでシャッターか切れません。
記事を読み返したら、それはTvモードの場合ということでした。
さっき試したら、確かにTvだったら15秒以内なら処理が入りませんでした。

デジタルズームを使っているからか、遠景の描写も思ったほどシャキっと感がないですね。
高圧電線より下のエリアまでなら、まぁまぁと思いました。

不慣れだったせいもありますが、この距離感の花火撮影は『望遠レンズ&イチガンの方が断然楽』と思いました。
逆に、もっと接近するとコンデジの威力は発揮できると思いました。
激混み花火大会に接近する気はありませんけど。

今回はコンデジの夜間撮影の練習でしたが、こんな天候じゃ撮る気になりません。
オープニングの数枚の試写で撮影中止にした次第です。

| | コメント (4)

2017年8月13日 (日)

猫&スーパーカップしるこ  コンデジ生活初日

コンデジ生活初日(笑

ポータブル性を活かして、散歩(別名、ウォーキング)に持ち出してみました。
特ダネは撮れるでしょうか?

早速、ねこ発見!

岩合さんに倣って「いい子だにゃぁ~」などと言いながら接近。
慣れないカメラの操作をしているうちに…


Photo_4
逃げられましたぁ~(泣
おかしいなぁ。
岩合さんの場合、向こうから寄ってくるのに。
人望がないことを見抜かれたか!!

操作に手間取って、咄嗟にシャッターを切れません。
恐るべし、遅写性能のコンデジ(笑


ならばマクロで。
スーパーカップにおしるこを入れる、エグいデザートを考案しました。
3



31
意外とかなり美味い(個人の主観)。
クリームと餡子は愛称は良いので当たり前ですけどね。
にしても、公開するには汚い絵(笑


接写1㎝と書いてあったような気がしたので期待してました。
それは別の機種だったようです。
G9Xでは5㎝とのこと。

イチガンと違って、ちょっと撮ってみようと思ったときに撮れるのは良いですね。
慣れればの話ですが。



1_2
ご飯とみそ汁とおかずでも出すのでしょうか?

水筒とコラボしたからって、黒い物は弁当箱(保温ランチジャー)ではありません。
じゃぁ、なんだ?


12
波動エンジンでもありませぬ。
「フライホイール、接続点火」

末恐ろしい…

| | コメント (8)

«コンデジが難しい  イチガンの方が楽じゃん(泣