2017年4月23日 (日)

第一次桜星景遠征断念  なので怒りのぐるぐる実験編

新月期の週末はよく曇るcloudsign03
数年に一回しかやってこない、4月後半の高原の桜と新月期。

絶好調の各社天気予報に、期待は見事に裏切られましたangry
まぁ、ライブカメラで監視して断念したという話で、”現地で曇った”というわけではないので、その点は許す。

が、この遠征に備えて、昼間にガソリン入れて、床屋行って、タイマーの電池交換して、土日の家事全部済ませて、昼寝して…。
そこに掛けた労力を考えるとやっぱ許さんannoy
床屋は星とは無関係ですがsweat01

第二次遠征となる来週も週間天気予報が怪しいです。
今年も桜には出会えないかなぁcrying


頭来たので、怒りのグルグルネタでストレス発散です。
前回に長時間露光に拘り過ぎたと書いたので、今度は露光短めで試してみた次第です。
ヒントは無いかと都市星景の本を読み返していたら、4秒F4ISO400というキーワードを見つけましたeye
これを指針にしましょう。

fとISOを固定して、夜景に対して適正露光はどれくらいかを試写をしながら設定を調整します。
今回は15秒~20秒あたりが良いと思いました(それでも街灯りは飽和)。

ところで、カメラのシャッター速度を18秒にしよう思ったら、そんな中途半端な値がセットできませんcoldsweats02
連写モードとシャッター押しっ放しでやろうとしましたが、断念してインターバルタイマーでセット。

そうして200枚(1時間分)をjpegLで撮影して比較明合成してみました。
Photo_2
f4.0  ISO400  18秒x200枚(約1時間分)  比較明合成

これは結構楽しいhappy01shine
f値を小さくしてISOを高くしたことで、星の量はいつもより多いように思いますscissors
前回と比べても2倍以上星が写り込んでます↓
http://hoshizorasagashi.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-6ec4.html
(設定上、当たり前なんですけど)

光害地でこんなに多くの星を写す方法があったとはnotes
露光を18秒と短くしたことでで、夜景もまぁまぁな写りのように思います。
やたら露光を増やしてもダメということがわかります(この手の写真の場合)。

jpegだからなのか(WBは蛍光灯)、空の色合いがいつもと違うように感じます。
一応、RGBの割合はいつも通りのつもりなんですけどね(青多め)。
私には青赤っぽく見ます。
星も変な色&白ばかりで貧弱ですし、夜景の高輝度部には紫フリンジも。
なにかコツがあるように思います。

フォトショップで200枚のレイヤーを読み込んだのは初めてでしたが、PCにパワーがあるようで処理時間は苦になりませんでした。
これならベランダでも、露光1~2秒のISO3200で流星群も狙えそう…
と、楽することばかり考えるのでしたぁhappy02
(3600枚/時は嫌ですけどね)

| | コメント (6)

2017年4月22日 (土)

脇腹小石  期待外れの初体験

持病の尿路結石の発作が起きましたwobbly
日曜日で近所のクリニックはどこも休み。
今までの同系の痛さの中では、メガトン級でしたsweat02
もう少し酷かったら救急車を呼んだかもしれません。

痛みに耐えた翌日、泌尿器科を初体験をしました。

こんな時、いつもはかかり付けの内科に行くのです。
で、その医者は決まって『専門外なので専門へ行った方が良い』と言うのです。
このことは、いつもの症状のいつもの会話なので、わたくし的には問題ないのです。
『またですかぁ~?annoy』『またですよぉ~!weep』的な。

今回は、内科医の提案に従がって初めて泌尿器科で診てもらったのですが…
これがイマイチ失敗気味でした。

問診で『数年前に尿路結石と他の病院で言われた』こと、それ以来『不定期に痛みが来る』ことを言ってみました。
そしたら、尿路結石で話が進んでしまいました(結果論としては尿路結石なんでしょうけど)。
その医院で初めての患者を診もしないで、患者の言う通りで診断してしまう始末。
くどいようですが、十中八九、結石なのですが、それは結果論なんですね。

触診とか打診とか聴診とか、そういうことはありませんでした。
この腹痛が、他の病気だったらどうする?ってことですdanger

いつもの内科医は、どんな感じでどこが痛いのか?、聞いたり触ったり圧したりして診てくれるんです。
その後にエコーする?レントゲンやる?と聞いてくれるのです。

初めて診る患者なのだから、せめて問診や触診はやってみるべきじゃないのかなぁ?と思った次第です。

そして処方されたのは、座薬の鎮痛剤(おお、座薬ぅ!!)good
受診時点では、使うほど痛くないので冷蔵庫で保管。
これでは健康保険料が無駄に使われた感も否めませんhospital

近隣に泌尿器科は2件あるので、今度罹ったら別の医院に行こうと心に誓ったのでした。
ま、医者もいろいろってことで。

話は石で長くなりましたが、一応星系のブログなので最近の成果としては。

最近思うのは、枚数が増えるのを嫌って低感度長時間に拘り過ぎているなぁと。
PCのスペックも上がって数もこなせられるので、夜景に露光を合わせた方が良いように思ってきました。
都市星景の本なんて読み返してみたりしてflair


こっちはいつものやり方(いじりすぎ)
Photo
EOS X4 トキナー11-16の11  f6.?  ISO200(星空部分)
星空3分x40枚(約2時間分比較明合成)+地上は露出設定適当な4枚を加算平均合成
星空と地上をグラデーションマスク使って比較暗合成


ベランダは楽で良いんですが、天の川の日周運動が写ってしまうような場所でぐるってみたいですねぇ。

実は、つづくfuji

| | コメント (6)

2017年4月15日 (土)

桜星景…の予行演習4 なぜか縄文(笑

ロケハンは数ヶ所回りたかったですが、時間も押してきたので予定変更sweat01
紅梅が見頃と地元ケーブルTVが放送していたので、井戸尻史跡へ行ってみました。

が、若干遅かったようで期待したほどではなかったです。
それでも茶色ばかりが目立つ早春の水田地帯。
咲くピンクの花を見るとほっこりしますhappy01

_1
今回は縄文がテーマでないので、そっちはスルー気味で。



_4
相変らず甲斐駒を狙います。



_3
ハス田には水も注がれていて、この里も春が来たことを感じましたcherryblossom



_2
さぁ、今年は妙にやる気になっている桜星景ですflair
問題はこのやる気が5月上旬まで持続できるかどうか…
4月は山登り星景もしてみたい気もあります。
しっかり晴れれば星野写真にも挑戦したい。

選択肢が意外と多くて、悩みどころ満載な季節でもあるのですcoldsweats01


ほとんど曇りですけどねhappy02dash

| | コメント (2)

«季節先撮りの?  つつじ